メンズエステでもフェラ要求するお客さんは多い?ひどいと本番も?

こんにちは!
今回はメンズエステについて、本番やフェラの強要に焦点を当てて紹介してみようと思います。

メンズエステとは

マッサージみなさんはメンズエステと聞くとどんなイメージを持ちますか?
マッサージをするだけの楽なお仕事を思い浮かべる人も少なくないかもしれません。
メンズエステは基本的に女の子が主導なので、男性からベタベタ体を触られたり、責められることはありません。
お客さんに触られるのが苦手という風俗嬢は少なからずいますが、メンズエステはその心配がほぼないのです。
もちろんキスやフェラも基本的にないので、性感染症に感染するリスクも少なくて済みます。
また生理中でも問題なく働くことができます。
このような点では、ソープやヘルスなどの他の風俗店に比べて性的サービスが少なく、肉体的にも心理的にも負担が軽いといえますね。

しかし!メンズ「エステ」というからには、リンパマッサージやエステの施術は必須です。
ソープにやヘルスに比べて楽な面もありますが、高級メンズエステ店などではマッサージやエステの技術力を重視しするため、技術を習得したり施術したりするという点ではかなりハードです。
メンズエステでは、性的なサービスの他にマッサージやエステの施術が求められるということを覚えておいてくださいね。

「抜きあり」と「抜きなし」

メンズエステは大きく「抜きあり」と「抜きなし」の店舗にわけられます。
「抜きあり」のお店は、男性をイカせるサービスを提供しています。
基本的には手コキでフィニッシュさせます。
「抜きなし」の店舗はフィニッシュさせるサービスはありません。
その分安い料金で男性は遊ぶことができます。

風俗で遊ぶからには、フィニッシュしたい男性ばかりだと思っていませんか?
実は、あえて「抜きなし」のメンズエステを選ぶ男性は少なくありません。
なぜなのか不思議に思いますよね。
その理由を列挙してみます。

  • プレイ料金が安い
  • 若くて美人な女の子が多い
  • 女性に癒されたい(ドキドキしたい)
  • 妻や彼女への罪悪感が少なくて済む
  • カリギュラ効果

理由を知ってみると納得できる気もします。
「カリギュラ効果」とは、ダメと言われるほどやってみたくなる心理現象のこと。
風俗で遊び尽くした男性の中には、「女の子に触ってはいけないのにどこまでおさわりできるか」を楽しんでみたり、「フェラしてもらえないのにどれくらい頼めばしてくれるか」というギリギリの賭けのような遊びを楽しみたいという人がいるようです。
男性目線では通な遊びなのかもしれませんが、女の子にとっては迷惑千万。
非常に困ります。

本来は「抜きなし」のお店でも、交渉すれば女の子に抜いてもらえると思うお客さんもいるようです。
抜きなしのエステにもかかわらずそんな困ったお客さんに当たった女の子の本音を紹介してみます。

  • エステなのにエステなしの「性感だけでいい」とか言ってくるお客さんは正直キモいです。
  • 正直、抜いてあげることもあります。でも何度も指名してくれてからならまだわかるけど、初めてのお客さんに抜いてって言われたら内心「は??」って思います。
  • 「マッサージしてばかりじゃ疲れるでしょ? 僕がマッサージしてあげるから」とか 「添い寝してくれたらそれでいいし、たまには休憩しなよ」とか言ってくる客が1番うっとうしいです。
  • おさわりダメなのにマッサージしてたらさわさわお尻触ってこられるとイラっとします。

困ったお客さんはかなりの数いるようですね。
またこんな意見もあります。

吹き出し抜きなしのメンズエステで働いています。
マッサージは鼠蹊部までなのですが、お客さんの9割が手コキさせようとします。
店の他の女の子もやっているようですし、あまりに手コキ需要が高いので、チップをもらえるならしていいかなと思っています。

お客さんの9割が手コキを希望するとは、かなりの割合ですね。
さらにメンズエステにありがちな強要行為について調べてみました。
アダルトビデオの作品でもマッサージ系やエステ系はとても人気があるそうです。
その作品では、女性施術者とお客さんが最終的にはセックスをするという流れが主流なので、そのようなファンタジーを期待している男性客も少なからずいるようです。

本番やフェラの強要

フェラの強要

他の風俗よりもソフトなサービスを提供するメンズエステですが、実際のところお客さんはさまざまな要求をしてきます。
その中でも特に多いのがフェラをして欲しいという要求です。
はじめからフェラがオプションサービスに含まれているお店は問題ありませんが、風俗店ではなくエステ店として営業している場合は違法行為になってしまうので要注意です。
マッサージだけで満足できなくなってしまった男性は、フェラくらいならしてくれるのではと安易に考えてしまうことがあります。
基本的にはオプションなどの設定がない限り、フェラをすることは女の子にとってハイリスクです。
お客さんには、フェラできない理由をしっかりと説明してわかってもらうようにしてください。
もう1度繰り返しますが、お小遣いをもらってフェラをするという選択肢は違法なので注意してくださいね。

本番の強要

メンズエステなのでかなり少数派だと思いますが、男の人によっては、交渉次第で本番行為をしてもらえると思っているケースもあるようです。
信じられないはなしですが、実際にメンズエステで本番強要されることはあります。
本番行為はもちろんダメなので、できないことを断固とした言葉と態度で示してください。
できない理由は、お店の方針でできない、お店にバレると大変なことになると強く主張すると良いと思います。
ファッションヘルスでのことですが、本番NGのお店で本番強要した場合には「免許証」や「写真」のコピーが張り出されるなどして見せしめされる場合もあります。
そのようなペナルティがあると伝えると、諦めてくれるかもしれませんね。
そこまで伝えたにもかかわらず本番強要をしてくる場合には、部屋を離れてスタッフに助けを求めてください。

出張タイプのメンズエステは要注意!

店舗型のメンズエステなら、基本的にスタッフが常駐しているので助けを求めることができます。
お客さんもスタッフがいることを知っているので、それが抑止力として働くこともあるでしょう。
出張タイプのメンズエステは、個室でふたりきりになるので、男性の気が大きくなり、フェラや本番くらいならしてくれるかもと思いがちになります。
フェラと本番の強要は圧倒的に出張型のメンズエステが高いようです。
メンズエステで働こうと考えている女性は、お店を選ぶ時に店舗型にするか出張型にするか慎重に決めてください。

男性がどんなタイミングでフェラや本番を強要してくるのか調べてみました。

  • 股間近辺のリンパマッサージをしている時
  • トップレスになったタイミング
  • お客さんに背を向けて、男性にまたがってマッサージしている時
  • 手コキでイケない時

興奮してそれ以上を求めてしまう場合、最初からエステ以上の交渉を考えている場合、手コキでフィニッシュできないからそれ以上をして欲しくなる場合などが理由として考えられます。
どんな理由があろうと、女の子からすればとても迷惑なはなしです。
上に書いたようなタイミングの時は特に注意して施術してくださいね。

上手な断りかた

中止本番やフェラ強要は避けて通れない道です。
男性はこんな時「他の子はやってくれたけど?」「お店には言わないから」「5000円でお願い!」「裏オプションないの?」などと交渉してきます。
そんな時のために上手な断る方法を紹介してみますね。

ごめんなさい・・・。本番はできませんが、正規サービスを頑張りますね!

まずはこれが1番効果的です。
お店の方針などを説明する前に、まずはこのひと言が大切です。
自分もお客さんも残りの時間を気持ち良く過ごすことができます!
さらにしつこく強要してくるお客さんには、お店の方針などを説明しながら「フェラ頑張りますね!」「手で気持ち良くなってもらえるように頑張ります!」と態度を貫いてください。
繰り返しになりますが、それでも執拗に迫ってくる場合は、お店にバレると厳しいペナルティがあることや、すぐにでもスタッフを呼ぶことができることなどをなるべくやんわり伝えましょう。

まとめ

いかがでしたか?
ソフトなサービスを提供するはずのメンズエステでも、フェラや本番を強要する男性は多いことがわかりました。
女性にとって性感染症のリスクが低く、体への負担も少ないため働きやすい業種です。
出張型のメンズエステではさらにフェラや本番の強要行為に出会う確率が高くなるため、注意が必要です。
上手い断りかたを身につけて、自分の身を守り、お客さんにも楽しい気分で帰ってもらえるようにできるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました