風俗嬢を辞めたい。トラブルなく辞める方法はありますか?

入店そのものはそこまで難しいものではないものの、むしろ辞める時の方が面倒なんじゃないかとの声もある風俗の世界。
嫌なお客に当たってしまったり、思うように稼げなくなったり。
また、借金完済など当初の目的を果たすことが出来たので辞めたいと思うケースもあるでしょう。
そこで、風俗を辞める際、トラブルなく辞めるためにはどうすれば良いのかも知っておきましょう。

事前に連絡しておくのは鉄則

吹き出しこれが何よりも大切です。
急に「明日からもう来ません」「今日で辞めたい」というのは、風俗嬢云々ではなく、社会人として非常識と言わざるをえません。
風俗店側としてももしも辞められてしまったら、代わりの女の子を確保しなければなりませんし、予定が狂う部分もあるでしょう。
お店への不信感で辞めたいと思っても、そこはやはり最低限のマナーとして、なるべく早めに辞めると伝えておくべきです。
もしもですが、辞めると伝えたら急にお客を回してくれなくなるようであれば、その時はその時ですがまずは辞める一ヵ月くらい前には伝えておくのがベストです。
理想を言えば直接退店の意思を伝えるべきですが、切り出すのが難しいのであれば電話で退店を告げ、その後顔を合わせた時に改めて事後報告すべきでしょう。
電話だけで退店の意思を伝え、以降出勤しなくなるというのは夜の仕事だからと言っても非常識です。

トラブルになるケース

事前に退店の意思を伝えておけばトラブルに発展するケースはそうそうないのですが、それでも風俗店次第では辞めて欲しくないとのことでどうしてもトラブルに発展してしまうケースも考えられます。
単純に、水商売は女の子が生命線です。
お客としても「どんな女の子がいるのか」を求めているのであって、お店の設備を求めているのではありません。
自分好みの可愛い子、綺麗な子がいるからこそお店に通うのですし、極論すれば在籍している女の子がいなければ、風俗をはじめ水商売は営業することが出来ません。
どれだけ素晴らしい設備があって、料金設定が素晴らしいとしても女の子がいないお店にやってくるお客などいません。
つまり、お店にとって女の子がいなければ成り立たない一方でお店としての人気や知名度もありますので、人気によってお店としても「辞められたら困る」となるか「この子なら辞めてもらっても構わない」かに分かれます。

自分がどちらなのかによって、皮肉にも辞めやすさが出てしまいます。
あまり人気が出ていない場合、寂しいかもしれませんが案外すんなりと辞められます。
ましてや他に良い子がいる場合、お店側としも強くは引き止めないでしょう。
ですが人気がある場合は話は別です。
人気がある子がいなくなってしまったらお店は確実にダメージを受けます。
その子がいなくなった分、どうやって利益をカバーすればよいのか分からない場合、辞めさせたくないという意識が働いていますのです。
そのため、無理に引き留めようとしたりルールや法律だとか、女の子があまりよく分からないものを持ち出して「辞めるとかえって不利になるよ」といったスタンスを迫ってくるケースもあります。

毅然とした態度がコツ

辞めると告げる際、ポイントになるのが態度です。
「辞めようと思っているんですよ」と切り出すのではなく、「辞めます」と断言して告げるべきです。
なぜなら、「辞めようと思っている」と告げられたお店側としてはまずは辞めないよう説得します。
説得すれば何とかなるだろうと思えば、風俗店側としても必死で説得するでしょう。
ですが既に断固たる決意を持っているんだなと思えばお店側としても一応は説得はしますが、内心では「説得しても無駄かな」という気持ちになりますので、辞めやすいのです。
辞めると言葉にしても、態度から「実は迷っている」が透けて見えるとお店側としても辞めないよう説得しますし、ともすればお店側は「構って欲しいのだろう」くらいにしか思わず、適当におだてられて終わる可能性が高いです。
何を言われても辞める決意は変わらない。
このような固い決意で相手に伝えると良いでしょう。

無断での退店はあり?

旅行 女性どうせしっかりとした雇用契約を結んでいるでもなければ、雇用契約書だってない以上、バックレても良いんじゃないかと思っている子もいるのではないでしょうか。
日払いであれば、辞めても賃金を回収出来ないことはありません。
そのため、わざわざ面倒なことになるくらいであれば黙ってバックレても…と思うのも無理のない話ですが、これはあまりお勧め出来ません。
これこそ後々トラブルになる原因です。

場合によっては弁護士

堅苦しい話になってしまいますが、仕事は辞める自由もあります。
入店が自由なら、退店・卒業も自由です。
それでもお店側は辞めて欲しくないため、あれこれ言って辞めさせないよう仕向ける…。
「契約違反」「罰金」「違約金」といったように、言葉だけを聞いて女の子が辞めるのを躊躇してしまうケースもあるでしょう。
このような言葉が出てきて、更には自分でもどうすることも出来ないのであれば弁護士など法律の専門家に相談してみると良いでしょう。
仮にですが入店時に契約書を交えていたとしても、自分自身でどうすることも出来ないのであれば弁護士に相談すべきです。
また、「弁護士に相談してみる」と告げることでお店側が我に返るケースもあれば、逆に「やれるものならやってみろ」と開き直るケースもありますので、弁護士に相談する場合、相談する前にお店に伝えるのではなく、相談してから「弁護士に相談したら大丈夫だと言っている」と告げるようにしましょう。
先に「よく分からいから弁護士に相談する」「自分だけで判断出来ないので専門家に相談する」と告げて逆上され、あれこれ嫌がらせを受けるのはかえって面倒です。
退店したいのであれば、事前に辞めると伝え、期日が来たら終了。
それでも辞めさせてくれないようであれば相談する。
この流れが良いでしょう。

スムーズな卒業が理想

旅行 女性どうしても辞められないのであれば弁護士や専門家に相談するしかありませんが、出来ればスムーズな形での退店が理想であることは間違いありません。
なぜなら、出戻りのことがあるからです。
風俗を辞める時には「もう二度とこの業界に戻ってこない」と思って卒業していく子ばかりですが、実際には出戻りするケースがとても多いです。
金銭的なこともあれば、気分の問題もあるでしょう。
それまで、いわば刺激的且つ非日常的な空間に身を置いていたのです。
そこから普通の世界に戻るとかえって刺激が低い…と感じてしまうのです。
そのため、お金に困っているでもないものの、結局は出戻りしてしまう子もいます。
また、単純に失業してしまったので出戻りを考えるケースもあるのですが、風俗の世界は広いようで狭いです。
辞める際、致し方ない事情であったとはいえトラブルとなってしまったような女の子の評判は他のお店に届いてしまうこともあります。

まとめ

風俗を辞めたいと思ったら、まずは辞める意思を伝えるのですが、その際に「何を言われようが辞める」という決意を見せるようにしましょう。
「迷っている」という姿勢を相手に勘付かれたら当然ですが辞めさせてはくれないでしょう。
お店側のそのような姿勢がスムーズな退店を阻害し、トラブルの温床となってしまうのです。
辞めると決めたら有無を言わずに辞める。
このくらいの気持ちを持ちましょう。

オススメ風俗求人サイト

当サイトおすすめの優良風俗求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて! Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い風俗求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」! スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の風俗求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました