出稼ぎに行ったのに保証割れすると罪悪感がありませんか?

遠くから出稼ぎに出向く際には、往復交通費や宿泊費、光熱費など、周辺の経の支払い条件については、事前に雇用主と詰めることになるかと思います。
条件交渉をクリアして、いざ出勤となってから、実は思ったよりもお店が暇店で、出稼ぎにもかかわらずいわゆる「保証割れ」が発生してしまい、罪悪感を覚えてしまう嬢が多いようです。

こういった場合には、いろいろ意見があるようですので、保証割れの罪悪感について声を、ご紹介していきましょう。

お店のメリットはあるのか

忙しくて嬢が足りないとは限らない?

質問出稼ぎ嬢を募集しているお店の場合、たいていは「超人気店で、地元に嬢が恒常的に足りていないから、地方からの出稼ぎ嬢をスカウトして、業務の回転を補てんしている」、といったケース、またはほとんどの出稼ぎ嬢はそのように考えて、出稼ぎを実施しているかと思います。
しかし実際には、意外に暇店で、保証がなければ多々「お茶を引く」という状態になる場合もあるらしく、出稼ぎ嬢の良心や罪悪感が募る場合がある、との声を聞きます。

事実から察するに、前者、つまり「超人気店の補てん要員としての出稼ぎ嬢募集」の場合と、後者、「比較的暇店であることを見越したうえでの出稼ぎ嬢募集」が存在しているようです。

超人気店が出稼ぎ嬢を雇うメリット

前者の場合のお店側のメリットは、そのまま経済の論理で、需要が供給を上回っているため、供給に出稼ぎ嬢を投入して補てんし、さらに経済効果を上げる、という大きなメリットが考えられます。
しかし、昨今の出稼ぎは、どちらかというと都市圏から地方部に行くようなケースも増えてきているらしく、この場合には、先にお話しした「暇店=保証割れ」に遭遇するケースが多いようです。

暇店が出稼ぎ嬢を雇うメリット

Okそれでは暇店だった場合の出稼ぎ嬢雇用のメリットはなんでしょう。
正攻法による需要と供給の回転率アップは、それほど簡単ではありません。
実際その中には、保証割れで罪悪感を感じているようなケースも多々見かけます。
ここから先はあくまでも仮説ですが、お店の正攻法での売上向上が見込めない(暇なため出稼ぎ嬢に手すきの時間=稼働していない時間ができる)からといっても、風俗店であることには変わりなく、実際人気店と比較するとお客さんの数は少ないものの、オーソドックスな営業形態は普通におこなっているので、普通の営業を成り立たせるための嬢が、何らかの理由でその店に集まりにくいのではないか、と考えられます。

地元では評判が悪いとか、そもそも地元の人が経営していないスタイルのお店であること、などが考えられます。
領域が違いますが、音楽や評論の世界では、ネットやSNSを中心に従来にはないような営業活動が次々と開発されてきており、これまで無かったようなコンセプトの経済活動が日々生まれてきています。
ネット創成期の原動力に「エロ要素(エロ静止画提供や。エロ動画配信の欲求の具現化など)」が重要な要素であったように、出稼ぎ風俗も、新しい経済スタイルのきっかけになっているのかもしれません。

何らかのメリットを目指しているはず

不人気店は出稼ぎ嬢を狙う?

もともと地元のコミュニティで不人気店であったとしても、趣向を変える、わかりやすくいえば「地元の嬢ばかりだったのを、出稼ぎ嬢ばかりにして、会話の妙や新鮮さをウリにする」ことや、都会から田舎への出稼ぎ嬢の場合は、「東京(または大阪、名古屋などの大都市圏)の嬢ばかりを取り揃えている」と謳うことで、他店との差別化が図れます。
こういったコンセプトでお店を再構築して、短期的に一見暇店な状態になっていたとしても、長い目で見れば、何ら不思議なことではありません。

短期的に保証割れなどの事象が発生していたとしても、もともとの計画=予算を大幅に割り込むようなことがない限り、経済活動である以上「最初の保証割れは織り込み済み」である可能性は高い、と考えられます。
実際、その不人気店、暇店の周辺では、出稼ぎ嬢たち当事者には気づかないような、暇店ではなくするための何らかの施策や、営業活動がおこなわれていないとは限らないのです。

そもそも都市圏よりお客さんは少ない

それから地方の場合、そもそも大都市圏よりもお客さんの絶対数が少ないため、都市圏から田舎に出稼ぎに行った風俗嬢が、「暇店である」と感じる確率は、都会のお店との比較において、非常に高いのではないでしょうか。
お店の採算べースで考えてみても、都市圏のお店と比べてみれば、それほどシビアではないのかもしれません。
さらに地方では、風俗コミュニティ自体が非常に小さく、昔ながらの顔なじみや口コミでほぼ回っているようなケースが少なくありません。

こういった場合、たとえば地方版の代表的なネット掲示板であるばくさいなどでの書き込みは、書きっぷりや地域によって、書き手が本当にわかってしまうなど、いい意味では皆知り合い、悪い意味では閉鎖的、といった状況であることが珍しくありません。
このような状況で、やや特殊な風俗の仕事であることも手伝って、地元以外の嬢が働き手の中心となっていたとしても、何ら不思議な感じはしません。

気楽に考えればよいのでは?

質問このように考えると、地元以外からやってきた出稼ぎ嬢は、お店のほうも何らかのメリットを享受している、と考えて、短期的な机上計算でマイナスのように思えても、または保証割れの状況がちょっと続いたとしても、ラッキーくらいに捉えて、気にしないようにしていればよいのではないでしょうか。
それでも罪悪感がぬぐえないような場合には、さりげなく県外からの交通費だけは持ってみたり、リピートにつながるような営業努力を少し強化してみたりと、「精神的な差し引きゼロ」を達成できる程度の営業努力をおこなっていけばよいのではないか、と考えます。
一般企業においてもそうですが、個人でやっている完全個人商店でもない限り、横や系列のつながりがあったり、風俗チェーンのつながりや、そのまた上の「風俗を含む経済活動を統括しているホールディングス的な親組織」があったりと、末端の従業員には全く聞こえてこないような組織の論理や目標をもって動いていることは、大変よくあることです(なんだか陰謀説に近いニュアンスで恐縮ですが)。

出稼ぎ嬢の立場で少々条件が良かったとしても、組織の中のどこかできっちり補てんしているはずで、その補てんによってグループの経済活動全体がうまく回っている、ということもよくあることです。

まとめ

出稼ぎ嬢の中には、保証割れが頻発してしまうことから、お店に対して罪悪感を覚えたり、保証泥棒のような気分になって落ち込んでしまったり、といったことがよくあると聞きます。
が、地方のお店(逆の場合は都市部のお店)とはいえれっきとした経済活動であり、慈善事業ではありませんので、黒字計上計画が超短期的であるとは限らないものです。

一般企業でも、ある施策を実行することを決めた場合、概ね3年~5年くらいかけて「あるべき姿」にもっていくことが一般的です。
不安なこともあるかもしれませんが、たまにオーナーや店長といった「コンセプトを語れる方」と会話するなどして、長期的なビジョンを共有することが可能であれば、罪悪感は払しょくできるどころか、お店を盛り上げていくためのモチベーションに変えていくことにつながるかもしれません。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました