ピンサロの接客中、会話にかける時間はどれくらいですか?

ピンサロではお客さんと会話する機会も多いです。
会話はお客さんが気持ちよくサービスを利用するために欠かせない要素ですので、丁寧な会話を心がけていきましょう。
また、ケースバイケースで相手が緊張していたら、会話でその緊張を和らげて上げたりすると親切です。
会話は本指名を得られるかどうかにも関係してきますので、ピンサロで働く人はそのスキルを磨いていきましょう。

ピンサロにおけるお客さんとの会話

吹き出しピンサロは、性的なサービスを行う場所ですが、キャバクラのようにお客さんとの会話を楽しみ、ドリンクを飲む機会も多いです。
また、ピンサロに行く男性は“女の子との会話”を楽しみにしている方も非常に多く、それに応えて会話をしなければいけません。
ですので、ピンサロでこれから仕事をしたいと考えている方は、多少なりとも会話はありますので、その点は理解しておきましょう。

サービスの流れとして、初めてお客さんとあったら、軽い挨拶から入りますし、その後に取り留めのない世間話を行ったりもします。
こちらから話しかけなくても、お話し好きなお客さんと当たれば、いろいろと質問されたり、話題を振られたりすることも出て来ます。
ピンサロで一番重要な部分は性的なサービスですが、それ以外の部分(会話)も重要ですので、気を使う必要があります。

接客中にどのくらい会話時間が入ってくるのか?

ピンサロの接客中における会話時間は、お店により違いはあるものの、基本的には1つのサービスコースで「5分から15分程度」と言われています。
というのも、ピンサロはその他のデリヘル等の風俗サービスと比べると、サービスを提供する時間が“短め”になっているからです。
例えば、高級ソープなどは1時間~2時間ほど時間があり、お客さんと濃厚なプレイ、濃厚な会話が入ってきます。
しかし、ピンサロは低価格&短時間でサービスを利用できるのが売りで、一つのサービス提供時間は30分から長くて60分と非常に短いです。

サービスを提供する時間が短いので、何時間もお客さんと会話をすることはまず出来ません。
ローテーションも早いので会話時間も限られてきます。
故に、一日の仕事全体を通してみれば、何時間と会話をする事にはなりますが、お客さん一人当たりの会話時間はそれほど多く無いと言えます。
ゆっくり話をしていたら、お客さんを「射精」させてあげられなくなったりもしますので、限られた時間内でうまく会話をしていきましょう。

少ない会話時間だからこそ大切に!

またピンサロは会話時間が少なくても、その会話次第で、お客さんが「リピーター」になってくれるかどうか変わってきます。
リピーターが増えないと、お店側も利益を上げられませんし、それを従業員に還元することも出来なくなります。
最初の研修でその事は指導してもらえますが、相手を楽しませたり、丁寧に受け答えをしたりして、お店をお客さんに、気に入ってもらえるようにするのが良いです。

もし、ぶっきらぼうな態度で会話をしていたら、お客さんも良い気持ちはしませんし、また同じピンサロを利用したいと普通は思わなくなるはずです。
あまり会話をしたくないお客さんも結構居ますので、過度に会話を意識する必要はありませんが、「会話が原因でクレームが入ることもある」ので気を付けましょう。

会話の他に、キスやハグなどのスキンシップも取り入れるのもGOOD!

キスピンサロでは会話の他に「キス」や「ハグ」といったスキンシップも取りつつ、コミュニケーションをしていくと、お客さんの満足度をもっと上げることができます。
ピンサロのサービスは、最終的に「口」もしくは「手」で射精へと導いていきますが、お互いの仲が良くなっていないと、初心(うぶ)なお客さんや遅漏のお客さんだと、気兼ねして、射精したくても中々出来なくなる事もあります。

男性がピンサロへ行く大きな理由は、行って”気持ちよくなりたい”という事ですが、その為に射精は欠かせません。
うまくスキンシップやコミュニケーションを取っておくことは、男性を気持ちの良い射精へと導くためにも大切な事です。
ピンサロでは『いかに短い時間で、客さんとコミュニケーションを取り、お互いに近くなれるか』がポイントとなってきます。
早くお客さんを絶頂へ導いて、仕事自体を楽にしたい時は、プレイだけではなく会話やスキンシップにも少し力を入れてみるのも良いでしょう。

男性の緊張をほぐす会話やトーク力

ピンサロでの「あるある」として、初めて利用するお客さんへの接客対応があります。
今まで全く風俗を利用したことのない方が、友人に連れられてピンサロへ行くという事も往々にしてあることです。
中にはいわゆる“童貞”男性も来る事もあり、そこでうまく会話が出来るかどうかが試されます。
女性を見てすぐに昇天してしまうタイプなら楽ですが、そうではなく、女性を見ると逆に緊張して萎えてしまうタイプは厄介になってきます。
頑張って口で奉仕をしても相手がイってくれないと、顎がつかれますし、プロとしても相手をうまく射精させて上げられなかったら、自信喪失にもつながるでしょう。
ですので、仕事での負担を減らすためにも、うまい会話やトーク力は武器になってきます。

会話やテクニックが向上すればバックも増える!

ピンサロのお給料は、時給の他に、本指名を得ることによるバック(概ね1,000円~3,000円前後)もあります。
本指名を沢山得られる方は、それ相応のお給料をもらうことが可能です。
そして、本指名を頂く為に重要なのは「テクニック」や「会話」、「容姿」といった要素です。
風俗店勤務経験の浅い女性で、テクニックがなかったとしても、男性から好まれる会話ができる女性は、それだけで指名が増える事もあります。

指名をもらえることは、そのままお給料アップに直結してきますので、少しでもお給料を多く稼げるようにするため努力をしていきましょう。
会話力は場数を重ねることで徐々に上達していきますし、容姿も化粧によって向上させられます。
男性から指名されて「指名バック」が増えてくれば、それに比例してお給料がどんどん上がるので、仕事に対するモチベーションも上がってきます。

まとめ

時計ピンサロでの、会話時間は他の風俗と比べると非常に少ないのが特徴です。
一般的には5分から15分ほどとなっていて、デリヘルやソープのように何時間もお客さんと一緒に居たりしません。
ただ、会話時間が短いから重要ではないのか言えば、そういう訳ではなく、会話の良し悪しがクレームや指名に繋がったりもします。
ですので、ソープで働く方は、トーク力も磨いていくようにしましょう。
短い時間しかありませんので、その時間でいかにお客さんと仲良くなり、相手の緊張をほぐしてあげられるかがカギとなります。

また、会話力やトーク力は場数を踏んでいく事で上達可能で、うまくお客さんと会話ができるようになれば、指名も入りお給料アップに繋がることも多いです。
ピンサロで働くときにお給料を上げたいなら、会話にも気を使って、お客さんからの指名を勝ち取りましょう!
ちなみに、ピンサロでは男性のお酒の相手をしたりしますので、今話題になっていることや、男性の年代に合わせた話題の情報収集をしておくと、話が尽きた時の小ネタとして使えます。
基本は短い会話時間なので、一つネタがあるだけで、それを別のお客さんに使いまわすことも出来るので、会話が苦手な方は、勤務前に何かネタを仕入れておくのも良い方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました