箱ヘルでは個室待機のお店では出勤調整や集団待機になる事も…

箱ヘルはデリヘルと違い、店舗内でのサービスを行います。
そのため女性は部屋の数までしか働くことができません。
基本的にはプレイルームで待機ということになりますが、出勤した女性が部屋の数よりも多くなる場合は集団待機。
もしくは出勤調整が行われます。

集団待機はともかく、なぜ出勤調整が行われるのでしょうか。
ここではその理由と、待機方法それぞれのメリットとデメリットをお伝えします。
働く上で、ひとつの参考にして下さい。

出勤調整する理由

手帳お店は人気のある女性に働いてもらいたいと考えています。
店舗型のヘルスの営業時間は法律で決まっているので、24時以降は営業することができません。
その限られた時間と部屋数で利益をあげるためには、回転を良くするのが何より効率的なのです。
絶え間なく指名の入るような人気のある女性を優先するのは、経営をする上ではある程度仕方のない面があると言えるでしょう。

ですが、その出勤調整があまりにもひどくなった場合。
そうなってしまったときは、別のお店で働くか卒業を考えることも必要になってきます。
女性が自分から辞めていくように出勤を徐々に減らしていく悪質なパターンもまれにあります。
出勤する当日にシフト変更で休みを要請するような店舗で働き続けても、それに見合った待遇が得られるとは考えにくいです。
スッタフからそうした待遇の差を付けられてしまうと印象を変えるのは非常に困難です。
働けるお店は1つではありませんので、精神的な負担になってしまう前に新しい所を探しましょう。

出勤調整=悪質ではない

ですが、あえて出勤調整をして個室待機の体制をとるお店もあります。
集団待機は女性同士でのトラブルがうまれることがあるので、それを避けるためです。
そういった人間関係のトラブルでお店を辞めるのは、ほとんどの場合が人気のある女性です。
人気の出る女性には理由があるので、たとえ他のお店へ移ったとしても人気が出る事が多くあまりためらうことがありません。
お店と女性、双方のリスクを考えた上での対応ということだと言えるでしょう。

集団待機のメリットとデメリット

No, Ok多くの風俗店でこの待機方法が使われています。
デリヘルやホテヘルに多い待機方法ですが、箱ヘルでも例外ではありません。
ですが人間関係のわずらわしさなどが理由で、あまり女性からは好まれない傾向があるようです。
ただ、この方法にも複数人で過ごすならではのメリットも存在しています。
集団待機のお店でも管理体制が整っていれば快適に過ごすこともできるので、面接のときに覗かせてもらうのも良いでしょう。

メリット

風俗で働き始めたばかりの初心者のうちは、なにかと分からないことがつきものです。
ですが風俗での悩み事をプライベートの知り合いに相談するのは難しく、同じ女性同士にしか分からないことも多いのではないでしょうか。
アドバイスをもらったり情報を共有できる機会はとても貴重です。

お店が暇な時間での個室待機はストレスになることもあります。
お互いに干渉しなくても誰かが居るというだけで、気分はかなり変わります。

デメリット

複数人で過ごすことで、人間関係のトラブルが起きてしまうことがあります。
仲良くなったとしても、ルールやマナーはしっかり守るようにしましょう。
風俗で働く女性は、極端な性格であることがやや多いです。
トラブル後に困ったことにならないよう、不用意に個人情報は教えないように気を付けましょう。
また、日によってはなかなか自分が呼ばれないこともあります。
他の女性との差を感じてしまい、意欲がなくなってしまうかもしれません。

良い面も悪い面もある集団待機ですが、スタッフに相談すれば近所のカフェなどで待機させてくれることもあります。
個室待機だけを条件にしてお店選びをしないで、まずは相談してみましょう。
出勤数が多いと集団待機になるお店でも、入店したばかりの新人期間中は優先して個室を当ててもらえることもあります。
待遇について気になることは確認するのが大切です。

個室待機のメリットとデメリット

ソファ人の目があるとゆっくりできないので、一人を選びたいという女性は珍しくありません。
仕事以外の時間をマイペースに使うことができるので気楽ですが、やはりこちらにもデメリットはあります。

メリット

プライバシーがある程度は確保されているので過ごしやすいのが一番のメリットと言えるでしょう。
同じお店で働いていても、苦手に思う人がいるのはよくあることです。
人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性も低いので、落ち着いて仕事をすることができます。

自分の空間なので、他の女性が部屋を汚したままということもありません。
無店舗型にしても店舗型にしても、ヘルスはお金を稼げる仕事ですが、体力も気力も思った以上に必要だと実感することはないでしょうか。
個室待機は接客以外の時間を自由に過ごせるので、すっきりと頭を切り替えられます。
質の良いサービスの提供をするためにも、ゆとりをもった気分になれるのは大きいです。

デメリット

一方で、1人ということによるデメリットも存在します。

人気のあるお店でも、時間帯によって客足が伸び悩むことはどうしてもあります。
箱ヘルでの個室待機はプレイルームになることが多く、その部屋で長時間1人で待機することになってしまった場合に精神的な負担を感じやすくなってしまう場合があるのです。
部屋の大きさはお店によって違いますが、窓があるわけではないので鬱々とした気分になってしまう女性がしばしばいます。

またプレイルームでの個室待機ではない場合は、大部屋を仕切りで区切っただけのこともあるので雑音やタバコの臭いが気になるといったこともあります。
個室待機というお店であっても、事前にどういった部屋なのか確認させてもらいましょう。

個室待機をできる理由はお店によって違います。
部屋の数よりも女性の出勤数が少なくなれば個室待機ができますが、常にそうした状態で出勤数が少ないというのは理由があると考えられます。
待遇が良い店で女性が足りないということは、まず無いと言えます。
単に部屋数が多いので個室待機が出来るということもありますが、部屋が余っているようでは人気店とは言えないでしょう。
出勤調整をしているのか、部屋が余っているのか。
スタッフに聞くことは難しいですが、働く前に評判はチェックするようにしましょう。

まとめ

以上のように、集団待機にも個室待機にもそれぞれメリットとデメリットがあります。

箱ヘルは格安店が比較的多いので、利用客の入れ替わりが多いです。
引っ切り無しに接客をするような日もあるので、集団待機であっても待機時間自体はほとんどないという場合もあります。
出勤調整されることもあまりないので、数を多くこなせる可能性は高いのは大きなメリットと言えるでしょう。
個室待機はプライベートは確保されますが、出勤調整をされることもしばしばあるのが実情です。
けれど職場の人間関係で悩む可能性は減るので、あまり同業者とのコミュニケーションは取りたくない女性には向いていると言えるでしょう。

ですが、いずれにしても待機方法だけでお店を選ぶのは得策ではありません。
気になるポイントであるのは確かですが基本的にヘルスでの仕事は接客です。
待機方法が苦手だからと良質なお店を敬遠してしまうのは勿体無いので、実際の部屋を確認させてもらったりして雰囲気を調べた上で働き始めてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました