日本国籍じゃなくてもソープやデリヘルで働ける?ビザ必要?

風俗は高給な仕事です。
だからこそ、色々な境遇の人が集まってきます。
借金などでもどうしてもお金が欲しい人、明日の蓄えがほとんどない人……などなど、結構悲惨な事情を抱えている人は少なくありません。
しかしながら、そんな特異な場所ですらきちんとしたルールは存在します。
ここで気になるのが、風俗の仕事をするのに日本国籍は必要なのかということです。
今や外国人が働いている職場もそう珍しいものではありませんが、風俗業界はどうなのでしょうか。

そこでここでは、風俗で働くために日本国籍が必要なのかどうかということを紹介していきたいと思います。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

風俗で働くために日本国籍は欲しいの?

質問「基本的に」必要になってきます。
逆にいえば、法律上は両親が外国人であっても国籍が日本にあるのであれば、問題なく働くことができるでしょう。
ただし例外として、ソープなどは見た目が外国人というだけで断られることもあります。
というのも、外国人は法律的にも客からしてもトラブルになりやすいからです。
法律の網目をうまく掻い潜って本番サービスを提供しているソープでは、少しでもトラブルの種になりそうなことは避ける傾向にあるのです。

一方デリヘルですが、デリヘルは日本国籍を持ってさえいれば働くことが出来ます。
ほかの風俗業でも、日本国籍があれば働くことはできるでしょう。
では逆に、日本国籍がなければ一切風俗業で働くことはできないのでしょうか?
答えはいいえです。
日本国籍がなくとも、風俗業で働くことは可能です。
ただし、風俗業界で働くためには条件が必要で、以下のうちどれかに当てはまる必要があります。

「日本人の配偶者」を持っている

国旗日本国籍がなくとも、日本人と結婚していれば風俗で働くことが可能です。
旦那が日本人であるのなら、働けるということですね。
働く際は、配偶者が日本人であることを証明する書類が必要です。

働こうとする人が「定住者」である

定住者の権利を持っている場合は、日本国籍がなくとも働くことができます。
働く際は定住者を証明する書類を提出しましょう。

働こうとする人が「永住者」である

一定の要件を満たしたあとに国に永住許可を受けた外国人のことを永住者といいます。
もちろん、この場合も永住者であることを証明する書類が必要です。

働こうとする人が「永住者の配偶者」である

旦那さんが永住者である場合は働くことができます。
例えば、フィリピンから引っ越し、永住権を獲得した男性と結婚したフィリピン人であれば、風俗で働くことができるわけです。

働こうとする人が「特別永住者」である

第二次世界大戦終戦以前から日本に在留している外国人に与えられる資格を、「特別永住権」といいます。
この資格を持っている場合は、ソープなどで働く場合も労働状況を報告する必要がないので、ソープで働くこともできるでしょう。
なお、この資格を持っている人のほとんどは韓国人、台湾人、中国人などがほとんどです。
以上の資格を持っている人だけが、特別に風俗で働くことが可能です。
これは風営法で定められていることなので、風俗店であれば必ず守る必要があります。
しかし、上記でも触れましたが、これらの資格を持っていてもソープだけは外国人というだけで雇用を避けられる傾向にあるようです。
よって、自身がこれらの内のどれかであると証明する書類を持っているのならばデリヘルをはじめとしたヘルスサービスなどで働くことになるでしょう。

なお、逆にいえば日本国籍もこれらの権利を証明する書類も持っていなければ、風俗で働くことは不可能です。
「短期滞在ビザで旅行に来ている人」
「長期滞在ビザで滞在している人」
「留学ビザで滞在している学生」
「就労ビザで働いている人」……
などなど、これらの人は風俗で働く権利がないので、一切風俗で働くことは出来ません。
もしも、上述した権利がないけれど風俗で働きたいという人がいるのなら、残念ながら諦めるしかないでしょう。

万が一働けたとしても、そのお店は違法なお店です。
場合によってはひどいことに巻き込まれる可能性すらありますし、最悪逮捕されることすらあります。
もし逮捕された場合は、その時点で在留資格は取り消し、ほとんどの場合は本国へ強制退去されることになるでしょう。
風俗店を経営している店長や従業員も間違いなく取り締まられますし、働く権利のない外国人を風俗で働かせるリスクは甚大です。
もし、そういったリスクを理解した上で働く権利のない外国人を働かせているのだとしたら、間違いなくそのお店は「まとも」なお店ではないでしょう。
真っ当に経営しているお店であれば権利のない外国人を雇うことは絶対しないはずなので、不法店には注意してください。

権利を持っている外国人はどんなお店で働けばいいの?

国旗上で述べたように、権利さえ持っていれば人種を問わずに風俗で働くことができます。
条件がかなり絞られているので、その希少性からソープ以外の風俗店からは歓迎されることが多いでしょう。
ただし、働くのであれば最低限の日本語は話せたほうがいいと思います。
お客さんにとって、風俗サービスは性欲を解消するだけの場所ではなく、人によっては会話を楽しみに来ている人もいるのです。
なので、日常会話が出来る程度には日本語に熟達したほうがいいのではないでしょうか。
もちろん、サービス面だけではなく、スタッフとの意思疎通に関しても会話は重要です。

場合によっては、日本語がわからないのをいいことに、不当な契約をさせられる可能性すらあります。
給与明細に文句をつけたくても、日本語がわからないのではどうしようもありませんから、読み書きと話くらいはできたほうがいいでしょう。
流暢に話せなくとも、片言でも意志は通じるようにしたいところです。
日本人にはむしろ片言で話す外国人の女性が好きだという方もいるので、それはそれで武器になるかもしれません。

万が一日本語がほとんどわからないという人であれば、外国人専門を謳っている風俗店へ行くという手もあります。
外国人専門の風俗店であれば、お店の人ややってくるお客さんも日本語に不自由なことを承知していますし、ある程度しっかりとしたサポートが受けられるでしょう。
ただし、「外国人専門」を謳っている風俗店は警察の目に止まりやすく、場合によっては不法なお店である可能性もあります。
働く前に求人ページをしっかりと確認し、きちんとしたお店であるかということを確認しておきましょう。

国籍に関してはかなり厳しい! 外国人が風俗で働く時についてのまとめ

上で述べたように、風俗店で働く際には基本的に日本国籍を有しているか、もしくはなんらかの要件を満たしていなければなりません。
なぜこれほど風俗で働く要件が厳しいかといいますと、それは恐らく治安の維持という面が大きいのでしょう。
仮にどんな国籍の人であっても風俗で働けると法を改正したとしましょう。
すると、他国、特に貨幣価値の低い国から女性の労働者が大挙して押し寄せてきます。

本国で働いている日本人からしても、風俗の仕事は高給です。
しかし、もっと貧しい国からすれば、夢のような大金ということは想像に難くありません。
1日の労働で2ヶ月3ヶ月分の給料を獲得することが出来る仕事ともいえます。
なので、そういった「一攫千金」を夢見て風俗には外国人女性がなだれ込むようになるでしょう。
すると、本当に風俗で働かなければならないほど困窮している女性が働けなくなります。
町に外国人が溢れることによるトラブルも頻発するでしょう。
よって、そういった事態を防ぐため、風俗で働く要件はかなり厳しくなっているのです。
働く側からすればかなり面倒に思うかもしれませんが、そういった理由があるので、必要な書類は欠けずに提出しましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました