ピンサロの花びら大回転って何?接客時間が短いってこと?

風俗には様々な営業形態がありますが、ピンサロと呼ばれるものもその1つです。
一番の特徴として挙げられるのは、やはり性器や胸に「基本的に」触られないことでしょうか。
そのため、お小遣い感覚で稼ぎたいという人にとっては、一番行きやすい風俗だと思います。
しかしながら、ピンサロではよく「花びら大回転」と呼ばれるプレイが取り入れられており、この言葉の意味がわからず、いざ働こうと思っても不安に思う方がいるのではないでしょうか。
そこで、ここではピンサロでよく取り入れられている「花びら大回転」という接客方法について紹介していきたいと思います。

今からピンサロで働こうと思う方や、花びら大回転の意味を詳しく知りたいという方は、是非参考にしてみてくださいね。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

花びら大回転ってなに? どういう意味?

ピンク花びら大回転とは、ピンサロが取り入れる接客方法の一種です。
ピンサロ以外の風俗店でも取り入れているところはありますが、基本的にはなく、ごく少数。
一方、ピンサロでは、よく取り入れられるメジャーな接客方法となっています。
肝心の接客方法ですが、これはプレイ中に女性が入れ替わり立ち代わりお客さんのもとにやってくるという意味を示しています。
なぜこの接客方法を花びら大回転というのかといいますと、女性を花びらに見立て、次々と回転して接客をしていく様を表しているからです。

例えば、30分のプレイで15分毎に交代をし、2人の女性が1人の男性の相手をするのであれば、W回転、あるいは2回転といいます。
これが30分のプレイで10分毎に交代し、3人の女性が1人の男性の相手をするのば3回転です。
45分、60分のプレイでも同じで、女性側から見れば1回のプレイで何人の男性を相手にするのか、というのが花びら○回転の意味といえるでしょう。

花びら大回転をするメリットは? 働く側はどうなの?

お店にとってのメリットは、独自性です。
現在、風俗関係の性産業は多様化し、かなり安い価格で女性を抱くことが出来る時代になっています。
そんなときにピンクサロンが生き残るためには、ピンサロにしか出来ない独自のサービスが必要なのです。
その独自性が花びら大回転。
アナウンスと共に女性が入れ替わり相手をしてくれるなんてサービスは、他の風俗店では受けられないサービスです。
それを目当てに、お金を持っていてもあえてピンサロに通う人がいるので、そういった人を狙うことが出来るという意味では、お店にとって大きなメリットになります。

一方のお客さんですが、お客さんからすれば、至福の時間を体感できるのがメリットです。
普通に働いていては、様々な女性に次々とフェラや手コキをしてもらえることなんてありませんから、ある種の欲望が満たされるのです。
また、1回のプレイで多くの女の子と顔を合わせることが出来る点もお客さんにとってのメリットでしょう。
1回で1人の女性に相手をしてもらうよりも、2人、3人と相手をしてもらった方が、ずっと自分好みのタイプを見つけやすいというわけです。
その後、自分にとって理想の女性を見つけたのであれば指名をすることも出来ますし、品定めとして花びら大回転を利用することが出来るという点もメリットとなっています。

働く側としてのメリットは、色々なお客さんにめぐり合うことが出来る点でしょうか。
お客さんとサービスをする側という関係であるとはいえ、当然人と人との関係ですから相性があります。
実際に風俗関係の仕事をした人であれば、いわゆる「生理的に無理」なお客さんも何人かいたはずです。
もちろん、それとは逆に、まるで友人のように意気投合するお客さんも、中にはいたと思います。

なので、そんな意気投合しやすいお客さんとめぐり合いやすいという点は、働く側にとって一つのメリットとなるのです。
そんなお客さんと会ったのであれば、アプローチをかけて指名してもらいやすくなりますし、風俗の仕事であっても、ある程度楽しくなってくるのではないでしょうか。
もちろん、指名料金をもらって稼ぐことが出来ますし、まさに一石二鳥というわけです。

逆に、全く「合わない」と思うお客さん相手でも、接客時間が少なくて済みます。
マンツーマン接客ですと、最低でも30分間は一緒にいなければならないわけですし、他の風俗サービスのように適当に抜いて終わり、というわけにもいきません。
しかし、花びら接客であれば、そういったお客さんと関わる時間は最小限で済みます。

もちろん手を抜いていいわけではありませんが、それでも、精神的な疲れは最低限で済むのではないでしょうか。

花びら大回転のデメリットは?

Noここまでメリットばかりを挙げてきましたが、これを行うデメリットがあるのも当然です。
以下に、花びら回転のデメリットを列挙していきたいと思います。
お店にとってのデメリットといえば、時間あたり必ず複数人の女性を雇わなければいけない点でしょう。
ピンサロの時間はほとんどの場合時給制で、たとえ待機状態であっても、女性には給料を出す必要があります。
なので、花びら大回転を店の目玉としている場合は、最低でも3人以上は人員を確保していなければならないのです。

一方、そういったサービスを行っていない場合は、最悪1人、2人でも店を回すことが出来ます。
しかし、万が一なんらかの事情でお客さんが来なかった場合は、雇った女性の数だけ赤字になってしまうわけです。
そういったリスクは、店にとって1つのデメリットといえるのではないでしょうか。
客にとってのデメリットは、自分好みの女性との時間が少なくなってしまうことです。
さらに、回転をする女性が必ずしも好みのタイプとは限りません。
もちろん、そういったランダム性を受け入れた上で楽しみに来ている男性もいますが、そういった点は楽しいところであると同時に一つのデメリットといえるでしょう。

一方、働く側にとってのデメリットは、疲れることです。
手コキをするのであればそれほど苦ではないのですが、花びら大き回転中、ずっとフェラをするとなると、大変あごが疲れます。
それも、違う太さのものをしゃぶらなければならないため、とても大変です。
また、忙しなく動く必要があるので、急かされるような気分になる点も一つのデメリットでしょう。

他の風俗店のように、自分なりの時間配分というものがほとんど使えないので、プレイ中は思っているよりも慌しくなります。
加えて、お客さんに文句を言われないようにするためには丁寧にしなければなりません。
急ぎながら丁寧にするという矛盾した課題をこなさなければならないという点は、ある種のデメリットといえるのではないでしょうか。

お店にとっては1つの武器! 花びら大回転についてのまとめ

剣花びら大回転は、人によってはピンサロを利用する動機になるほどのサービスです。
そのため、ほとんどのピンサロではこの接客方法を採用しています。
働く女性にしてみればあごが疲れますし、1日に何人もの男性を相手にしなければならないので疲れますが、ピンサロで働く以上、あるものと割り切ったほうがいいでしょう。
一方、落ち着いた一対一の関係の需要を狙っているお店も勿論あるにはあります。

どちらにしても、前述したようにメリットデメリットは存在しているので、自分の身体と気持ちに相談しましょう。
一番よいのは、どんな働き方であれ自分に合った働き方です。
楽しくとはいえないまでも、できるだけストレスのない働き方をすれば、自然と笑顔も出てきて、稼ぎもよくなるでしょう。
もし最近疲れているなと感じるのなら、一度他のお店に目を向けてもいいかもしれませんね。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

ピンサロ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました