デリヘル嬢は指名獲得の為にLINE交換したりしますか?

風俗で稼ぐためには指名が入らないといけません。
なので稼ぐ風俗嬢ほど本指名を獲得するためにいろんなことをしています。
特にデリヘルでは遊ぶときの選択肢が多いので、リピーターを獲得するためにはプレイ以外の努力が必要です。
LINE交換などもその一つでしょう「プライベートまで仕事のことを考えたくない」と嫌がる嬢も多いですが有効な手段です。
そのメリット、デメリットについて解説していきます。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

稼ぎたかったらLINE交換は有効手段!

携帯デリヘル業界は現在、供給過剰の状況です。
誰でも店を持つことができるので、お客さんに比べて店の数が多いといえるでしょう。
そんな世界で稼ぐためには、こちらからアクションをしないといけません。
何もしないで受け身のままだと、太客を掴むことはできないのです。
どんなに良いサービスをしても、男性は「もっといい嬢いるかもしれないな?」と出会いを求めて別の店や女の子に流れてしまいます。
それは男の心理なのです、体の快楽だけでは「もっともっと」と一か所にとどまることはありません。

ではどうすればいいのでしょうか?
肉体的な気持ちよさだけでは、男性をつなぎとめることは難しいです。
なので狙うのは「心」なんです。
それはいいかえれば「色恋営業」と言えます、ある一部のお客さんにはとても効果的です。
男性が風俗嬢に惚れてしまうことはよくあることで、とくに女性に縁のない生活をしている人にはLINE交換だけでも嬉しいんです。
たとえお客さんにその気がなかったり色恋営業を見破られても、なついてくれる女性を嫌いになったりはしません。
「こいつ俺のことが好きなんだな」と勘違いさせられたらこちらのモノです。
他にどんなにかわいくてスタイルのいいデリヘル嬢がいたとしても、離れていってしまうことはないでしょう。

惚れさせてしまえば週1~2で指名をしてくれる太客にだって変わる可能性があります。
そのためにやるべきことはお客さんのハートをつかむことなんです。
呼んでくれた時だけ出会うのでは、そんなことはできません。
だからLINE交換はとても重要です。
普段からちょっとしたことでも発言し、こちらのことを常に意識させましょう。
美味しかったごはんや、面白かったテレビなどでもいいんです。
そのどれかがお客さんとの交流のネタになります、「気が合うかも」と思ってくれれば大成功です。
それは相手の心を開き、恋愛させる最初の一歩になります。
プライベートまで仕事をしたくない」というのはわかります、でもこのような営業をしないと太客を作るのは難しいんです。
出勤しても指名が入らず、仕事はフリー客ばかりになってしまうでしょう。
つまり常に知らない男性を相手にすることになります、それはかなりのストレスなんです。

そんなストレスは自分の精神を消耗させていくでしょう、でも常連客ならそんな心配はなくなります。
仕事の前に身構えることもなくなり、楽に稼げるようになるでしょう。
プライベートを仕事に費やすのは確かに嫌なものかもしれませんが、仕事のストレスを減らすためにもこのような雑用は必要と言えます。
それにLINEがいやだったらカカオトークのIDでも構いません。
「このほうが身内用で話せるから」とお客さんに押し付けてもいいんです、とにかくなんらかの接点を持つことが大切なんです。
カカオを仕事専用にしてしまえば、プライベートときっちり分けることができるでしょう。
理想なのは仕事用のスマホをもう一台もつことです、わずか月数千円の出費で常連客をゲットできるなら安い投資といえます。

それよりも大事なのは指名獲得であり、デリヘル嬢にとって最優先事項といえるでしょう。
まずは指名を獲得することです、そしてそれから起こることについて考えて置いてほしいのです。

やりすぎ注意?迷惑客の店外デートをうまく断るには

注意 マーク本指名をさせたり、常連になってもらうには男性の心をつかむことが有効です。
ですがやりすぎると店外デートなどの要求をされることになります。
男性にとっては「自分に気のある女」を誘っているわけですから、自然な行為といえます。
嬢にとっては「営業メールを本気にするな」と思うでしょう、ですがもちろんそんな事は言えません。
では、店外デートの約束をするべきでしょうか?
キャバクラだったらそれも仕事のうちでしょうが、デリヘルでそんなことをいちいちしていたら体がいくつあっても足りないでしょう。
ですからそれらの要求は断るべきです、過激化すると犯罪にも巻き込まれる恐れがあります。
例えばストーカー化するなどです、そうなったらブロックするしかありません。

されたほうは傷つきますが、距離感を守れない人と付き合うことはないのです。
でも多くの場合は、そこまで深刻ではないでしょう。
キモイしうざいけど、お金を使ってくれるただの男性というのがほとんどです。
切るにはもったいない金ヅルといえます。
なのでこんな場合には第三者話法が使えます。
すなわち「誰かのせいにする」のです。
「私としてはデートしたいけど、店で禁止されてるからゴメンね」や
「外で会うのは禁止されてるんだ、ホントは連絡先交換禁止なんだけど・・・」と店のルールのせいにしてしまいましょう。

コツは「私たち以外の誰かがいるから・・・」と意識させることです。
デリヘルの場合は店のルールで断るのが最も確実です、適当にはぐらかすと逃げられなくなることがあるからです。
例えば、「その日は友達と・・」とウソをつくと別の日にまたデートの要求が来ることになってしまいます。

いつどうやってLINE交換をするの?

LINE交換やSNSなどでアドレスを交換するタイミングって難しいですよね?
仕事ではなく、プライベートでもいつ持ち出せばいいのかタイミングを測りかねる時があります。
ましてや仕事でお客さんとするのですから、恐ろしくてついつい聞けないなんてこともあるとおもいます。
でもそれではダメなんです、気の合いそうなお客さんとだけ交換していたのではいつまでたっても指名は増えません。
だから自分の仕事の一つと割り切って、必ず全員に聞きましょう。

タイミングはプレイ終了後が一番です、その瞬間以外に交換することは不可能といっていいでしょう。
自分から切り出すのは恐ろしいかもしれませんが、考えようによっては交換しないほうが失礼と言えます。
なぜなら現在LINEなどを無料通話アプリやSNSをやることは特別なことでもなんでもありません。
普通にやっていて当然のことです。
ここまで普及すると、交換することは「あなたのことは嫌いじゃないですよ」というメッセージになります。
深い意味はありません、マナーとしてIDを聞くことが当然になりつつあります。
切り出すのは目下の人間からがいいでしょう、ここではもちろん店側である嬢が目下にあたります。

客である男性から切り出すと「パワハラ」とも取れてしまうので、お金をいただく嬢から聞くのが自然なのです。
それで断られてしまってもショックを受けることはありません。
仕事や家族の関係上、絶対に風俗で遊んだことをバレたくない人もいるからです。
もしくはデリヘルは常に指名をしないタイプの男性なのかもしれません。
いずれにせよこちらのプラスにならないので、断られても全然OKなのです。
「そう、じゃあ写メ日記にお礼書くから見てね」とこちらの接点だけ残して終わりましょう。
いちいちLINE交換で断られてめげるくらいなら、その時間で他のお客さんにメッセージを送ったほうがお金になるからです。

まとめ

お金デリヘルで稼ぐためにはLINE交換はとても使える武器だと言えます。
ちょっとした都市ならデリヘル嬢はスゴイ数います。
その中から自分を選んでもらうためにやるべきことはやっておきましょう。
ただ、プライベートや個人情報を守るために普段使うアカウントは絶対に教えてはいけません。
理想は仕事用のスマホを持つことです。
その1台で何人もお客さんを掴むことができるかもしれません、決して無駄な費用にならないでしょう。
出勤しても待機するくらいなら、とっても得な買い物と言えます。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました