風俗店が営業している時間帯で客層は違う?昼と夜どっちが良い?

風俗はメインといえば夜ですが、朝から営業しているところもあります。
近年はデリヘルの登場のおかげで深夜まで営業しているところも多々ありますが、時間帯によって客層は異なるものです。
OLが夜だけ働くのであれば選択肢はありませんが、風俗専任で働くのであれば早番や遅番、片番と風俗の働き方も様々です。
そのため、どういった違いがあるのかは、風俗で働くのであればチェックしておくべきです。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

早朝から昼間にかけてのお客

早朝この時間のお客はいわばサラリーマン以外が多いです。
自営業ですとか、大学生の姿も見られます。
早朝から昼間になぜお客がいるのかといえば、夜よりも若干安く料金を設定していますので、暇なので安く風俗を利用したい人は早い時間を狙うのです。
また、意外な所では営業マンもいます。
近年は営業車にGPSを付けるなど、仕事中にサボるのが難しい状況になっているので一時期よりは減少しているものの、それでも営業マンがサボって昼間に風俗を利用するケースはあります。
この時間のお客に共通しているのは、早い時間だからこそなのか良識派が多いです。
世間が明るい時間帯である点や、まだまだ夜ではないのでお酒を入れているお客もいません。
それこそ営業マンであれば、仕事中なのでいくら風俗であってもハメを外す訳にはいきませんので、それなりに節度を持って利用するお客が多いのです。
客層としては悪くはない時間帯ではあるものの、先にもお伝えしたように基本的に早朝や昼は風俗店側が料金を低く設定していますので、その分どうしても手取りも低くなってしまいます。
ですが、ストレスを感じたくない女性で、尚且つこの時間帯に働けるのであれば良いかもしれませんが、全体的にお客の数そのものが少ないので、がっつり稼ぐよりは、朝や昼は暇なのでそれなら…という女性の方が多いです。

夜も様々なパターンがあります

風俗はいわば夜が本番と言っても良いでしょう。
サラリーマンが仕事を終えてからが風俗店側としてもかき入れ時になります。
ですが、平日であってもやはりいくつか激戦区があります。
そのパターンもある程度は覚えておいた方が良いでしょう。

例えばお客が多いと言われているのは金曜日や休前日です。
このタイミングはサラリーマンとしては「次の日早起きする必要がないタイミング」です。
極論ですが、金曜日や休前日は独身サラリーマンであれば帰宅する必要がありません。
終電に乗り遅れても漫画喫茶なりカプセルホテルなりに飛び込んでしまえばよいのです。
休前日や金曜日以外は次の日のことがありますので、羽目を外したくないと思っているサラリーマンは多く、残業がなくとも次の日のことを考えてすぐに帰宅するものですが金曜日や休前日に関しては早く帰る必要性もありません。
そのため、ここは風俗店側としても「かき入れ時」になります。
このタイミングの客層としてはとにかくみっちり楽しみたいと思っていますので、要求にこだわりを持っているケースが多いです。
「何となく」ではなく、次の日が休みだからこそ狙って風俗に来ているのです。
言い換えれば風俗へのこだわりを持っている人でもありますので、それなりに要求は高いです。

言葉にすると厄介に聞こえるかもしれませんが、そのようなサラリーマンは節度を持っているので実際にはしっかりと楽しませればあれこれ言ってくるような存在ではありません。
ですが金曜日や休前日がかき入れ時なのは風俗だけではありません。
特に飲食店にとってもかき入れ時なのです。
むしろそこでお客に利用してもらわなければ師勝問題に発展すると言っても過言ではありません。
また、サラリーマン側としても先の風俗の話同様、時にはアルコールを次の日を気にすることなく楽しみたいと思っています。
お酒は次の日にも残ってしまいますので、本当はお酒を楽しみたいけど次の日が会社だとそうもいかないと自重しているサラリーマンは多いのですが金曜日や休前日であれば自重の必要はありません。
この話は風俗には関係ないのではないかと思うかもしれませんが、関係大ありなのです。

なぜなら、飲み会の後に風俗を利用したり、あるいは酔っ払いの状態で風俗を利用するような男性もいるのです。
極度の酔っ払いであればお店側も通しませんが、普通に話していると思ったものの、次第にテンションが高まって行って酔いが回ってきたリというケースもあります。
そのような男性こそ何よりも厄介です。
このように、金曜日や休前日に関してはお客にお酒が入っている可能性がとても高いので、客層はお世辞にも良いとは言えません。
特に風俗街は得てして繁華街でもありますので、飲み会帰りにそのままの勢いで風俗へ雪崩れ込むサラリーマンたちの姿は珍しくありません。

深夜のデリヘルはどうだろう

夜では深夜のデリヘルはどうかといえば、こちらも様々ですが、大きく分類すると二つのパターンに分けられるでしょう。
一つは車でホテルに待ち合わせするタイプ。
この場合、客層は悪くはありません。
そもそも深夜に利用するのはそれ以外の時間帯に利用出来ないからなので、金曜日や休前日の深夜にデリヘルをというお客も多いです。
自分で車を運転しなければなりませんのでお酒も入っていません。
この手のタイプは客層としては悪くはないのですが、自宅に呼ぶお客に関しては注意が必要です。
なぜなら、自宅の場合お酒を飲んでいる可能性が非常に高いです。
特に金曜日や休前日ともなれば、先にもお話したようにお酒を飲まないブレーキをかける必要がありません。
軽く一杯のつもりが、「次の日も休みだし」とつい深酒してしまい、酔っ払いの勢いでデリヘル店に電話してしまうのです。
電話越しからは普通に話しているようだったので派遣してみたら酔っ払い客だった…なんてケースはとても多いです。
この手のタイプは自宅ということで気が大きくなっていたりしますので、少々厄介ですので、敬遠したいのであれば自宅はNGにするか、自宅派遣を行っていないデリヘルで働いた方が良いでしょう。

平日の夜が狙い目?

客層だけで考えるのであれば金曜日や休前日ではなく、平日の夜です。
お客の数は決して多くはないものの、このタイミングで風俗を利用するのは風俗に対してのこだわりが強いか、あるいは次の日も仕事なので自分にブレーキをかけているケースが多いのです。
羽目を外して狂喜乱舞…ではなく、節度を持って楽しむお客が多いです。
稼ぐのに向いているかと言えば、残念ながら向いているとは言えませんが、客層だけで考えるのであれば悪くはありません。

まとめ

時計風俗を利用する時間帯によって客層は大きく異なります。
やはりサラリーマンとしてもいろいろな事情がありますので、利用出来る時間帯とそうではない時間帯とがありますが、やはり注意すべきは金曜日や休前日です。
この時間帯はお客の数が一気に増えますので、その分質の悪いお客が多いのも事実です。
お酒の入っているお客を上手くあしらう自信があったとしても、想像以上に深酒していたり、酒の勢いを借りて横柄な部分が出てしまうお客もいます。
慣れていない時にはこの時間をさけて、比較的客層の良い時間帯を狙うのも良いでしょう。
夜の方が稼げるとはいえ、それだけいろいろなお客がいます。
昼はお客の数そのものは少ないとはいえ客層は良いので、早番でも入れるのであれば、慣れていない時には早番に入って、慣れてから遅番の方が良いでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました