今まで出稼ぎ行った地域でどこが一番最悪だったか教えて?

かつて日本では、「東北や離島の農業・漁業の閑散期に、都市部に出稼ぎに行く」、というのが定番でした。
その後近代になって、出稼ぎ労働というものが減ったかというと、「今も一向に減っていない」、というのが実情のようです。
風俗を含めたサービス業全般に至っては、地方から都市部へ、出稼ぎ労働者が常に一定量流出しているせいで、人口比率のひずみが定着してしまい、働き手のいなくなった地方の飲み屋や風俗に、外国人労働者が入り込んで需要を補てんする、というような構図が一般化してしまっています(良いか悪いかは微妙ですが、事実としてはそのような状況なのです)。

一方で、風俗に限定してみてみると、地方のお店に、外国人女性ではなく、都市部の女性が出稼ぎで行く、ということも、珍しくなくなってきています(むしろ増加傾向のようです)。
たくさん出稼ぎがおこなわれると、当然よくないうわさもネットを中心に伝聞されるようになり、「よろしくないイメージ」が結構定着しているような地域もあるようです。
風俗の出稼ぎ先で、最悪な部類のところといえば、どのあたりなのか、見ていきましょう。

何をもって最悪とするか

賃金が悪そうなところは?

金まずは、風俗の出稼ぎにおいて、「最悪な状態とは何か?」、というところを考えてみると、なんといっても「せっかく出稼ぎに出ているのに、まったく稼げない地域」が、真っ先にあげられるかと思います。
この点については、人口が極端に少ない、つまり需要がほとんど見込めないような過疎地や田舎ならともかく、それなりに需要の見込める地域であれば、単純に「条件に比例する」、と考えて良さそうです。
そもそも出稼ぎの募集をかけているところでは、経営者が意図や目的をもって募集していることはもちろん、それなりの需要があるか、またはある程度の需要が見込めるので募集をかけている、とみて良さそうです。

まあ地域によってもある程度差があることも事実ですが、人口の多い都市部から人口の少ない地方への出稼ぎにニーズがあるということは、単に「人口によって稼ぎが比例する」、ということではなく、「需要と供給のバランスが、働き手にとって良い状態の地域」が、「稼げる地域」である、と考えられます。

客層が悪い地域はどこ?

「最悪な状態」として、稼ぎの次に考えられるのが、「客層の悪い地域」です。
この点については、いわゆる「ガラの悪い場所」であると、客層も悪くなる、と思われがちですが、こちらも定義としては微妙です。
そもそも風俗は、地方でも盛り場にあることが多く、お酒を飲んだ勢いとか、飲んだついでに立ち寄ることも多く、酔客という意味では盛り場の風俗客は、どこも似たり寄ったり、というところです(もちろん若干の地域差は存在します)。

風俗業でいわれるところの、いわゆる「ガッツキ度の高い客」というもの、実態に基づいたデータは特に存在しないものの、そんなに大きな地域差があるものではなく、さらに言えば、「働き手である女性との相性」という側面も大きいので、それほど地域には依存しないもの、と考えて良さそうです。

リスクが高いところが最悪なのか

リスクそれから、働き手から見た「最悪な条件」の大きなところとして、「病気をはじめとしたリスクの心配が大きい」ことがあげられます。
たとえば衛生状態が良くない地域とか、ほとんどのお店がNSであるとか、そういった類のお店が集中している地域の場合には、それなりに「最悪な状態」である、とは言えると思います。
しかしこれも、地域というよりも、結構お店の方針やコンセプトに左右される面が大きく、特定の地域に「最悪さ」が集中しているわけではなさそうです。
ということで、少なくとも「稼ぎ」と「客層」、それに「健康リスク」という視点では、「極端に悪条件が集中している」、または「悪条件が地域に依存している」ということはなさそうです。

地域的に最悪なところは?

東北はどうか?

基本的には「最悪さ」はそれほど地域には依存しない、という見立てではありますが、各地域の嬢の声やネットのうわさを拾ってみました。
まずは「出稼ぎ」というキーワードだと、比較的すぐイメージしやすい地域である東北です。
ここは周知のとおり、福島や宮城あたりを含んでいますので、数年前には男性一般労働者の出稼ぎがかなり発生していた関係で、風俗の出稼ぎでも、相当なにぎわいをみせていたようです。
さすがにここ一、二年では落ち着きを見せていて、指名がとりにくくなったり、繁忙状態ではなくなってきたリと、それほど良い状態でもなくなってきているようなのですが、「最悪かどうか」という意味では、割と働きやすく、稼ぎにもなる、という声が多いようです。
とはいえ関西や、岐阜の金津園あたりとの比較においては、「高級店が少ない」という特徴があり、稼ぎの目標額が高めの方々には、それほど魅力的ではないかもしれません。

九州の中洲は?

九州は博多の中洲は、日本有数の繁華街として有名で(一説によると「日本三大歓楽街」のひとつ、とされています)、風俗業としてもいかにも「稼げるイメージ」のある地域のひとつなのですが、実際には、近年は供給が需要を上回り気味なようで、高級店を含めて値下げ競争が激化しているらしく、出稼ぎに出てもかなり厳しい競争を強いられる可能性が、低くはなさそうです。
このあたりは、かつての中洲のイメージどおりにはいかないかもしれません。

北関東など近場の出稼ぎを考える

お金関西への出稼ぎもまだまだ見かけるところなのですが、廃れていないところを見ると、いわゆる「最悪」な状態ではないことはうかがえます。
関東圏だと、意外に穴場と化しているのが、北関東です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県の四県が該当するのですが、それぞれそれなりに風俗街を備えていて、出稼ぎニーズもあるようです。
しかし、関東圏でありながら、ちょっと地方の雰囲気もあり、その分純粋な地方というよりもまさに「関東の北(奇しくも東北というキーワードを含みます)」という独自文化を築いているところがあります。

関東圏である分、歓楽街の規模と比較するとお店の数も多く(県庁所在地付近など、歓楽街が一か所に集約されていることも関係しています)、そういった意味でも「ユニーク感」を醸し出しています。
若干ガッツキ客多めという情報もあり、他の地域からの出稼ぎならともかく、関東圏から北関東への出稼ぎは、優先順位を下げた方が良いかもしれません。

まとめ

風俗業に限らず、自分の生活圏をそれなりの期間離れて、いわば「生活面でのリスクありき」でおこなう出稼ぎでは、いろいろな意味で「最悪な場所」であることは、避けたいものです。
しかし、「最悪を図る評価基準」として、「賃金=稼ぎ」と「客層」、「健康リスク」を考えた場合、それほど地域格差はないことが、見受けられました。

とはいえ、日本の三大歓楽街にある風俗街をはじめとして、いくつかの土地の地域性を考えてみると、それぞれそれなりに特徴を持っていて、場合によっては「最悪」と感じるケースも、なきにしもあらず、というところです。
最後は人同士の相性と同じく、「土地との相性」という感覚的な評価になってしまうのですが、出稼ぎ先を選択する場合には、自分自身が「何をもって最悪とするか」、逆に言えば「何を最低限満たせば頑張れるか」、というところを明確にして臨めば、失敗するリスク、つまり「最悪な地域を選んでしまうリスク」は、軽減できるのではないでしょうか。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました