セクキャバでも入店祝い金はもらえるの?支給条件を教えて

会社勤めの方は雇用保険に加入しているので、失業した場合でも失業保険が支給されることになります。
自分都合の場合と会社都合の場合があり会社都合の場合だと、退職後、ハローワークに申請すれば1か月もすれば直近3か月の平均給与の60%は失業保険として支給できるので、生活のたしにすることできます。

失業保険の期間は勤めていた期間と年齢によって支給期間がかわるようになります。
年齢が高く勤務年数が長ければ最長1年近く支給されることもあります。
しかし、支給といっても生活のたしになる程度の金額なので、やはり早期に就職して正社員として給料をもらうほうが安定します。
失業保険期間の3分の1で就職した場合は、残りの失業保険の70%を再就職手当としてもらえることにもなるので、早期就職がいいのです。
このように国の制度であれば、きちんと条件が決まって計算がされます。

風俗業界の求人では入店時に、入店祝い金が貰えるキャッチ―なことが掲載されていますが、本当のところはどうなのでしょうか?
実際は、広告的要素だけで支給されることはないのでしょうか?
調査した内容をご紹介します。

巷にはたくさんの求人情報で嘘がある

パソコン一般の企業の求人情報でも誇大表現して魅力があるように見せて、いざ入社したら全く条件が違うようなことはたくさんあります。
給与は高額・未経験者OK・入社時に祝い金・ノルマなし・安定した収入・週休2日・年間休日〇〇〇日・慰安旅行制度あり・福利厚生パッチリ・成長企業・アットホームな雰囲気など、なんかよくわからない抽象的なことばかり掲載されていて、面接にいけばいいことのオンパレード、最後に君も一緒に会社を成長させようと言われるのです。
未熟な若い人に向けて、心地の良い言葉ばかりを使って騙して入社させることが目的になっているのです。

入社したほうとしては、早期退職すると経歴に傷がつくことになるのでシブシブ仕事をするしかない状況におかれるのです。
ひどい話しではありますが、これは大なり小なりどこの企業もしていることなのです。
入社した側が意見をいったりしたら、会社側はそのような認識ではなかったと回答するだけなのです。
だから、会社・お店に入る時には注意か必要なのです。
仕事内容・待遇内容について細部にわたって確認をしていないと、大きな差異が発生することにもなります。
最近、風俗業界もグループとして全国に店舗展開しているところもあり、昔に比べクリーンなイメージで、スタッフをそろえて管理していこうとしていますが、それでもまだまだな部分があり、一般企業よりひどいところが多くあります。

とくにスカウトマンが絡むと、大変なことになるとネット上ではたくさんの情報があります。
一般企業に比べるとコンプライアンスを守るお店は少ないので、入店する側がきっちり事前調査して面接にいくしかないのです。

セクキャバの入店祝い金はどんな理由があるの

セクキャバ店だけでなく、風俗業界全般に言えることになります。
働き手の女性が不足気味になっているのです。
ここ数年風俗業界は、どんどんお店が閉店に追い込まれているところが多いのですが、それでも女性が不足しているのです。
人口減少とともに産業が衰退していき女性の働き手が少なくなっていることが一因になります。
風俗店側としては、女性に興味をもってもらい入店しやすくするためのものとして、入店祝い金を支給するようにしているのです。

特に、女性がいっぺんにやめた風俗店・新規オープンで女性が不足しているお店など、入店祝い金を求人に出して女性を集めているのです。
もうひとつあるとしたら、風俗業界のなかでも人気のないタイプの仕事になります。
これは地域によって違ってくるので何の仕事とは言えません。
だいたいがハードサービス系になります。
稼ぐことができても性病感染リスクが高いとか、女性からしたらそのようなプレイはできないことがあるものになります。

セクキャバ入店祝い金はだれでも貰えるのか?

お金入店祝い金を支払うと求人に掲載していても、なかにはあれは昔の求人広告だった・インターネットは更新していなかったからごめん・期間限定だったとか、適当なことを言って入店祝い金を支給しないこともあるので注意が必要になります。
入店祝い金はだれでも支給されることはなく、支給されるための条件がきっちり決められています。
入店祝い金だから、入店したらすぐに貰えるものと考えますが、この条件がクリアできないと支給されないというオチがあるのです。
面接で採用されて入店することになって、入店祝い金を催促しても「支給は条件を満たしていないのでないです」となります。

本来は入店祝い金ではなく、入店後条件クリアした人だけに後で支給される手当てと考えた方がいいのです。
ここは風俗業界が風俗嬢を集めるために使っている誇大広告になると思います。
求人条件の文字の額面通りにはならないのですから、嘘の広告と言われてもしょうがないことになります。
風俗業界ではこのようなことがまかり通るようになっているのです。
しかし、支給条件がクリアできれば支給されるのであれば、まだよしとするしかありませんね。
採用条件は、お店によって違うので確認が必要になりますが、だいたい以下のようなことになります。
出勤日数・出勤時間・本指名が〇本・ネット、雑誌、パネル顔出しOKから支給というのが条件になります。

  • 出勤日数は少なくありません。1か月間で20日は出勤する。
  • 出勤時間は、1日5時間以上は働くようになる。
  • 本指名は20日出勤で〇〇回以上はないといけない。
  • ネット、雑誌、パネル顔出しOKであれば、入店祝い金を支給

なんとも言えないですね。
正直顔バレしたくない女性がほとんどなので、入店祝い金はなしとしたほうがいいと思います。
働く女性からしたらいい加減にして欲しい。
払う気ないなら求人に書くなと言いたい内容になりますね。
お店によって入店祝い金の条件はさまざまなものがあるので、面接時には待遇含め十分に条件を確認しないといけないのです。

セクキャバ入店祝い金っていくらぐらい貰えるのか

お金セクキャバの入店祝い金の相場は、3万から5万になります。
ちなみに、ソープ・ヘルスで5万から10万が相場になっています。
この金額は一時的に入店ですぐに貰えるのであれば、魅力的な金額になりますが、支給条件がたくさんあってクリアができない条件であれば、支給しますよと言われていても、あまり魅力的ではありません。
あなたがセクキャバ嬢として、入院祝い金の条件がクリアできるものであれば、トライすればいいですが、無理してまでやる価値はあまりないものかもしれませんね。

まとめ

風俗業界もグループとして全国に店舗展開しているところもあり、昔に比べクリーンなイメージで、スタッフをそろえて管理していこうとしていますが、それでもまだまだな部分があり、一般企業よりひどいところが多くあります。
一般企業に比べるとコンプライアンスを守るお店は少ないので、入店する側がきっちり事前調査して面接にいくしかないのです。
風俗店側としては、女性に興味をもってもらい入店しやすくするためのものとして、入店祝い金を支給するようにしているのです。
入店祝い金を支払うと求人に掲載していても、なかにはあれは昔の求人広告だった・インターネットは更新していなかったからごめん・期間限定だったとか、適当なことを言って入店祝い金を支給しないこともあるので注意が必要になります。

入店祝い金はだれでも支給されることはなく、支給されるための条件がきっちり決められています。
入店祝い金だから、入店したらすぐに貰えるものと考えますが、この条件がクリアできないと支給されないというオチがあるのです。
ネット、雑誌、パネル顔出しOKであれば、入店祝い金を支給の条件は、正直顔バレしたくない女性がほとんどなので、入店祝い金はなしとしたほうがいいと思います。
働く女性からしたらいい加減にして欲しい。
払う気ないなら求人に書くなと言いたい内容になりますね。
ご参考にしてください。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

セクキャバ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました