体験入店ならキャバよりセクキャバの方が日払いあるしオススメ

夜のお仕事なら、まずは体験入店(体入)をしてみるのが安全です。
キャバクラやセクキャバは特に仕事柄、体入の制度を用意してあることが多いで利用しましょう。

重要なことですが、体入でも給料が払われることがあります。
もしも、どちらに対しても抵抗がないのであれば、セクキャバの方から体入することをおすすめします。
スムーズに日払いにしてくれる可能性が高いです。
本文ではキャバクラとセクキャバの違いを紹介した後に、体験入店のシステムについて説明していきます。

キャバクラとセクキャバの違い

体験入店ならキャバよりセクキャバの方が日払いあるしオススメキャバクラとはキャバ嬢(古くはホステス、店側の呼称はキャスト)が隣に座り、飲食の接待を行うお店です。
セクシーなドレスを着ていることが多いですが、一般的に性的なサービスは行っていません。
一方で、セクキャバは身体へのタッチや愛撫が許されているお店です。
女の子の胸を触れて、キスまではできるキャバクラと考えてもいいでしょう。
性的サービスそのものは提供していません。

セクキャバがどこまで許されるかは、実は地域差によるところが大きいです。
例えば、どこまで触っていいのか、服を脱がしていいのか、などは許容範囲に大きな差が生じます。
これらはお店の決まりに従うことが絶対です。
さて、男性客がなぜキャバクラに来るかといえば、女の子にちやほやされたいからです。
かわいい女の子達にいい気持ちにさせて貰い、楽しくお酒を飲むお店が本来の意味でのキャバクラです。
キャバ嬢たちはある種の接客のプロ、専門職でもあるので、割高の料金体系を取っています。

一方で、セクキャバはどうでしょうか。
楽しく飲みたいのなら、キャバクラへ行くでしょう。
ここへは他の欲求を満たしにお客さんが来るのです。
セクキャバでは本格的な性的サービスは提供しません。
ただし、キャバクラに比べ女の子とお客さんの距離が近いです。
正確には、擬似恋愛を楽しみやすいのがセクキャバでしょう。
セクキャバは例えば、仕切りで区切られたスペースでの1対1のサービスであったり、キスや愛撫までは、トークから雰囲気を楽しみながら移行できたりと、擬似恋愛を接客に入れ易いつくりになっています。

特徴としてどちらのお店もお金関係のシステムが複雑です。
お客さんの支払いに関しても、女の子へのお給料に関しても、お店ごとにいろいろなシステムがあります。
また、お客さんへの接客業であり、お客さんをどれだけ掴んでいるかが、お給料にダイレクトに反映されるでしょう。
どちらも風俗営業に当たります。
働こうと考えた場合は体験入店(以下、体入)を利用しましょう。
独特な雰囲気に触れて、そのお店でやっていけそうかを確認するのが体入の目的です。

体験入店の日払いについて

お金キャバクラであれ、セクキャバであれ、体入分のお給料は時給換算をした上で、日払いで払ってくれるお店が多いです。
ただし、この日払い分のお給料に込められた意味には、多少の違いがあります。
体入は面接の後に行われることが多いです。
先に「体入はお店の雰囲気に慣れるためのもの」と書きましたが、お店側からすると「女の子が働いていけるかどうか」の最終確認をする機会にもなります。

特にキャバクラは、体入を本入店に備えた新人研修の一環のように捉えています。
キャバクラでも日払いをしてくれるところはありますが、これは本入店を期待してのことです。
お給料の日払いを目当てに、キャバクラの体入を繰り返すことはおすすめできません。
キャバクラの体入は本入店に向けてのシステムですから、お店側から満足がいくような働きをした女の子には本入店の誘いがあります。
正確には、これが体入の本命の目的なので、スムーズに体入が終われば当然、本入店後の勤務内容の話が持ちかけられます。

そのままお店で働くのであれば問題にならないのですが、あくまでも体入の日払い目当てで来ている場合はトラブルの原因になります。
お店側からは「体入荒らし」に見られるからです。
もちろん、そのお店側からもいい顔はされませんし、荒らしの情報はその地域に伝わってしまう可能性があります。
体入が出来なくなるだけでなく、余計な人間関係上のリスクを背負いかねません。
このようにキャバクラにおいては、その気のない体入がトラブルの原因になる可能性があります。

また、日払いのお金についても、雇われた後のお給料に合算して支払われる可能性もあります。
つまり、本入店しないと、もらえない可能性もあるということです。
逆にセクキャバの方は、女の子不足のところが多いです。
どこのお店も女の子が足りないため、短期勤務も歓迎されています。
キャバクラよりも歴史が浅いからか、今は高級志向に押されているわけでもなく、もっと気軽に売り出し回転率を上げています。
つまり、お店としては女の子がいれば、いるだけ嬉しい状況です。
体入もキャバクラと比較して断られにくいです。
キャバクラと比べるとセクキャバの体入はトラブルになりにくく、日払いのお金を貰うこともスムーズに運びやすいです。

体験入店のお金の仕組み

セクキャバに体入した時に気になるのは、自身の手元に入るお金の話でしょう。
セクキャバの体入時の時給は、3500円から5000円の間くらいです。
都市部と地方で差があります。
新人の時給が3500円から4000円くらいであると考えると、同じかやや高いくらいの金額を払ってくれます。
もちろん、セクキャバですから時給以外にもお金が入るシステムがあります。
指名料やドリンクバックなどの要素です。
1日入店だけだと機会はあまりないかもしれません。

体入期間は1日から3日が多いです。
希望によって延長してくれますが、2日以降は減額される例もあります。
これは、体入だけ続けられるとお店側の負担が大きいからです。
体入するなら、余計な雑費がかからない所がいいです。
ドレス代をお給料から引いているところもあります。
本入店後なら納得できますが、体入の時はドレス代やヘアメイク代も無料のところから探しましょう。

体入時に見るべきポイント

チェックリストもしも本気でセクキャバで働こうと考えた場合に、チェックしておいて欲しいポイントをあげます。
まずは、どれくらいのお客さんが集まっているかです。
回転率が悪ければ、お給料もそこそこで止まってしまいます。
時給も大事なチェックポイントです。
新人の期間がどれくらいなのか、その間は時給いくらなのかも確認しましょう。

また、セクキャバのお金の仕組みはとても複雑です。
これも自身のお給料に関わる部分は、確認しておきたいところです。
さらにはお店独自のシステムもあります。
新人時代に負担が多そうなシステムなら見送ったほうがいいかもしれません。
そして、一番大事なのは提供するサービスの内容です。
これがお店によって本当に違ってくるので、必ず確認するようにして下さい。
これに関しては体入の前にはチェックしておきましょう。

体入ならセクキャバがおススメ

キャバクラと比べると、セクキャバは比較的軽い気持ちで体入出来ます。
キャバクラの体入の制度はお店側にとっては、本気で働き始める前の新人研修に近いものがあります。
面接をクリアした人は出来れば雇いたいという考えで、体入してもらっています。
しかし、セクキャバはお店側も、「なにが何でも働き始めてほしい」という雰囲気ではありません。
もちろんあまりに度が過ぎる行為はNGです。
まったく本入店を考えていませんという雰囲気は出さないようにしましょう。

セクキャバは体入で終わりにしてもOKですが、キャバクラでは体入荒らしと見られる恐れがあり、余計なトラブルのもとになります。
体入だけで終わっても、スムーズにお給料の話に進むのがセクキャバの特徴です。
提供するサービス内容に抵抗がないようでしたら、セクキャバの体入がおすすめです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

セクキャバ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました