風俗で値切る客に遭遇しました…恥ずかしくないのかな?

数時間で数万円を使うことになる風俗遊び。
もちろん、大事な体を駆使してサービスを提供しているのですから、それ相応のサービス料をいただくのは働く女の子にとって当然の見返りです。
ですがお客さんにとっては大金です。
60分1万円コースの格安料金ですら高いと感じるお客さんもいます。
受付でお客さんとスタッフが値切り交渉をするやり取りが聞こえてくると、あきれる・やる気が失せるという女の子は多いでしょう。
中にはデリで風俗嬢に直接値切るようなお客さんも…。

「お金がないなら遊びに来るな!」
そう言いたくなる気持ちはよくわかります。
今回のテーマは、風俗で値切ろうとする痛いお客さんたちについてです。

値切る客に限って本強してくる

財布「お金の余裕は心の余裕」とはまさにその通りで、値切るお客さんは格安店や大衆店への来店率が圧倒的に高いです。
特に格安店だと、すでに安いのにこれ以上値切るなんて…と言いたくなるほどです。
そして多くの風俗嬢は、値切ってくるお客さんに限って無理なサービスを要求してくると不満を漏らします。
お金に余裕のない人は自分が損をしないように、少しでもお得感を感じられるようにと短い時間であれやこれやと希望を出してきたり、本番強要してきたりとワガママ行為し放題です。
コース時間が過ぎていても「あと5分くらい大丈夫でしょ?」と勝手に決めつけ、延長料金を支払う気もないのに引き続きのサービスを求めてくるなんてお客さんに出くわしたことのある女の子も多いのではないでしょうか。
そういうお客さんに限って自分の思い通りにいかないと「手抜きされた」「時短しやがった」なんてクレームを入れてきたり、ネットの掲示板に悪口を書いたりするからとってもストレスです。

デリで値切られると萎える

受付で女の子のいないところで値切っているお客さんならまだ可愛いものですが、デリヘルなど女の子がお客さんとお金のやり取りをするところでは、女の子に直接値切り交渉してくるお客さんもいるので驚きです。
デリヘルだと、バックがコース時間で定められているのではなく、お客様からの回収金を基準にして折半や6割バックなどとしているお店もあります。

そんなバック条件で働いている女の子は、お客さんに値切られてしまうと自分のバックに直接影響するので余計にイラっとすると思います。
女の子が自分のタイプじゃなかったら値切るという失礼なお客さんもいますし、特に本指名で値切ってくるお客さんは腹が立ちます。
リピートしてるんだから安くしてよと主張されたり、自分が好きでリピートしておいて何を言ってるんだとお客さんの神経を疑います…。
初めての時は「可愛い!」「最高!」と散々褒めてくれたのに、2回目で値切りを断ったら「ブス」とか「デブ」と暴言を吐かれて悔しい思いをした女の子もいるようです。
「料金が見合わないなら当店のご利用はご遠慮ください」と強気に言えればすっきりするんですけどね…。

お金が絡むことは自分で解決しようとせず、必ずスタッフに任せるようにしてください。
特にデリでお金を受け取る時に値切られたら、「私では判断できないのでお店に電話してください」と言ってしまって大丈夫です。
それで本当に電話するような人はほぼいないと思いますが、万が一お店に電話をしたとしてもスタッフが上手く対応してくれるはずです。

有料オプションを値切ろうとして来る客がイラつく

オールヌードやフェラ、デンマやローターなど、風俗店ではさまざまなオプションが用意されています。
基本サービスと別でオプションを用意することで基本サービスを少しでも安くすることでき、お客さんも自分の好きなオプションだけを追加した料金で遊べるのですから、本来はお客さんにとって都合のいいサービス体型になっています。
にもかかわらずオプション料の支払いを渋るお客さんは非常に多いです。

チェックリストプレイ中に希望されたことがオプションであることを伝えると、「今日は特別にいいでしょ」とタダでやらせようとしてくるお客さんもいますが、女の子からしてみればなんであなたを特別にしなければならないのかと腹立たしいですよね。
中には演技で感じているフリをしてあげているのに「気持ちよくなれたのにお金取るの?こっちが欲しいくらいだよ」なんて冗談か本気かもわからない嫌みを言ってくる人もいます。
オプション料をケチろうとするセコいお客さんは、「絶対また指名するから!」なんて駆け引きをしてきますが、こういうタイプの人は絶対戻ってきません。
今度指名してくれるならと騙されてオプション料を負けてしまったりしないよう注意してください。

客は何で値切ろうとするの?恥ずかしくないの?

ここまでサービス料を値切ってくるお客さんの話をしましたが、共感した人や読んでるだけでイライラしてきたという人もいるのではないでしょうか。
そもそもなんでお客さんはサービス料を値切ろうとするのでしょうか。
お客さんが値切り交渉する理由はだいたいが次の通りです。

お金に余裕はないけどハズレは引きたくない

風俗で遊ぶ金銭的な余裕はあまりないけど、ルックスの良くない女の子に接客されたくないという人は、中級~高級店など自分に見合わない店でがっつく人が多いです。
そして頻繁に遊べるわけじゃないからとその時間を精一杯楽しもうとするので、禁止行為を要求してきたり本強してきたりと女の子の嫌がることをしてしまいます。
このタイプの人は、自分が楽しむことに必死なので恥ずかしいとかモラルなんて考えは毛頭ありません。
お金が貯まってから来いよ…と言ってやりたい気持ちをグッとこらえて、やっと風俗に来れて嬉しいんだなと腹の中で見下してやりましょう。

女の子にチップをあげたい

コイン大抵のお客さんは、「今日風俗で遊ぶための予算」を予め決めています。
例えば2万円と決めているなら2万円に収まるようにコースやオプションを選べばいいのですが、少し値切って数千円浮けば、その浮いた金額を女の子にチップとしてあげることができます。
なぜチップをあげたいのかと言うと、金払いをよくみせてかっこつけたかったり、チップをあげることで過剰サービスをしてもらうことを期待しているからです。

値切るのも風俗遊びの醍醐味

お客さんの中には、単にお金をケチりたいだけではなく、スタッフとの値切り交渉も風俗遊びの醍醐味として楽しんでいる人もいます。
このタイプはグループで来店するお客さんに多く、スタッフが負けてくれると特別扱いされたように感じて嬉しくなり、女の子がいいからお店を利用するというよりは、スタッフの対応の良さに満足してお店を利用します。

このタイプはお金にセコいわけではないのですが、グループで来ている場合お客さんたちは、それぞれのコース終了後に「反省会」と称して自分についた女の子が「アタリだった」「○○までできた」「不愛想だった」などの感想を報告しあいます。
その時に武勇伝として語るべく、オプションプレイを無料でさせようとしてきたり、本強してくるような人もいます。

値切るお客さんがいるのは値引く女の子がいるから

さまざまなタイプの値切るお客さんについてご紹介しましたが、こんなあり得ない要求をしてくるのは、そのあり得ない要求を受け入れる女の子がいるからと言うことも忘れてはいけません。
指名を返すことに一生懸命になりすぎて、指名料を負担したり数千円程なら値引いたり、ホテル代を出すという女の子もいます。
そんな女の子が実際にいるから、恥ずかしいと思える値切り交渉を平気でしてくるお客さんが増えてしまうのです。

コインしかしこの行為は、コンビニに買い物に来たお客さんが割引しろと店員に要求し、店員が自分の財布からお金を出すような行為と変わりません。
ちょっと値引いてあげたら指名が返ってくるなんて考えは間違いですし、風俗嬢として失格です。
あなたのその行動のせいで他の風俗嬢にも迷惑がかかっているということを自覚してください。
お金に余裕はないけどまたあなたに会いたいと言ってくるお客さんには、価格が安くなるイベントを教えてあげたり割引チケットを渡してあげる、短いコースを予約させるなど、値引く前に出来ることを考えましょう。

まとめ

風俗で値切るお客さんは見てて痛々しいですが、一般人の感覚だと風俗で支払う料金は高額です。
お客さんは高いお金を支払ってきてくれているのですから、「ショートだから」「フリーだから」などの理由で接客態度を変えず、お金を払ったことを後悔させることのない接客を心がけましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました