ホテトルは昔に流行ったバイト。現代では違法風俗でリスクあり

ホテトルと言う言葉を知っていますか。
〈ホテル+トルコ風呂〉の略称で、ホテルで待つ客の下へ女性が訪ねていく性的サービスのことです。
以前は公衆電話の側などに、業者の電話番号が書かれた紙が貼ってありましたが、現在ではスマホや携帯の普及によって、急激にその数は減りました。
現在、ホテトルは違法風俗店と言う位置づけのため、営業することができません。
が、表立ってはいないだけで、確実に存在しています。

ホテトルとは一体、どんなものなのか、説明していきます。

ホテトルとは?

質問ホテトルは、昨今の様に携帯が普及していなかった1980年代には既に存在していました。
かつてマンションでサービスを行う「マントル」なるものがあったのですが、派遣先がホテルに変わったことで、そのまま「ホテトル」と言う呼称が用いられ始めました。
ホテトルを利用するには、派遣先の業者に連絡が必要です。
ラブホテル近くの電話ボックスに大量に貼られた小さいチラシ、そこに書かれた番号に電話をかければ良いだけです。

連絡を受けた女性は、ラブホテルやビジネスホテルで待機する男性客の下へ出向いていって、セックスを行います。
無店舗型であったことに加え、激安料金で性行為が出来たために一時期、その数は急増しました。
ですが、警察による取り締まりが厳しくなった結果、一気に減少することに。

ホテトルとホテヘルやデリヘルとの違いは?

デリヘルやホテヘルが「本番禁止」であるのに対し、「ホテトル」は「本番ありき」。
ヘルスは基本的に、本番行為を禁じていますが、ホテトルは本番こそがウリのサービスです。
中には生で中出し可能の業者もあったそうです。
現在、ホテトルはヘルスと違って法律違反です。
営業すれば違法営業として摘発されてしまいます。
ホテトルへの規制が厳しくなった当初、業者はヘルスなど合法的な業態に転換する事で存続し続けていました。

ホテトルが違法である理由

ホテトルの「トル」とはトルコ風呂、すなわち「ソープランド」の旧称です。
ソープランドは「特殊浴場」として警察からの認可をうけた業態です。
同様にヘルスも営業には厳しい認可を受けねばならず、本番行為は認められていません。
ホテトルが違法行為であるのは、言わば売春行為に等しいから。
「管理売春」と呼ばれる部類に入り、売春防止法で禁じられています。
註:管理売春とは、売春の強要・斡旋等を行い、売春を管理する事。
管理者が売春行為をする者を管理下に置くなどして組織的に行われる売春行為を指す。

お金ホテトルは今も昔も、暴力団などの資金源であることは変わりません。
それに加え、不特定多数のホテルで行為が行われるため、取り締まりが難しいのが実態です。
現在ではもっぱら、三流新聞の広告欄や、出会い系アプリなどが主な集客手段となっています。
ただ、違法と言うだけであって、女性は何ら罰則を受けません。
経営者など店の運営に携わった者は逮捕されますが、女性は「保護」されるべき対象、と言うのが法律のスタンスです。
せいぜい軽くお説教程度で済んでしまいます(だからと言って、安易にホテトルに携わっても良い訳でありません)。

ホテトルにおける問題点

個人営業しているホテトル嬢の存在

出会い系サイトや出会い系アプリには、ホテトル嬢が多数登録しています。
店舗からの派遣ではなく、あくまで女性個人で売春していると言う訳です。
先の管理売春に対し、こちらは単純売春と言います。
単純売春は管理売春と同じく違法ですが、警察に見つかっても「逮捕」とはなりません。
あくまで「保護」されると言うのが売春防止法の考えです。
売春を行った女性は、いわゆる「社会的弱者」としての立場と位置付けられる訳です。
註:単純売春とは、女性が自らの意思により個人で行う売春行為のこと。

個人で働く場合も違法ですが、街中でホテトルのスカウトを受けた場合は絶対に拒否しなければなりません。
合法的な風俗店の場合と同じく、路上やSNSでスカウトマンから勧誘されることがあります。

年齢詐称のホテトル嬢も

18歳未満であれば、問答無用で性産業に従事する事は出来ません。
ですが、ホテトル嬢の中には15,6歳などの女性がいるのも事実。
18歳に満たないと知りつつ女性を雇う業者もいます。
ホテトルはそれ自体が違法ですが、それに加えて適齢ではないと知りつつ業者も業務に従事させているケースが、過去には多かったそうです。

ホテトル嬢は病気持ちが多い

不特定多数の男性と交渉を持ちながら、必要な検査を受けていない女性が多いのも特徴です。
これはホテヘルなどにも言える事ですが、自身の健康管理は本人任せであるため女性自身も、そして男性にとっても非常にリスキー。
病気まみれの女性はザラに居ます。

ホテトルの経営には暴力団など反社会的組織が関与

無店舗かつ合法的な業態でない(無許可や未届出)ことから、暴力団などの格好の資金源ともなっています。
無店舗型で開業資金も不要な事から、隆盛期には多くの業者が乱立していました。
そのため、大量の金が暴力団に流れていたそうです。
今でもホテトルが存在していられるのは、頻繁に電話番号や業者名を変えるなどして警察の目を逃れているから。
摘発が進まないのは、おそらくこれが最大の理由でしょう。

売春と自由恋愛の区別が難しい

恋愛警察の取り締まりは効果を上げたものの、それでも根絶には至りません。
その理由は、一見してその行為が「売春」であるのか、それとも「男性との自由恋愛の結果、行為に及んだのか」が判然としないからです。
ソープなどと同じく、あくまで客と女性従業員との恋愛関係の結果、と言うのが位置づけなので、外見から明らかに売春行為であると認定しづらいのが本音。
現行犯など、明らかに売春だと言う証拠がとれない以上、摘発するのは難しいのです。
加えて、日頃から女性と業者との繋がりが薄い様な場合、それをもとに摘発するのはもっと困難なのです。

ホテトル嬢の給料

ホテトルの給料については、詳しい事は分かりません。
従って相場も見えてきません。
反社会的組織が関わっているとなると、女性の稼ぎの大部分を搾取していることが考えられます。
出会い系等で客を募る個人営業のホテトルにしても、1回あたり幾ら支払われるのかは、客との値段交渉によって変動します。

ですが、個人営業で稼いでいる場合、かなりの額を受け取っていると考えられます。
交渉する男性の人数によりけりですが、低くても2,3万円は稼いでいると思われます。
仮に援助交際の例で話すなら、相場は10代後半で2.5万円、20代前半で2万~2.5万円、20代後半で1.5万~2万円と言った感じです。
年齢が上がるにつれて金額は減る傾向にありますから、ホテトルの場合でもおそらく同じではないでしょうか。

まとめ

ホテトルは完全になくなった訳ではなく、今でも僅かながら存続しています。
無店舗型ゆえに、店と派遣される女性との関係が希薄で、かつ売春行為そのものが未だ多く存在していることから、完全に根絶することは不可能かと思われます。
ホテトル自体が違法ですが、暴力団が関わっているとなれば尚更、関係を持ってはいけません。
バイト感覚で手軽に始められる風俗の仕事。
応募するのは簡単ですが、雇い主は果たして合法的に事業を行っているのでしょうか?
風俗の仕事を始めるなら、ある程度の法律知識をつけておくべきでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました