セクキャバで生理中に出勤してる人いる?胸痛くないの?

セクキャバは男性客が女性キャストにお触りできるお店です。
多くの男性が女性の胸に触れるのを目的にセクキャバを利用しますが、そこで問題となるの生理中の痛みです。
ここでは、セクキャバ嬢の生理の問題について紹介し、生理の悩みを解消するための方法について解説したい思います。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

セクキャバと生理の関係

セクキャバは風俗店とは異なり性的な接触がありません。
例外的に風俗店に近いサービスを実施しているお店の中には生理休暇があるお店もありますが、生理休暇が制度化されているお店は少なく、セクキャバ嬢は普通に生理中でも出勤しています。
生理によって胸が張り、痛い思いをしながらも我慢しながら出勤しているセクキャバ嬢も少なくありません。

セクキャバでは原則として生理休暇がない

Okソープやヘルスなどの風俗店では女性の生理期間中は男性客に迷惑をかけ、満足にサービスできなくなるために働けません。
風俗店では生理休暇が制度化されていて、生理中はお店を休むことが許されます。
しかし、セクキャバは風俗とは異なり性的な接触が行われません。
女性が裸になることもなく、身体全体を利用したサービスも実施されません。
生理がサービスそのものに影響を与えないのです。

そこで、セクキャバのほとんどのお店では生理休暇がありません。
キャバクラなどの水商売系のお店で働く女性に生理休暇がないのと同じ扱いなのです。
生理休暇が制度化されていないセクキャバでは、生理中にも働くのが前提となっています。

我慢して出勤している女性が多い

生理は辛いものです。
お腹が痛くなって体調が崩れるだけではなく、精神的にもイライラしやすくなります。
さらに、胸が張る女性もいます。
セクキャバを利用する男性客の中には胸を強く揉む人がいますが、生理中にそんなお客さんの担当すると、普通の時でさえ痛い胸や乳首がさらに痛くなって辛い思いをしてしまいます。
そもそも、女性の身体は生理中には男性に触れられないようにできているので、生理中に男性に触られることだけで大きな負担を感じてしまうものです。

もちろん、生理の辛さは個人差が大きいもので、生理中にも普段通りに働けるセクキャバ嬢もいます。
しかし、そんな女性は少数です。
本当は生理中は休みたいと思いながらお店に言い出せず、我慢して出勤している女性が多いのです。

例外的に生理休暇があるお店も

セクキャバの中には少数ですが、ハードなサービスを売りにするお店もあります。
ハードなセクキャバではアソコへの指入れまで応じなければならないようなお店もあり、風俗店に近い営業形態となっています。
そこで、生理の際には風俗店と同様に生理休暇が取得できる場合が多くなっています。
ただ、生理休暇が取得できるセクキャバ店は極めて少数です。
男性客が下半身にタッチできる下有りのお店でも生理休暇が取れず、生理中の出勤を前提に、ナプキン禁止を徹底しているところさえあります。
ナプキンを着用していると下半身をガードした状態になるためお客さんの不評を買う危険性があるとお店が判断しているのです。
そのようなお店では、生理中にはナプキンではなくタンポンを着用して接客しなければなりません。
下有りのお店ですら、生理中の出勤が要請されているのが実情なのです。

生理が辛い女性に必要なこと

Okセクキャバでは生理休暇が制度化されていません。
そこで、生理が辛い場合には女性が自分で対策する必要があります。
生理周期を把握して休暇を調整すれば、生理時の出勤を回避できます。
また、お店に相談して特例として生理休暇を取らせてもらう方法もあります。
また、最も有効な方法は生理を軽くすることです。
生活習慣の改善等で生理を軽くできれば、生理中でも普段通りに働けるようになります。

生理周期が安定しているのなら、周期に合わせて休暇を入れる

女性の中には生理が重くても、生理周期が安定している女性がいます。
そのような女性であれば、生理周期に合わせて出勤スケジュールを組めば、生理時の出勤を避けられます。
生理周期を把握するためにはスマホのスケジュール機能などを利用して、過去の生理時期を記録しなければなりません。
そうして生理周期をチェックしておけば、自ずと生理時期の予測ができるようになるはずです。

お店に相談する

どうしても生理が辛く、接客に支障が表れるのであればお店のスタッフに相談してみるのも1つの方法です。
その際、生理だから休みたい、と言っても男性スタッフが相手だと話が通じない可能性があります。
そこで、具体的に辛い状況や、接客に問題を与えている点を具体的に伝える必要が生じます。

生理で胸が張って我慢できないほど痛く、とても普通に応対することができないことを丁寧に伝えましょう。
また、お客さんに迷惑をかけてしまう、という伝え方も効果的です。
たとえば、「生理中は胸が固くなるのでお客さんを満足させられない」という伝え方や、下有りのお店であれば、「生理が激しくてお客さんの指や服を汚してしまう」という伝え方をすれば、スタッフも考えを改めるかもしれません。
ただ、お店の立場からすれば、突然生理休暇を取られると、その女性の穴を埋めるために代わりとなる女性の出勤スケジュールの調整をしなければならず、その対応が難しくなります。
そこで、突然申し出るのではなく、生理が来そうな気配を感じたら、なるべく早めに相談すべきです。
また、入店前であれば、採用面接で生理休暇の取得が可能であるかを尋ねてみると良いでしょう。

女性の容姿やスタイルが良く、お店にとって貴重な戦力となれるのであれば、特例として認められる可能性もあります。

生理を軽くするように努める

生理は個人差が激しいものですが、生活習慣や食事の改善で軽くすることが可能です。
生理を軽くできれば、セクキャバでの勤務が楽になるだけではなく、日常的な生活でも苦しみが減り、楽しく過ごせるようになります。
生理が重くなる理由には複数の理由がありますが、中でも一番大きな原因は生活習慣の乱れです。

睡眠不規則な睡眠は身体のホルモンバランスを崩し、生理を重くする原因となります。
毎日、定められた時刻に起床と就寝するように心がけ、子宮が冷めないようにお腹を暖かくして眠る必要があります。
また、骨盤周辺の筋肉を動かすことも子宮に良い影響を与えます。
ウォーキングやジョギングなどで脚力を鍛える運動を実施すれば、骨盤周辺の筋肉が活性化して生理を軽くできます。
さらに、健康的な食生活を送るように心がけることも大切です。
特に、脂肪分の多い食事や乳製品の取り過ぎは生理を重くする原因と指摘されています。
チーズや牛乳などは身体に良いイメージがありますが、摂取しすぎるとホルモンバランスに影響を与え、生理が重くなります。
毎日、乳製品を摂取しているのであれば、摂取を控えると生理を軽く出来る可能性があります。
身体を動かしたり、食事を見直したりすれば、生理中の胸の張りも減って触られても痛くなくなります。
生理中の勤務が辛いのであれば、生理を軽くするよう心がける必要があるのです。

まとめ

セクキャバは男性客が女性にお触り出来るのが特徴のお店です。
ただ、セクキャバでは生理休暇が用意されていないので、生理中に胸が張って固くなったときにも男性から触れられ、痛い思いをしてしまいます。
生理中の勤務が辛いのであれば、生理周期を予測して、生理周期に合わせて勤務予定を組んだり、お店に相談したりして休ませてもらうという方法があります。
また、生理を軽くすることも有効な方法です。
規則正しい生活を送り、適度な運動を心がけ、乳製品を控えるようにすれば生理は軽くできます。
生理が軽くなれば、生理中でも普段と同じように働けるようになり、生理の悩みから解放されるのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

セクキャバ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました