ソープ嬢をやっていると、どんな不満が出てきますか?

風俗嬢でも、ソープでやっていける自信だけはないという女の子は多いもの。
それだけソープのお仕事はハードで負担が大きいということです。
では、実際ソープで働く女の子たちにはどのような不満があるのでしょうか。
ソープ嬢が抱く、あるあるな不満をまとめました。

ショートのクセにマットもベッドも求めてくる客がうざい

格安のソープ店の中には、60分コースなど短い時間で遊べるコースを用意しているお店もあります。
その短いコースの中であれやこれやとプレイに要望をつけてくるお客さんはソープ嬢たちに嫌われるようです。
確かに短時間でマットプレイもベッドでのプレイもとなると、かなり慌ただしくなってしまいそうです。
時間に余裕がないと心にも余裕がなくなって、ゆっくり女の子との時間を楽しもうなんてことはできないですよね。
色んなプレイを楽しみたいと思うなら余裕を持ったコース時間で予約を取ってほしいものです。

フリーでロングの客は大抵きもい

Noソープ嬢たちの間では、フリーで長いコース時間で遊びに来るお客さんのほとんどが変わっているという説があります。
確かに会ったこともなくどんな人かもわからない女の子に初めから長い時間で予約を取るというのは、それだけで少し変な人ですよね。
性格が合わなければ一緒に居ることはただ苦痛なだけですし、会話が弾まない相手とエッチなことをしようという雰囲気になるのも難しいはずです。
ですがそんなことをお構いなしにとりあえずロングコースを予約してくるお客さんは、女の子は誰でもいいし、女の子との会話もどうでもよくて、とにかく自分の性欲を満たすことに重きを置いているタイプです。
このようなお客さんには自分勝手なプレイをする傾向があり、女の子が嫌がったり痛がることを辞めようとしないので、フリーでロングコースのお客さんには身構えてしまうという女の子はとても多いです。

指が汚かったり爪の長い客は指入れしてくるな

指入れが好きなお客さんは多いですが、爪が伸びたままの指でガシガシ手マンされるのはどんなにベテラン風俗嬢だろうとただ痛いだけで、受け入れられるはずがありません。
しかもその爪の間が汚ないお客さんもいたりして、指入れどころか触れられることも嫌なものです。
中にはソープ嬢なら何をしてもいいと思っているのか、アナルにまで指を入れてこようとするお客さんもいます。
このようなお客さん対して「指の汚い客は触ってくるな」「AVの見過ぎ」「ソープ嬢が誰でもアナルいけると思うな」などなど不満の声は多いです。
指の先に限らず、風俗に遊びに来るなら必要最低限の清潔感は保ってほしいものです。

サービス料で値切ってくるな!

ソープでは業種の特性上、入浴料とサービス料と言う風に料金が分けられています。
入浴料は受付でお店に対して支払うもので、サービス料は帰る際などにソープ嬢に対して支払います。
どこのお店でも値切る客と言うのは存在しますが、ソープで入浴料ではなくサービス料を値切ろうとするお客さんもいるようです。
大抵のお客さんは女の子に対してはかっこつけようとするので、女の子に直接値切るような人は多くはないものの、みなさん一度は値引きを要求されたことがあるらしく、「女の子に直接値切るなんて恥ずかしくないのか」「嬢の給料下がるのわかってて言ってんのかな」などと不満の声も聞こえてきます。
お客さんの値引き交渉による不満は料金形態が特殊なソープ嬢特有の不満なのかもしれません。

ルール違反客や雑な客が多すぎて腹立つ

どこのお店にでもダメだと言われていることを強要するお客さんは多いもので…
ソープ以外のお店では本番行為は禁止ですが、本番強要をするお客さんはいます。
でもソープは本番OKだから何をしても問題ないのでは?
ソープをよく知らない人にはこんな風に考える人もいるでしょう。
しかし、ソープにも禁止事項はもちろんあります。
一番わかりやすい例はS着(コンドーム着用)のお店でのNS(コンドーム不使用)行為です。
コンドームを使わないと性病感染や妊娠のリスクがあります。
そのため絶対S着じゃないと嫌だというソープ嬢も多いですが、S着必須のお店で生で入れてこようとするなど、やはりソープでも強引なお客さんはいるものです。
また、激しくすれば女の子は感じると勘違いしている男性も多く、荒々しく手マンしたり乳首やクリトリスを強く吸ったりするようなお客さんも多いです。

サービス料分支払うからデートしようだって。バカ?

恋愛これはソープ嬢に限った不満ではないかもしれませんが、コース分の料金を支払うからプライベートで会おうと誘ってくるお客さんはどこのお店にも存在します。
普通に考えて、サービス料分しかもらえないなら出勤した方が稼げます。
お客さんは一人だけじゃありません。
どんなにイケメンでもわざわざプライベートで会おうとは思いませんし、店外デートしたいなら1日貸し切ったりロングで予約するなどお店を通してくれと言う意見や、そもそもキャバクラに行けばいいのにという意見が多数です。
風俗嬢はコース時間外のプライベートに踏み込まれることを嫌う女の子がほとんどです。

ボーイが使えな過ぎてムカつく

ソープ嬢の愚痴の中には、お客さんに対するものだけでなくお店のボーイに対する愚痴も多く見受けられます。

  • フリーを全然回してくれない
  • ホームページの出勤情報を正しく更新してくれない
  • 毎日何かしらのミスがある

など、お店のスタッフにとっては耳の痛いものもあるのではないでしょうか。
しかし、受付スタッフやボーイの対応が悪いと女の子に愚痴を言ってくるお客さんもいますし、女の子がどんなに頑張ってもスタッフの対応が悪いからとお店に二度と来てくれないお客さんもいます。

女の子が体を張ってお金を産んでいるのですから、お店のスタッフたちはそんな女の子たちの足枷になるようなことはしないでほしいものです。

プライベートのセックスでどうしていいかわからなくなる

恋愛彼氏や旦那のいるソープ嬢も珍しくありませんが、仕事で毎日セックスをしているソープ嬢たちは、プライベートのセックスでどのように振る舞っていいかわからないと思っている女の子が多く、プライベートのセックスに対して不満と言うより悩みを持っています。
男性がどうすれば喜んでくれるのか、気持ちよくなるのかを分かっているだけに、自分の大好きな本命のパートナーに対してそれを実践してあげたいものの、あまりやりすぎると遊んでると思われないかや、風俗の仕事がバレてしまわないかと不安を感じています。
いろいろ考えすぎて、パートナーとのセックスでは声を出したり積極的に責めることができないという女の子も。
また、仕事でセックスをしなければならないのでプライベートでは一切性欲が湧かず、パートナーの誘いに応じれなくて申し訳なさや焦りを感じている女の子も多く、仕事のセックスとプライベートのセックスの線引きに戸惑っているようです。

まとめ

性を扱うということはとてもデリケートで、心にも体にも負担のかかるお仕事です。
そのため仕事に対して不満を抱えてしまう女の子は多く、プレイ内容がハードになればなるほどその負担は増加します。
ソープは風俗のジャンルの中でもハードなプレイが必要となるお仕事なので特にストレスを感じやすく、同じ風俗でも他のジャンルでの風俗嬢にはなかなか理解できない不満や悩みなどもあります。
健康に続けていくためには仕事で得たストレスを日々上手に解消する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました