デリヘルの営業時間で「ラスト」って書いてあるけど何時なの?

デリヘルのホームページや求人を見てみると、「ラスト」と書かれていることがあります。
営業時間が終了することですが、具体的に何時に終わるのかはわかりません。
では、デリヘルのラストって一体何時なのでしょうか?

デリヘルの営業時間って何時までなの?

質問ヘルスには、店舗型とデリバリー型があります。
後者のほうはデリヘルと呼ばれており、馴染み深いという人もいるかもしれません。
ようするに、お客さんが店へ来るか、風俗嬢がお客さんの元へ行くかの違いです。
しかし、この二つは営業時間が大きく異なっています。
風俗には、風営法という法律があります。
とてもあいまいで、わかりにくい法律なのですがこれを守らないと罰せられたり、最悪逮捕者が出たりします。
警察の取締は厳しいので、店側は厳守しなければなりません。

店舗型風俗店は営業終了時間を設けなければなりませんが、無店舗型の風俗店は営業時間の規制がないそうです。
なので、24時間営業も可能となっています。
ただ、普通の飲食店などとは違い、店舗型のヘルスはラストの時間が一応24時になっていますが、あまりしっかり決まってません。
客足にもよるので、24時よりも早めに閉まることもあります。
この違いを踏まえた上で、働く店選びをしましょう。

24時間営業の店で働くメリットとは?

24時間営業の店に働きに行くメリットは、働きやすいということです。
無理して昼から働きに行く必要はないので、ダブルワークなどが可能です。
本業の時間が不規則な人からすると、ありがたい仕事でしょう。
また、本職として働く場合も好きにシフトが決められますので、無店舗型は人気なようです。

また、夜働けるのならできるだけ深夜帯にシフトを入れるのもおすすめです。
繁華街などにある店なら、酔ったお客さんがその足でお店まで来てくれることもあるからです。
そうすると、24時で閉まる店舗型風俗店よりデリヘルのほうが稼ぎやすくなります。
ただし、派遣される対象エリアを考慮しないと、移動時間が長くなってしまうことがあります。
墓外周辺のみとなっている店を選ぶことが一つのポイントでしょう。

昼職や掛け持ちをしたい人にもおすすめ

どちらかというと、夜のほうが客足は多いようです。
夜の仕事と呼ばれるだけのことがあるのかもしれません。
なので、昼間は別の仕事をしている人や、別のバイトなどを掛け持ちしている人も24時間営業のデリヘルをおすすめします。
自分の好きな時間で働けるのは、なによりもメリットに感じるはず。
学費を稼ぎたいという学生さんも、視野に入れてみてはいかがでしょうか。

無店舗型風俗店のデメリット

Noしかし、無店舗型の風俗店にもデメリットはあります。
それは、本番を強要される可能性がかなり高いということです。
やはり、お客さんとしては気持ちよくなってきたら、最後までしたいと思うものです。
しかし、ルールはルール。
ソープ以外の店では原則本番は禁じられています。

店舗型だと、本番を強要されてもスタッフに助けを求められますが、ホテルに派遣されるデリヘルだと、そうはいきません。
なので、頼まれたら断れない人や、気が弱い人にデリヘルはあまりおすすめできません。
また、デリヘル以外の派遣型の業種も同じデメリットが生じてしまいます。
店側にバレると最悪クビにされてしまうこともありえますので、気をつけましょう。

また、デリヘルの弱点は顔バレする可能性が高いというところでもあります。
店舗型だと、モニターを見て確認できますが、デリヘルはホテルで初めて合うのでそうはいきません。
行ってみると、自分の知り合いだったということも十分にありえます。
そうなってしまうと、噂は広まりますしその地域に居づらくなってしまうでしょう。
顔バレを避けたいのなら、店舗型で働くか、地元以外の場所に働きに行くかの2つが無難です。
出稼ぎに行くのも一つの方法です。

いいデリヘル店の探し方

いいデリヘル店で働くためには、まず地雷店でない店に行くこと、そして客層が大切です。
前者はとても大事です。
デリヘルでは風営法により、本番が禁止されていますが、店側が強要してくることがあります。
そういった店に勤めてしまうと厄介です。
また、客層も働く上では重要視するポイントの一つです。
いくらいい店に入店できたからと言っても、本番を強要してくる客ばかりでは精神的にも持ちません。

とりあえずは、この2つを最重要ポイントとしてとらえましょう。
そうするためには、口コミやお店のホームページを見ることが大切です。
お客さんの口コミを見る理由は、本当の店の状態がわかるからです。
概ねいいことが書かれていたら、まずは信用してもいいでしょう。
店のホームページを見る理由は、ダミー求人でないか確認するためです。
架空の店のホームページを作って風俗嬢をもっと過酷な店で働かせる店が中にはあります。
そういった悪質な店に引っかからないためにも、ネットでチェックしておきましょう。

いきなり本入店はしない

いきなり本入店してしまうと、地雷店だった場合損をしてしまいます。
なので、必ず複数の店に面接に行き、体験入店をしましょう。
そうすると、自分に合った店が見つかるでしょう。
また、中には保証をつけてくれるところもあります。
保証とは、最低金額を支払ってくれるシステムのことです。
これをつけてくれるということは、店があなたに期待しているということでもあります。
こういったシステムを狙うのも一つの手段でしょう。

デリヘル嬢の本音とは?

質問普通の仕事と違って、自由に勤務できる風俗。
髪型もネイルもタトゥー(一部ではNG)もOKな場所なので、女の子からすると夢のような職場に思えるかもしれません。
しかし、現役もしくは引退した風俗嬢は、この仕事が嫌いなことも多いようです。
まず、大半の人がお金が理由ではじめています。
お金を稼ぐために仕方なく…という人が多いので、いやいや勤務していると精神的におかしくなってしまうことも少なくありません。

また、デリヘルを含めた風俗では、やはり性病にかかるリスクもあがってしまいます。
治る病気ならまだマシかもしれませんが、HIVなどに感染してしまうとひとたまりもありません。
月1回、性病検査は行われますが、それは発見するためのものであって予防するためのものではありません。
そのリスクを背負うからこそ金額は高いのでしょう。

そして、なによりも辛いのが好きでもない人と性行為をしなければいけないということ。
得に、彼氏ができてしまうと後ろめたい気持ちになってしまう人は、多いようです。
なので彼氏ができた途端、バックれる人も少なくないとか。
ただなんとなく風俗をやっている人なら問題ありませんが、そうでないのならかなり厳しい話です。
結局は、出戻りしてしまうこともあるでしょう。

こういったことから、精神的に病んでしまう人も少なくない風俗。
働きやすいからと安易にデリヘルに手をだすのはあまりおすすめできません。
風俗には、かなりライトな業種もあります。
オナクラやエステサロン、マッサージ店などがそれにあたります。
手コキが基本な業種なので、デリヘルで病んでしまったのなら、そういった業種に変えるのもいいかもしれません。
いろいろなリスクはありますが、お金が早急に必要ならデリヘルに勤めるのも悪くありません。
一生懸命頑張って、お金を稼ぎましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました