客を装ったスカウトに引き抜きされそうになったらどうするべき?

風俗店に来るお客さんは性欲を満たすために来る男性だけとは限りません。
実は風俗店に来るお客さんの中には、引き抜きをしようとしているスカウトマンもいます。
この記事では客を装ってくるスカウトマンに引き抜きを打診された時にどうすれば良いかということについてご説明します。

スカウトが客のフリをして来店することがある

スーツ 男性風俗店で働いていると客のふりをしたスカウトマンが来店することがあります。
当然普通のお客さんと同じように指名をしてから、お店の部屋やホテルなどであることになります。
ある程度会話をしたりプレイが終わってからなど、「実は俺もっと稼げるお店知ってるよ」などと引き抜きをしようとして来るのでそのタイミングでスカウトマンであることがわかります。

もちろんスカウトマンであってもお金を払って来店している以上はサービスをしなくてはいけません。
しかしスカウトマンの目的はサービスを受けることではなく、あなたを違うお店に引き抜きすることです。
当然ですが風俗嬢の引き抜きは風俗業界では禁止されています。
しかし現実的にはこういったスカウトマンの引き抜きによって他店に移籍する風俗嬢はいくらでもいます。

もしスカウトマンの話に興味があるのであれば話しを聞いてみるのも良いでしょう。
逆にスカウトマンの話に一切興味がなく、今のお店に満足しているのであればその客さんがスカウトマンであったことをお店に報告するのがよいでしょう。
スカウトマンのことをお店に報告すれば、そのお客さんは出禁になります。
またそのような人をしっかりと報告してくれたということでお店から風俗嬢に対する印象も良くなります。
だからスカウトマンの話に全く興味がないのであればお店に報告するのがよいのです。

なんでスカウトは客のフリをしてお店に来るの?

スカウトマンはなぜわざわざお客さんのふりをしてお店に来るのでしょうか。
それは風俗嬢を見つける時に最も簡単な手段だからです。

普通スカウトマンは街角などを歩いている女性を風俗にスカウトしますが、当然多くの女性は風俗業に抵抗があるためなかなか働いてもらうことができません。
しかしすでに風俗店で勤務している女性であれば、風俗業界自体に抵抗があるわけではないので良い条件を提示できればヘッドハンティングできる可能性が非常に高いのです。

しかもすでに風俗店である程度サービスを行っている風俗嬢であれば、その風俗嬢が人気かどうかも判断できます。
風俗業界は働いてみなければどんな女性であっても人気になるかどうかわからない世界です。
しかしすでに風俗店で人気嬢になっている女性であれば、他のお店に移籍したとしても人気になる可能性が非常に高いのです。
そういう意味でも風俗店に行って引き抜きを行う行為はスカウトマンにとって非常に効率が良いと言えます。

スカウトの話にのる時の注意点

チェックリストスカウトマンは実際にお客さんとして潜入してからその風俗嬢の見た目やサービスを見て、この子であれば是非引き抜きたいと言う女性を勧誘してます。
スカウトマンが引き抜きをしてくる場合、「今のお店よりも良い条件で働ける」ということを口説き文句にします。
人気嬢になれる素質があるのであればある程度高い金額を出したとしてもお店にとっては特になるのです。

しかし、スカウトマンというのは100%信頼できる存在ではありません。
スカウトマンが入っていることが全て真実とは限らないということは知っておきましょう。
スカウトマンはお店に女性を紹介するとその女性が稼いだ金額の10%程度がバックとしても給料になるという事も知っておきましょう。
だからスカウトマンにとって重要なことは、その風俗嬢が幸せになったり良い環境で働くことではなく、自分がいかに稼ぐかということなのです。
そのためにはどんな嘘でもつきます。

移籍してみたものの聞いていた話と違っていて困るという事態はよくあります。
ところがその時点でもともといたお店を辞めていてしまうと、戻る場所もないため仕方なくスカウトされたお店で働き続けることになってしまうのです。

そのような悪質なスカウトマンに引っかかってしまうととても不幸なことになるので気をつけましょう。
少なくともその日会ってすぐに移籍を決めるような軽率な判断は避けるのが無難でしょう。
また少しでも怪しいと感じたりした場合には、スカウトマンの引き抜きに応じるのは避けましょう。
スカウトマンに頼らなくても、いくらでも自分の力でお店を見つけることはできます。

移籍するかどうか迷ったらこの6つで判断しよう

今より良い給料を提示されるとついスカウトマンの言葉に心が揺らいでしまうと言う女性は多いと思います。
そこでもし今のお店から移籍しようと悩んでいる場合には以下の6つの要素から考えてみるのがよいでしょう。

業種

スカウトマンが引き抜きしてくるお店は今とは違うお仕事の場合もあります。
今はデリヘル働いていても、スカウトマンからの勧誘であればAVやソープの場合もあります。
同じ風俗店と言ってもサービス内容は違いますので、例えばどうしても挿入が嫌なのであればそもそもソープで働くのは避けるべきです。
スカウトマンは業種をぼかして話してくる場合もありますので、しっかりと何のお店なのかを確認するのがよいでしょう。

集客

風俗店で稼げるかどうかの大きな基準は集客力があるかどうかです。
例えばお客さん一人当たりのバックの単価が高くなったとしても集客できないようなお店ではがっつり稼ぐことはできません。
今のお店が集客力がなくお茶を引いていることが多いようなお店であれば移籍も検討して良いと思いますが、しっかりとお客さんがついてくれているお店であれば移籍によって結局お給料が下がってしまうこともあります。

同僚女性との関係

風俗嬢が仕事をする上でストレスのもとになりがちなのが、他の在籍女性との関係です。
残念ながら風俗店は女性が多い職場なため、どうしても女性同士のいさかいや争いごとが多くなります。
中にはいじめをするような女性もいます。
例えばお給料など他の要素が全て良いお店に引き抜きをされたとしても、同僚女性との関係がうまくいかなければそのお店で働くのは非常にストレスを伴うことになります。
こればかりは実際に在籍してみなければ関係がうまくいくのかどうかはわかりませんが、少なくとも今在籍しているお店で同僚女性との間にトラブルやストレスがあるのかということはわかると思います。
もしストレスがなく快適な人間関係を築けているのであれば、そういった職場はなかなか手に入れられるものではないと言うことは理解しておいてください。

スタッフとの関係

風俗店で働く上ではスタッフとの関係も非常に重要です。
特にフリー客をつけてもらえるかどうかという部分でスタッフからの心象が大きく関わってきます。
今のお店で良好な関係を築けていて、しっかりとフリー客をつけてもらったりケアをしてもらって働けているのであれば良いお店と言えます。
逆にスタッフとの関係が悪かったり、そもそもスタッフの性格が悪く風俗嬢を贔屓するような人であれば、フリー客を回してもらえなかったり待機室で嫌がらせを受けるなどの被害に遭う可能性もあります。

客層

風俗店に来る客層はお店がある地域によって異なります。
オフィスビルが立ち並ぶ都市の周辺であればサラリーマンが多いですし、開発中の土地などであればガテン系のお客さんがよく来ます。
古い住宅街などであれば、お仕事を引退しているようなおじさんが多い土地もあります。
引き抜き先のお店の所在地の特色を考えて、自分に合った客層かどうかを考えてみましょう。

お給料

お金スカウトマンが引き抜きをしてくる場合には今のお店よりも良いお給料を提示してくることがほとんどです。
しかし、例えばお客さん一人当たりの単価が高かったとしてもお客さんの数が少なければ意味がありませんし、指名料などのバッグが今の店よりも低い可能性もあります。
基本的にお店の移籍というのは大きなストレスを伴うものなので、ちょっとお給料が高いかもぐらいで移籍することはお勧めできません。
今のお店よりも圧倒的に高い給料が出るということが確信できるのであれば移籍を検討するのがよいでしょう。

まとめ

客を装ってくるスカウトマンに引き抜きを打診された時にどうすれば良いかということについてご説明しました。
スカウトマンが引き抜きをしてくる場合、今のお店よりも良いお給料を提示してくることが多いので心が揺らぐ女性は多いと思います。
しかしお店の移籍と言うのは大きなリスクを伴いストレスになる可能性も高いので、この記事で紹介したような点に注意して慎重に判断するようにしてください。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました