風俗業界にも忍者(覆面調査員)は存在する!普段から気をつけよう

風俗業界にまだあまり慣れていない女性の場合、忍者という言葉を初めて聞いたという方も多いと思います。
風俗業界で忍者というのは、風俗嬢のサービスの質を調べる覆面調査員のことです。
この記事では、忍者とはどういうことを行う人なのかということと忍者を見抜くコツについてご紹介します。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

風俗店の「忍者」って何のこと?

忍者忍者とは風俗店でよく使われる隠語で、覆面調査員のことです。
例えば飲食店などでも覆面調査員やミステリーショッパーと呼ばれる仕事があり、お店の人には内緒でそのお店のサービスの質について調べることがあります。
風俗でも覆面調査員の仕事は同じで、風俗嬢には秘密で来店をしその風俗嬢のサービスチェックをします。
覆面調査員を雇うのはお店の経営者や店長です。
風俗嬢のサービスというのはどうしても個室で行われることが多く、お店側は直接見ることが出来ませんので把握するのは困難です。
しかし風俗嬢なサービスの質はお客さんの満足度に直結しますし、お客さんが満足していなければ指名を返させることもできません。
だからお店は忍者を雇ってひっそりと送り込むのです。
ちなみに忍者として雇われるのは、同じ系列店の従業員や店長の知り合いなどになります。

忍者がやってきたとしても何か特別な要求をするわけではなく、普通のお客さんのフリをしているのでいつもと同じようなサービスをすることになります。
その結果サービスの質が悪くなければ特に問題はありませんので、忍者を必要以上に恐れる必要はありません。
そもそも風俗嬢というのはお客さんを満足させなければ指名を取ることができず稼ぎにくい職業なので、普段から良いサービスを心がけるようにしましょう。
もし忍者が入った結果サービスの質が悪いと判断されてしまうと、お店から罰を受ける可能性があります。
後からお店から忍者が入ったことを明かされることもありますし、忍者が入ったとは告げられずに普通のお客さんからのアンケートで悪いことが書いてあったというような言われ方をすることもあります。

サービスの質が悪いということですので当然、サービスについて説教や指導が入ります。
あまりにも忍者の調査結果が悪い場合には、フリー客をつけてもらいにくくなったり出勤調整をされるなどお店から干される可能性もあります。

忍者を見抜くコツ

もちろん普段から良いサービスを心がけていればあまり心配はないのですが、やはり忍者が訪れた時には普段にも増してしっかりと接客した方がいいので、忍者を見抜くコツについてご紹介します。

入店初日のトップバッター

1, 番号実は忍者が最も訪れやすいと言われているのは、お店に入店した初日の最初のお客さんです。
最初に訪れたお客さんが数カ月後に系列店の店長だったと気づくようなことも多いようです。
当然面接などでその女性がどういう接客をするのかということについてお店はある程度把握していますが、結局プレイをしてみなければどういう接客をしているのかわかりません。
そこで新しく入店した女性の最初のお客さんに忍者を送り込むというお店は多いのです。
もしそこであまりにもサービスが悪ければ早めに干してしまったりクビにしようということです。

お店に入って最初のお客さんが忍者だというのは風俗業界ではかなり当然のことなので覚えておきましょう。
そして最初のお客さんが忍者であることが多いというのはあまりにも知れ渡っているので、少しずらして二人目のお客さんや二日目などに忍者を送り込むこともあります。
だから新しいお店に入った場合には最初の一週間程度は特に注意して良いサービスを心がけるのがよいでしょう。

事務的にプレイをする

忍者は風俗嬢のサービス内容を調べる必要があります。
事細かに調査をする必要がありますので、例えばフェラだけにこだわって延々とフェラをさせるというようなことはありません。
遠くから始まりキスやフェラ、クンニなど風俗嬢がお客さんを責めるプレイも、お客さんが風俗嬢を攻めるプレイも一通りやろうとします。
大体の男性は何らかのこだわりを強く持っているもので、やたらとおっぱいを触りたがったりキスが長いというのがむしろ普通です。
そのようなことがなく全てのプレイを均等にしっかりと事務的にこなそうとする人は忍者の可能性が高いでしょう。

接客態度を観察している

忍者が見るのはプレイだけではなく、接客における言葉遣いや心配りなども見ています。
だから例えば最初に入店した時の挨拶の様子など風俗嬢の所作をあまりにも凝視しているように見える場合は忍者の可能性を疑いましょう。
ただし最近ではインターネットのレビューなどを書くためにやたらと風俗嬢を観察して点数をつけたがるお客さんも多いため、忍者のように思えたけど実はレビューを書くために必死で観察しているだけだったという場合もあります。

いきなり裏引きの交渉をしてくる

お店を通さずにお客さんから風俗嬢が直接お金をもらう裏引きは、風俗業界の中でも最大の御法度と言える行為です。
裏引きをしている風俗嬢を見つけた場合お店は問答無用でクビにします。
そして忍者の調査項目として裏引きに応じるかどうかというのが入っていることも多いのです。
だいたいお店を通さずに直接「お店の外で会おうよ」などと交渉してくるお客さんは基本的にまともではありません。
店内では優しくても、店外であうと嫌なプレイを強要してきたり、盗撮されて脅されてしまうような可能性もあります。
そういった誘いについては普段から誘惑されることなく全て断ることを心がけましょう。

「本番できない?」と聞いてくる

質問デリヘルなどの本番禁止店の場合、忍者が本番を誘ってくる場合もあります。
本番を容認しているようなお店ではない限り、本番してしまう風俗嬢というのはお店にとっては困った存在です。

たとえお店全体として本番を禁止していたとしても、本番をしてしまう風俗嬢が一人いるだけでお客さんの質が非常に悪くなってしまいます。
なぜなら本番ができる風俗嬢が一人いると、お客さんはそのお店では本番ができるものだと思ってしまうからです。
そしてインターネットの掲示板などに「あのお店は本番ができる」などと書き込まれてしまうとそれ目的なお客さんが増えてしまいます。
そういう迷惑なお客さんが増えていくと、真面目にやっている風俗嬢にとって非常に働きにくくなってしまいますので人気がある子ほどお店を辞めていってしまうのです。

だから本番をしっかり禁止しているお店では、忍者が本番交渉に乗るかどうかを確認してくることがあります。
基本的に本番を全て断るようにしていれば問題ありませんが、基盤嬢であっても初来店のお客さんに対してはしっかりと警戒をして初回から本番するのは避けるのが良いでしょう。
なお、忍者は本番強要という形で試すことはほぼありません。
忍者の場合、必ず「本番したいな?」「入れちゃ駄目?」などと本番を誘ってくるだけで、最終的に風俗嬢がOKするのかどうかを見ています。

まとめ

忍者とはどういうことを行う人なのかということと忍者を見抜くコツについてご紹介しました。
まずは、お店に入ってから最初に来るお客さんが忍者である可能性がとても高いので、初めてのお客さんに対しては特に注意して接客するようにしましょう。
それ以外のタイミングでもお店はいつでも忍者を送ってくる可能性がありますが、普段からしっかりとお客さんに対してサービスをしていれば問題になることはありませんので、普段から良い接客を心がけましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました