ランパブとセクキャバの違いとは?稼げるのはどっち?

女性が夜のお店で働こうと考えた時には、キャバクラやパブなどのお水系やデリヘルやソープなどの風俗系のお店があります。
さらにお水系のお仕事と風俗系のお仕事の両方の性質を兼ね備えたセクキャバやランパブと呼ばれるお店もあります。
この記事ではランパブとセクキャバの違いとどちらの方が稼げるのかということについてご説明します。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

ランパブとセクキャバの仕事内容の違いは?

セクキャバはセクシーキャバクラ、ランパブはランジェリーパブの略です。
同じ様なお仕事として、他にもセクシーパブ、おさわりパブなどもあります。

ランパブとセクキャバ違いは?

女性 下着これらのお店は実は仕事の内容はそれほど差がありません。
ただしランパブは、ランジェリーパブの略ですので基本的に女性は下着姿で接客をすることになります。
途中で脱ぐというわけではなく、お客さんが来てお酒を提供し話してる時からずっと下着です。
逆にセクシーキャバクラの場合は、普通のキャバクラ店と同じようなドレスの衣装が制服になっています。

また、セクキャバの場合は100%お客さんから女性へのタッチがあります。
しかしランパブの場合、お触りを禁止しているお店もあればセクキャバと同じようにお触りOKになっているお店もあります。
だから、ランパブという名前だけでお触りがないと考えてしまうのは危険ですので、しっかりとお店のサービス無いようを事前に調べるようにしましょう。

仕事内容は?

まずは普通のキャバクラと同じようにお店に来たお客さんに対してお酒を提供して、店員である女性が一緒に飲むのがお仕事です。
それに加えて体を見せたり触らせたりするなどセクシーなサービスをすることが付いてきます。
ただし注意しなくてはいけないのは、このようなお店に来るお客さんは当然エッチなサービスを期待していますので、お酒だけ飲んで満足するというようなことはありません。
少なくともランパブやセクキャバで働く以上は何らかの性的なサービスをする必要があるということは理解しておきましょう。

どれくらいエッチなサービスをするの?

まず大前提として風俗店ではありませんので、いわゆるヌキはありません。
それ以外の部分についてはお店によってかなりの違いがあります。

最もエッチなサービスの度合いが弱いと言えるのはおさわりが完全に禁止のお店です。
このようなお店の場合は、お客さんから従業員に対して手を触れることは一切できません。
せいぜい顔を近づけて話したり耳元でコソコソ話ができる程度です。
ただしおさわり禁止なお店の場合は、ほぼ間違いなくショータイムがあります。
ショータイムの内容もお店によって様々ですが、多いのは音楽に乗せて徐々に嬢が服を脱いでいくというショーです。
お触りはありませんが、少なくとも胸くらいはお客さんに見られるということです。

おさわりが禁止ではないお店であれば、まずは基本的にキスはオッケーなお店がほとんどです。
またお客さんからの嬢へのタッチもある程度容認されているため、胸やお尻などにタッチされることもあります。
より過激なお店になると、嬢が服をはだけて胸を露出しお客さんになめられるというお店もあります。

基本的に嬢の下半身へのタッチがオッケーされているお店はほとんどありませんが、まれにショータイムの時間などを用意して、その時間だけはどこにタッチしても良いというようなお店もあります。

料金設定は?

セクキャバやランパブの料金設定は、基本的にキャバクラと同じようなシステムになっています。
基本料金で、45分~60分あたり3,000円~10,000円程度が相場です。
通常のキャバクラよりはやや高い程度の金額です。
お店によってはお酒を注文することにドリンク代がかかる場合はありますが、ほとんどのお店では基本料金の中に飲み放題料金もコミュになっています。
お客さんが支払う金額はほぼ基本料金だけですがそれ以来に指名料や、ショータイムの時に嬢に対してチップを渡す場合もあります。

ランパブとセクキャバのお給料を比較

ランパブやセクキャバのお給料は、普通のキャバクラと同じようなシステムで計算される場合がほとんどです。
だからお給料は基本給+歩合給となっています。

基本給について

お金基本給は時給で2,000~5,000円程度が一般的です。
だいたいお客さんが1時間あたりに支払う金額の40%~50%程度が相場だと考えておきましょう。
時給は面接に行ってお店に採用された時点で決まります。
大体ホームページや求人情報などを見れば最低時給が書かれているので確認しておきましょう。

基本的に時給は、まずは見た目が良かったり若かったりした場合お店に採用されたときからある程度高く設定してもらうこともできます。
それ以外にもお店で勤めていて指名がたくさん取れたり、人気があれば時給は上がっていきます。
ただし基本的に、時給がお客さんが1時間あたりに支払う金額の50%を超えることはありません。
だからどれほど人気でお客さんをたくさん集められるとしても、お店自体の料金が低いようであれば時給の上限にも限界が来てしまいます。
そのような場合はもっとお客さんが支払う料金が高いお店に移籍するのが良いでしょう。

歩合給について

セクキャバランパブにおいて歩合給を決める最大の要素は指名です。
指名1本あたりだいたい1,000円程度ですが、例えば指名客が友人4人と一緒に来た場合1,000円×4=4,000円バックになるようなお店もあります。
また、指名本数を重視しているお店は多いので歩合給としてそれほど魅力的ではなくても、指名を稼げるような接客を心がける必要はあります。

飲み放題ではなくドリンクごとに料金が発生するタイプのお店では、基本給を低めに設定して、本指名客がお店で使用した金額の何パーセントかを嬢にバックするというようなお店もあります。
その他にもショータイム出演ごとの歩合給などを設定しているお店もあります。

このようなシステムで嬢のお給料は決まりますが、基本的に過激なサービスをするお店ほどお給料が高くなる傾向にあるということは覚えておきましょう。

どうやってお店を見分ければいいの?

セクキャバやランパブで働く時のお店の選び方のコツについてご説明します。
まずはキャバクラの様なドレスを着てお仕事をしたい場合にはセクキャバ、下着での接客に抵抗がないのであればランパブという風に選びましょう。
どちらかを選ぶことによってお給料が高くなるというようなことは特にないので、自分に合った方を選ぶのが良いでしょう。

服装よりも重要なことはどれ位性的なサービスをするお店なのかということをしっかり調べるということです。
しかしどの程度エッチなサービスをするのかについてはホームページや求人情報を見ても明確な情報が載っていないことがほとんどです。
そこで、お給料や立地条件から入りたいお店をいくつか絞り込んだら、男性向け風俗サイトの口コミを見てみるようにしましょう。

パソコンお店の名前 口コミ」などでインターネット検索すれば、そのお店を利用した男性の口コミを見ることができます。
男性の口コミは、嬢の接客態度やお店の雰囲気などとともに、どのようなサービスをしてもらったのかということが書いてあります。
口コミを見れば、例えばキスがありなのか、おっぱいへのタッチがありなのかと言ったことについても調べる事が出来るのです。

このようにしてお店のサービス内容まで確認した上で面接に行き、最終的に自分が確認した内容と違いがないかということについてスタッフと話してみるのがよいでしょう。

まとめ

ランパブとセクキャバの違いとどちらの方が稼げるのかということについてご説明しました。
制服がドレスなのか下着なのかということが大きな違いです。
また、ランパブの中にはお触り禁止のお店もあれば、セクキャバと同じようにお触りありのお店もあります。
どれくらい過激なサービスがあるかによってお給料が変わるので、自分が稼ぎたい金額と、許容できるサービスの度合いを天秤にかけてお店を選ぶのが良いでしょうか。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

セクキャバ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました