AV女優の仕事内容とランク毎に稼げるギャラの平均的な金額とは?

風俗嬢として既に働いていらっしゃる方も、これから働こうか考えていらっしゃる方も、AV女優という仕事に興味を持たれる方は多くいらっしゃると思います。
AV女優として活動することによって風俗で働く際に予想以上の待遇を受けることが可能となりますし、実際掛け持ちされていらっしゃる方は多いです。
しかしAV女優の仕事内容を具体的に分かっていないと、足を踏み出そうかどうか躊躇ってしまうと思います。

そういった不安を払拭するために、AV女優の仕事内容を詳しく調べてみました。
AV女優にはランクがありますが、仕事内容に加えてランクごとの平均的なギャラに関してもご紹介したいと思います。

AV女優の仕事内容

AV女優の仕事内容とランク毎に稼げるギャラの平均的な金額とは?どなたでもご理解いただけていると思いますが、大雑把に言ってしまうとAV女優の仕事内容はセックスをする事です。
その性行為を映像として納め、DVDやネット配信を利用して売り上げを立て、報酬を得るのが仕事内容と言えるでしょう。
風俗嬢との仕事内容で具体的な違いがあるとすれば、撮影されるという事と接客業ではないという事が挙げられると思います。
あくまで風俗業はお客さんに性行為を利用して気持ち良くなってもらうことが仕事です。

対してAV女優はセックスしている自分を見せることによって仕事を成り立たせます。
挿入しているように見せかけて実はしていなくても感じている演技をしなければいけないこともありますし、スカトロや凌辱モノのAVもございます。
プレイ内容が幅広くなる点も挙げられますが、主役は自分であり不特定多数の人が視聴者となります。
その分一回作品に出演するのにあたり手に出来る報酬は、1人のお客さんと性行為をおこなう風俗業よりも高くなるのは必然と言えるでしょう。

AV女優のランク

AV女優の方にもランクがございますが、三つに区分されることになります。
単体女優と企画単体女優、企画女優の三つです。
単体女優とは、テレビ番組に出るようなセクシー女優さんはこのランクに当てはまる方ばかりですが、一本の作品に自分だけが主役で出演することが出来る程の人気を博しているAV女優です。
プロダクションと専属契約をしていることから月に出演する作品数が限られますが、専属契約できるほどの知名度を誇りますので高額の利益をプロダクションも得ることが出来ます。

単体女優の方もそれに応じて一本出演するだけで高収入を実現できるようになります。
続いて企画単体女優ですが、知名度で言えば単体女優さんと大差ありません。
違いがあるとすればプロダクションと専属契約を行っていない関係から、月に出演することが出来る本数に制限がありません。
頑張れば頑張った分だけ稼ぐことが出来ますので、一本当たりのギャラが少なくても月給は単体女優を凌ぐことも可能です。

最後に企画女優ですが、撮影時に顔にモザイクを掛けている顔出しNGのAV女優や一人で出演しても売り上げが見込める程知名度が無い女優がこれにあたります。
素人モノの企画であったり、数人のAV女優を一つの作品に出演させて乱交モノのAVを製作したりするケースです。
当然ギャラは低くなりますが、大勢の中に紛れることが出来たり顔出しせずに済むことから身バレ対策は行えるメリットがあります。

AV女優のランク別ギャラ

棒グラフ上記でご紹介いたしましたランクの中で、最も出演作品一本当たりのギャラが高いのは当然ですが単体女優です。
平均的なギャラで調べてみたところ、低くても50万円から高いと数百万円のギャラを貰う事が可能となるようです。
続いて企画単体女優ですが、こちらも単体女優には負けますが一本当たり低くて20万円から、高いと80万円ほどのギャラが得られます。
ひと月に出演することが出来る本数に制限がありませんので、仮にギャラが50万円の企画単体女優でも10本の作品に出演することが出来れば月給500万円になります。

単体女優を越えることが可能となりますが、それほど多くの仕事を貰えるようになるまでの道のりは長いと考えて良いでしょう。
そして最後に企画女優ですが、こちらは最安の噂ですと一本当たりのギャラが3万円というのを見つけることが出来ました。
高くても20万円も貰えれば良い方の様で、やはりかなりの違いがある様に感じられます。
人気商売ではありますので人気を得られないといつまで経っても企画女優のまま出演することになりますし、反面身バレを気にして企画女優のまま出演を続けることも出来るでしょう。

何を優先して考えるかは個々人によって違うと思いますので、検討した上でどのランクを目指すか決めるようにしてください。
少なからず時給換算してみても、通常のアルバイトや風俗よりも稼げるケースの方が多くなると思います。

AV女優のメリット

風俗で働く際にAV女優として活動していると好待遇を受けられるというケースを冒頭でご紹介いたしましたが、その他にもAV女優として活動するメリットは多くございます。
まずは風俗店で勤務するよりも性病のリスクが低い事。
皆無と言っても過言ではありません。
セックスするのがAV女優もAV男優も仕事ですので、性病検査には人一倍気を遣っていることは間違いないでしょう。
続いて見られること自体がメリットになります。

AV女優に求められる容姿のレベルが上がっていることから、見た目に気を遣わなくては活動自体を打ち切られてしまう可能性があります。
そうならないためにもキレイでい続けることは必要不可欠な要素ではありますが、その美意識の向上が仕事でもプライベートでも良い影響を与えるのはメリットと言えるでしょう。
男性から言い寄られることも多くなると思いますし、キレイな女優の方が起用したいと考える方が多いのは明らかです。
ここまでキレイでいることが分かりやすく良い影響を与える仕事も少ないと思いますので、仮に給料から結構な金額を自分に投資しなくてはいけなくなったとしても、その分の見返りはあるのではないでしょうか。

AV女優のデメリット

No, マークしかしメリットがあればデメリットがあるのが世の常です。
AV女優で活動することがメリット尽くしであった場合、世の大半の女性がAV女優としてのデビューを目指すことになるでしょう。
挙げられるデメリットは身バレの可能性です。
特に有名になればなるほどメディアや雑誌への露出は不可避です。
親や兄弟、友人にAV女優として活動していることが知られてしまうのは、高額のギャラを手にするためには避けられないでしょう。

ただ、かなりの有名女優さんにならない限りは作品から身バレしてしまうケースは少ないと言って良いでしょう。
風俗の身バレと共通している部分がございますが、身バレの原因は自分自身の言動となる場合は大半です。
お金の羽振りが急に良くなったり、知人に話したことが広まってしまったり。
そういった発端で身バレすることになりますので、仮に「この女優さんに似てない?」と言われても動揺することなく流してしまえばバレることは無いでしょう。

男性でしたら特に理解が深かったりもするのですが、DVDのパッケージに映っている写真と出演している女優の顔が全然違う事は多々あります。
パッケージだけ見られてもバレる危険性は無いと思います。

まとめ

メディアや雑誌、動画配信など不特定多数の男性に見られオカズにされるAV女優はその分得られる報酬も大きいのがお分かりいただけたかと思います。
風俗嬢として働くよりもセックスにおける肉体的な負担が少なくなるようにも感じられますので、風俗ではなくAV女優を目指すのはその辺りを加味しても賢明と言えるかもしれません。
ただ、稼ぎ方に風俗嬢よりも確実性が無いのは確かです。
多少報酬が減ってでもコンスタントに報酬を手にしたいと考えた場合には風俗の方が向いていますので、検討材料として覚えておくようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました