派遣のキャバ嬢は昼職と掛け持ちしてる?会社にバレない?

派遣のキャバ嬢として働いているという方もいらっしゃると思います。
しかし、派遣キャバ嬢は、ノルマや売り上げなど関係なく働くことができるというメリットがある反面、早上がりなどの対象となりがちなので、収入は不安定となりがちです。
このため、派遣キャバ嬢は、昼職と掛け持ちしているという方もいらっしゃるようです。
昼職との掛け持ちだと、会社にバレるのではないかと不安に思っている方もいると思います。
そこで、派遣のキャバクラ嬢の掛け持ちについて詳しく見ていきましょう。

キャバクラと掛け持ち(ダブルワーク)

派遣キャバクラ嬢として勤務をしている人の多くがダブルワークをしています。
これは、なぜかというと、派遣キャバ嬢は、収入が不安定となりがちだからです。
派遣キャバ嬢は水商売の一つであり、たとえばお店側が定員がいっぱいになってしまったといわれてしまえば、その日そのお店のシフトに入ることができません。
また、派遣先のキャバクラ店が暇になってしまえば、派遣キャバ嬢は、真っ先に早上がりの対象となってしまいます。
派遣会社によっては、最低保証金額は決められていますが、それでも思っていたほど稼げずに帰らされてしまうということは多いです。
このため、派遣キャバ嬢の多くの女性が、掛け持ち勤務をしています。
昼職の勤務をしているという方もいます。
中には、本業が昼職で、派遣キャバ嬢を副業としている女性も珍しくありません。
派遣キャバ嬢として働いている女性は収入が不安定となりがちなので、他に定職を持っていたほうが安定して稼げるといえるでしょう。
もしも、派遣キャバ嬢の方で早上がりをさせられてしまったり、お店が暇な時なんかでも、定職があれば、それほど焦らずに済むのです。

マイナンバー、確定申告でバレてしまう?

派遣のキャバ嬢で昼職で勤務をしているという人は、会社にバレてしまわないかどうか不安に感じている方も多いようです。
しかし、多くの場合には、会社に勤務をしていることがバレることはありません。
派遣のキャバ嬢では、それほど多くの金額を稼ぐことができないことが多いので、確定申告の必要がない場合が多いからです。
しかし、かなりの金額を稼いでいる場合、確定申告をする必要が生じます。
この際に、会社にばれてしまうことがあります。
また、最近は、マイナンバーで副業がばれてしまうことがあります。
会社によっては、あらかじめ従業員のマイナンバーを提出する義務があるところがあります。
そうすると、どこからの収入を得たのかを税務署に把握されることになるので、そのためバレてしまうことになる可能性があります。
確定申告をする必要があるけれど、会社にバレたくない…という場合には、工夫する必要があります。
まず、確定申告の際の住民税ですが、こちらは、普通徴収、そして特別徴収があります。
この納め方を、普通徴収にしておきましょう。
特別徴収にすると、会社の給料から天引きされることになりますので、会社に通知がいくことになり、派遣キャバ嬢としての副業をしていることが会社にばれてしまいます。
しかし、普通徴収にすれば、副業の住民税は会社に通知されないので、バレることはありません。
ほとんどの派遣キャバ嬢は派遣会社から支払いになりますし、日払いであることも多いです。
このため、普通徴収にしておけばほぼバレることはないでしょう。

昼働くだけでは生活が成り立たない!副収入としての派遣キャバ嬢

最近では、サラリーマンやOLの生活が厳しい…と言われています。
今、日本はどこも不景気で、給料やボーナスが期待できない会社がほとんどです。
そんな中、生活費を少しでも得たいという方が、昼働く昼職の他にも、副収入として稼げる派遣キャバ嬢を選ぶ方が多いのです。
派遣キャバ嬢としての働き方にはたくさんのメリットがあります。
まず、派遣キャバ嬢は、ノルマや売り上げなどを考えなくてもよいというメリットがあります。
バックなどが発生しないため、そのための営業努力をしなくてもよく、副業として最適なのです。
元々、キャバクラ嬢というのは、お客さんの指名をとってこそ収入を得ることができる職業です。
しかし、派遣キャバ嬢はこういった指名バックなどは入らない代わりに、営業などをこなさなくてもよいのです。
このため、働きたい時間だけ働くことができますし、ノルマなどにプレッシャーを感じずに働くことができます。
なので、掛け持ちもしやすいといえるでしょう。
朝キャバ・昼キャバなどを除き、多くのキャバクラ店は、夜の勤務にはなりますが、それほど昼職に影響しないというのが派遣のキャバ嬢なのです。
バックが発生しないため、時給だけの給料になりますが、副収入としては高収入に入ります。
このため、副業として始める方も多いのです。

デメリットもある?会社バレの他の危険性

しかし、派遣キャバ嬢として働く場合、デメリットもあります。
たしかに、確定申告やマイナンバーなどでは、普通徴収にしている限り、会社にバレてしまう危険性はほとんどありません。
しかし、会社にばれてしまう原因の一つに、知人バレしてしまう可能性があります。
たとえば、お店に会社関係の人が訪れることがあります。
もしも、顔を知られてしまった場合には、その人伝いに、会社の人に知られてしまうことになります。
また、直接、お店に会社の同僚や上司が来店することもあります。
鉢合わせしてしまうということも、時にはありますので、必ずばれないとは言い切れません。
また、派遣キャバ嬢といえども、色々なお店に派遣されることになります。
夜の出勤になりますので、体力的にハードに感じることもあります。
昼職の勤務終了後に働くことになりますので、体力的にも精神的にも大変なことが多いものです。
時には、相性のよくないお客さんにつかなければならなかったり、雰囲気の良くないお店に派遣されることもあります。
このため、掛け持ち勤務も楽ではないということを知っておきましょう。

派遣のキャバ嬢は接客業に慣れている人向け

派遣のキャバ嬢は、お客さんとの接客なので、精神的に疲れてしまうことが多いのです。
このため、接客が得意な方や、お客さんとお話をするのが好きという方に向いているといえます。
掛け持ち勤務として派遣キャバクラを考えている人は軽く考えがちですが、まずは接客が得意かどうかを考えてみるとよいでしょう。
昼職で勤務をした後にまた掛け持ちでキャバクラで勤務となると、精神的にストレスを抱えがちです。
このため、キャバクラの経験者で、キャバクラの仕事が楽しいという方にはおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
派遣のキャバクラ嬢としての勤務には、自由に働くことができたり、スケジュールを自在に組めるという魅力的な面があります。
また、昼職と掛け持ちをしているという方も多いのです。
これは、派遣のキャバ嬢は時給がそれほど高くないので、収入が不安定になりがちだからです。
しかし、時には会社の人がお店に訪れたりしてバレてしまうということもありますので、気を付けるようにしましょう。
また、確定申告などをしっかりとすることも必要です。
体力的にハードになりがちなので、自分に派遣キャバ嬢が務まるのかということを考えてから、応募してみるとよいでしょう。
接客が好きかそうでないかでもかなり違いがあるといえます。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました