セクキャバのサービスの中でキスが一番キツイと思う嬢はいますか?

セクキャバは風俗店とキャバクラの中間に位置するようなお店です。
キャバクラと異なりセクキャバでは男性が女性にお触りしたり、キスしたりできるのが大きな特徴で、特にキスできる点が大きなセールスポイントとなっています。
セクキャバで働くのであればキスしなければなりませんが、実は、セクキャバ嬢の多くがキスをキツイと感じています。
ここでは、セクキャバでのキスがキツイと感じられる理由と、楽にキスをこなす方法について紹介したいと思います。

セクキャバ嬢の多くがキスに苦しんでいる

キスセクキャバでは女性にキスできることをセールスポイントの1つとしています。
お客さんは積極的にキスしてきますが、セクキャバ嬢の多くがキスを苦手に感じています。
セクキャバで働くなら、キスをキツイと感じるは当然の反応なのです。

男性客の臭いが辛い

セクキャバはキャバクラをより風俗店に近づけたようなお店ですが、風俗店と異なるのはお客さんの身体や口を洗うことができない点です。
ヘルスやソープなどの風俗店では、接客前にお客さんの身体をシャワーで洗い流し、歯磨きをしてもらいます。
イソジンのようなうがい薬で口の中を消毒してもらってから接客に臨むので、風俗ではお客さんの口臭や体臭が気になることは稀です。
しかし、セクキャバでは異なります。
お客さんが歯磨きしてくれるわけではないため、お客さんが抱えている口臭や体臭がキスを通してダイレクトに女性に伝わってしまいます。
特に、セクキャバはキャバクラと同様、仕事帰りのサラリーマンが利用する場合が多く、そんな男性とキスすれば食べ物やアルコール、タバコの臭いを感じてしまいます。

さらに、口腔や歯が悪い男性を接客する場合もあります。
歯周病や歯槽膿漏となった男性の口からは腐敗臭のような嫌な臭いがするものですが、そのような男性とキスすれば、当然、不快な臭いに苦しめられてしまいます。

キスの仕草や感覚もキツさの原因

キスの苦しみは臭いだけに限りません。
お客さんの中には、女性の口の中に舌を入れ、執拗に舌を絡めてこようとする男性もいます。
ただ唇が触れるだけなら我慢できても、舌を入れられると、その気持ち悪さに我慢できなくなってしまうセクキャバ嬢もいます。
また、キスする際のお客さんの仕草や動作が受け入れ難い場合もあります。
キスしている最中、目を開けて眼球をギョロギョロと動かしたり、鯉のように口をパクパクされたりすると気持ち悪くなったり、馬鹿らしくなったりします。
このようにセクキャバではお客さんが普通にキスしてくれない場合もあるので、キスが辛くて当然なのです。

セクキャバ嬢でキスに悩む女性は多い

涙キスは本来、好きな男性とするものです。
好きでもない男性とのキスを強いられるセクキャバでのキスを不快に感じるのは当たり前です。
また、脂肪の塊である胸は触れられても特に何も感じず、よほど強く揉まれない限り我慢できるものです。
しかし、キスは繊細な唇や舌を使うので感覚を無視する事が難しく、キスを苦手に感じるセクキャバ嬢は多く存在しています。
実際、セクキャバ嬢でキスが好きで楽しんで働いている女性は皆無です。
ほとんどのセクキャバ嬢がキスが苦手で、苦痛を我慢しながらキスしているのです。

というのも、セクキャバでキスは売りの1つだからです。
キスがあるからこそ、セクキャバの時給はキャバクラよりも高くなっているとも言えるのです。
キスはセクキャバ嬢の仕事です。
セクキャバ嬢として働くのならば、その高い報酬に応じた負担としてキスに耐える必要があるのです。

キスが辛く感じる時の対処法

セクキャバではキスを拒否できません。
そこで、キスが苦手な場合には、何かしらの方法で対処する必要があります。
キスしている時に意識を別のところに向けたり、悩みを一人で抱え込まずにストレス解消に励んだりすれば、我慢できるようになります。
ただ、それでも我慢できないようであれば、別ジャンルのお店への移籍も検討すべきです。
別ジャンルのお店にはセクキャバとは別の苦労がありますが、女性の能力や適性によっては、より楽に稼げるようになる可能性もあります。

意識をそらして我慢する

セクキャバではキスを拒否できません。
多くのセクキャバ嬢のように、高い報酬を得るための負担と割り切ってキスを我慢しなければなりません。
ここで、どうしても我慢が難しいのであれば、キス中の意識を別のところに集中させるやり方もあります。
男性の仕草や臭いを意識するのではなく、自分の呼吸や心拍の方へ意識を集中させれることで、感覚と意識を反らせるのです。
また、考え方を改めると、気持ちは楽になります。
キスは身体の負担が軽いものです。
風俗のように身体で奉仕する必要がありません。
お触りがあるとは言え、女性から男性に触れる必要もなく、性的なサービスは避けられます。
風俗と違って身体の負担も軽く、その分、嫌な思いをせずに済んでいると考えれば、我慢できるようになるはずです。

同僚女性と悩みを共有する

悩みは一人で抱えていると上手く解消されないものです。
そこで、同僚女性に悩みを相談し、悩みを共有することがお勧めの方法です。
セクキャバ嬢であれば、誰しも口臭の激しい客やキスが下手な客を接客した経験があるものです。
同僚女性に嫌な客や変な客についての経験談を話せば、嫌な体験を笑い話に変えられます。
また、自分と同じ悩みを同僚女性が抱えていることが分かれば、自分の悩みも自ずと軽くなるはずです。
嫌な体験を笑い話に変えてしまえば、嫌な出来事はすぐに忘れられるはずです。

キャバクラへの移籍を検討する

お酒どうしてもキスが我慢できない場合、お店の移籍を検討すべきです。
その際、第一の候補となるのがキャバクラです。
キャバクラのシステムや接客スタイルはセクキャバに似ており、セクキャバと同様の感覚で働き始めることができるはずです。
ただ、お触りのないキャバクラで稼ぐためには、男性客に恋心を寄せる振りをして指名を獲得する必要等が生じます。
キスして胸を触らせれば稼げるセクキャバよりも高度な接客術が求められるのです。
また、キャバクラでは男性客を同僚女性と取り合う関係になるため、女性間の競争が熾烈です。
セクキャバにはない新たな苦労が生じる可能性があるため、移籍は慎重に検討しなければなりません。

風俗店への移籍を検討する

風俗店への移籍も有効です。
ソープやヘルスなどの風俗店では接客の前にシャワーでお客さんの身体を洗い、歯磨きもしてもらいます。
それから接客に臨むので、実は、風俗はセクキャバよりも衛生的なのです。
もちろん、風俗では身体的な負担は大きくなります。
しかし、その分女性の手取りとなるバックも高くなり、セクキャバ以上に稼げるようになる可能性も十分にあります。
女性の中にはキスをするよりも身体を許すほうが楽という女性がいますが、そのようなタイプの女性であれば風俗の方がより楽に稼げるようになるのです。

まとめ

セクキャバではお触りできないキャバクラと異なり、男性が女性にキスできます。
ただ、キスできるセクキャバでは風俗と異なりお客さんが歯磨きしません。
お客さんの口臭や体臭が女性に伝わるのでセクキャバ嬢のほとんどがキスを苦手に感じています。
しかし、セクキャバではキスが売りの1つなので、キスを拒否することはできません。
キスを高い報酬の代償と捉え、耐える必要があるのです。
キスに対する悩みを解消するには、キス中の意識を呼吸や心拍に向けたり、悩みを抱え込まないように同僚女性に愚痴をこぼしたりすることが有効です。
それでも我慢できないのであれば、キャバクラやヘルスなど、他ジャンルのお店への移籍を検討すべきです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

セクキャバ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました