デリヘルとソープのお給料を比較!どちらが稼げるか検証します

風俗で最も稼げる職種と言えばソープであることが有名ですが、実際のところデリヘルでも稼げる女性はたくさんいらっしゃいます。
ソープであまり指名が貰えない様な事態に陥ってしまった場合、デリヘル嬢よりも収入が少ないという事になるケースもあることでしょう。
指名数と回転数に大きな影響を受けてしまうことになりますが、デリヘルとソープの給料を比較してどちらが多く稼げるのか検証してみたいと思います。

お店のランクや地域によっても違ってきてしまいますので全ての方に必ずしも当てはまる訳ではありませんが、ある程度自身が風俗嬢として働く際の参考にしていただけますと幸いです。

バック率の違い

割合まず直接的に給料に影響を及ぼすバック率に関してですが、こちらはソープであろうとデリヘルであろうとお店によって違いがあります。
しかし、全体的な傾向から鑑みるにデリヘルの方がバック率が高いような印象を受けました。
ソープでは見つけることが出来ませんでしたが、デリヘルではバック率70%を謳うお店も多く、実際に70%のバックを受け取っている女性もいらっしゃるようです。
料金システムが低い分ソープと比べたら客単価が安くなることが多いですが、店舗を構える必要がないことから風俗嬢に還元できる金額をソープよりも高くすることが出来るのではないでしょうか。

バック率の平均値は50%から60%程度ですので、それ以下のお店で働いてしまうと損をすることになりますので覚えておくようにしてください。
また、こちらもお店によって違いがありますが、指名料やオプションにもバックが発生します。
この指名料のバックとオプションバックを全額貰えるお店も少なくはありません。
基本料金だけ折半という形を取り、+αの部分は全て風俗嬢の手に渡ることもあります。

反面、基本料金を少し高めにする代わりにオプションを完全無料にしているお店もございます。
その分客入りは良くなりますが、身体を酷使することになりますので、バックを考える際には指名料とオプションに関しても確認が出来るようにしておきましょう。

お店のランクの違い

線グラフ続いてお店のランクに関してですが、風俗店には格安店と大衆店、高級店の三種類のランクがございます。
その名の通り利用料金の違いが生まれるのですが、その分働いている風俗嬢が手にすることが出来る金額にも差が生まれます。
高級店で働くことが出来れば一人のお客さんを接客するだけで数万円のバックを貰うことが出来ますし、格安店では数千円です。
しかし、安直に高級店の方が良いとは言い切れません。

冒頭でも少し触れましたが、お店の客入りや回転率によっては高級店で働くよりも格安店で働いた方が稼げる場合もあります。
肉体と精神への負担が大幅に増えることになりますが、暇を持て余してお茶を引くような事態に陥ることがないのが格安店の一番のメリットと言えるでしょう。
逆に、とても美人の女性が格安店で働いてしまうと指名数が散ってしまったりフリーのお客さんが増えてしまうので、そういった方の場合は高級店で働けないか移籍を検討してみた方が良いでしょう。

デリヘルは格安店や大衆店ばかりで、高級店はほぼありません。
少なからず私が探した中には、高級店に値する料金システムのデリヘルはございませんでしたので、客単価に関して言えば確実にソープの方がプレイ内容から考えても高くなります。
お店のランクと業種、回転率をしっかりと理解した上で働くお店を決められれば、それが一番ベストだと言えます。

仕事効率の違い

単純なバック率の高さで言えばデリヘルの方が、お店のランクで言えば高級店が多く見受けられるソープの方が稼げるように思えます。
この二つだけだと判断が難しくなってしまいますので、上記に加えて仕事効率の違いをご説明いたします。
風俗嬢は基本的に時給制ではありません。
完全歩合制です。
その日に接客したお客さんが、支払ってくれた料金の内の何%かが報酬となり、雑費を引かれて手取りとなります。

その手取りを多くするためには、仕事の合間は無駄な時間と言わざるを得ません。
もちろんある程度の休息が取れる時間は必要だと言えますが、一日に8時間働いて3人の接客をした人と、8時間働いて6人接客した人ではコースが全て同じだった場合は報酬が単純に倍になります。

そしてその無駄な時間を最も無くすことが出来るのがソープや箱ヘルです。
店舗型であることからお客さんが来店してくれたらすぐにサービスに移ることが可能となります。
1人のお客さんの接客が終わった後も予約が入っていたり、繁忙期の場合は次々と接客することが出来るでしょう。

デリヘルの場合も繁忙期はございますし、予約を受け付けるお店もあると思いますが、形態がデリバリーである以上は限界があります。
お客さんが来てくれるのではなく、お客さんの元に行かなければ行けないからです。
稀にその移動時間も給料が支払われると勘違いされる女性がいらっしゃいますが、そんなことはありません。
もちろんプレイ時間もデリヘル嬢がお客さんと対面してから始まります。

あまりにも遠いところからデリヘルを利用される方はいらっしゃいませんし、そもそも断ることになると思いますが、それでも往復に30分かかってしまった場合はその30分でもう一人接客をすることが可能なお店もあるくらいです。
往復30分かかるお客さんを一日に4人接客するだけで、移動時間は2時間になります。
60分コースを2人接客することがソープでは可能になるのです。
お店の料金システムによるので一概にいくらの差が出るという形でご紹介することは出来ませんが、接客時間と移動時間を考えたらデリヘルの作業効率の悪さは検討材料に含んだ方が良いでしょう。

結局どっちが「良い」のか

天秤結論を出すとするならば、表題にある様に稼げるのがどちらかという結論を出す形になると思いますが、やはり一般的な認識の通りソープの方が稼げると思います。
しかし、どちらの方が「良い」のかと問われた場合は断言できません。
客単価も作業効率も確実にソープの方が良いと言えますが、客入りに関して言えば平均的にデリヘルの方が良いと思います。
あまりお金を持っていない様な若い男性でもソープよりデリヘルを利用する傾向にあるからです。

そしてソープでは本番行為を黙認されていますが、デリヘルでも多くの女性が本番行為を許してしまっているのが現状です。
利用する男性もそれを分かっているから、ソープへ行かなくても本番が出来ると考えてデリヘルを利用します。
どういった形であれ指名数を増やすために本番行為も中出しも黙認するくらいなりふり構わず働くのであれば、デリヘルの方が需要が多くお客さんを獲得できる可能性が高くなります。
NSのソープで働いても同じプレイ内容で待遇が良くなりますが、客入りの点でデリヘルに勝てるかどうか疑問が残ります。

どの辺りまでお客さんの要望に応えてあげられるか、許容してあげられるかでお客さんの獲得数は変わってくると思いますし、デリヘルで生ハメ中出しをさせてあげたとしてもリピートに必ずしも繋がる訳ではありません。
匙を投げたくなる気持ちになりかねませんのでそういった女性はソープで働いた方が心に余裕を持った状態で働くことが出来ると思いますが、何が何でも稼ぎたいと考え、尚且つ容姿やスタイルにあまり自信の無い方はデリヘルで頑張ってみても良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました