補助がしっかりしている出稼ぎ先は連勤を条件にしているところが多い

かつての日本において「出稼ぎ」というキーワードは、言ってみれば「戦後の高度成長化時代の象徴」でした。
戦前は、農村や山村のあいだで「労働力を他の村から受け入れる」、といった程度の小規模なものでしたが、戦後においては、「東北や北海道、北陸など、寒冷地方(一般的に雪が多い地方をあらわします)の農村から、農業的に閑散期にあたる時期に、短期的に大都市圏に泊りがけで出張って、農業以外の仕事に従事して賃金を得る」、といったスタイルで(当時は工場や工業製品を売るような企業が大都市圏に集中していたため)、非常に大規模な出稼ぎがおこなわれていたものでした。

当時から出稼ぎは、全くのギャンブルではなく、ある程度のいわゆる「保証」、つまり「最低保証賃金や、移動費や宿泊費の補助」がついてまわった、といいます。
しかし、保証がついている以上、労働力を確保する側=雇う側は、ある程度労働条件に「しばり」を入れていることも多かったようです。
現代の風俗産業における「出稼ぎ」でもこの傾向はみられるようですが、風俗産業の出稼ぎに顕著に見られる「しばり」が、連勤です。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

出稼ぎの補助や保証のカラクリとは?

連勤のしばりがある?

カレンダーキャバクラやセクキャバなどの水商売系を含めた、一般的な風俗業界では、「自由出勤」をうたっているところが多いものです。
このわけは、やはり「風俗嬢は体を張った仕事」であり、メンタル的にもかなりの強度が求められることから、普通のサラリーマンやOL(いわゆる「昼職」)のように、「月~金まで連勤で、土日祝休みの週休二日制」というしばりを入れているような例は少なく、働き手である女性が、自発的自主的に出勤日を決めるようなことが多いようです。

しかしこれはあくまでも「都会が地元で、通いでお店に行くことができる場合」に限られるようです。
地方から都市部への出稼ぎの場合、保証や補助がついていることが多い(保証や補助は、身ひとつで地方から出てくる女性を、都市部の労働力として確保するために必要な、ごく一般的な「先行投資の制度」として存在しています)のですが、その場合には、風俗業界や水商売界隈では珍しい「シフトや連勤のしばり」がついてまわることが多いようです。

スカウトとのコミュニケーションが必要

出稼ぎの求人は、ネットをメインとしておこなわれているものの、超多忙な都市部の風俗業の場合、地方にまでスカウトを派遣して、地方在住の女性を確保するようなこともあるようで、出稼ぎの入り口がスカウトである場合も、珍しくありません。
この場合には、スカウトを通して、さまざまな情報を事前に入手することができるのですが、当然労働条件もここに含まれています。

地方在住で、スカウトに声をかけられた場合には、詳細な労働条件を聞けるよう、良くコミュニケーションをとることが重要です。
特に、補助や保証について、さらには「しばり=補助や保証の前提条件」を守れなかった場合のペナルティなども、詳しいところまで聞いておく必要があります。
このあたりを意識していないと、あとでトラブルに発展するようなケースもあるようです。

出稼ぎには相応の覚悟が必要

風俗業界の補助や前提条件は、昼職における保障やノルマと同じように、「守ってナンボ」なところがありますので、守れなかった場合のリスクや、守るためのメンタルを持ち合わせているかどうかなど、事前に認識しておく必要があります。
これを怠った場合、わかりやすい例でいうと、例えば「連勤の負担を甘く考えていた」ような場合、自身が事前に考えていたよりも、肉体的にも精神的にもキツい思いをして、いわゆる「逃げ」や「飛び」(雇い主に黙って仕事を放棄すること。

いわゆる「バックレ」)につながって、当然保証されていた宿泊費や交通費は支給されず、仕事がなくなるばかりか、出稼ぎ先の居住地ばかりか、地方にある地元にも帰るところがなくなってしまうような、辛いシチュエーションに陥ってしまうリスクがあるのです。
雇う側としても、こういったことが起きるリスクは織り込み済みであり、ちょっとキツいところなどでは、連勤を強制的に達成させるために、半ば監禁に近い「囲い込み」をするようなところもある、という噂も聞こえてきます。
地方から首都圏への出稼ぎは、実は相当な覚悟が必要なアクションである、といえるでしょう。

出稼ぎのメリット

チェック地方にはない「仕事」にありつける

とはいえ出稼ぎに、メリットが全くないわけでは、当然ありません。
なんといっても、連勤に代表されるような前提条件さえクリアすれば、交通費や宿泊費といった補助が支給されるうえに、経済的にもしっかり計算できるくらいの報酬を得ることができます。
ちなみに補助や保証がしっかりしているところは、逆にそういった前提条件が厳しい(当然「連勤」が含まれます)ところが多いものです。

このあたりは、昼職のシステムや傾向と何ら変わらない、といえそうです。
さらに、都市圏に出てくれば、そもそもニーズの規模が大きく、たくさんのお客さんが存在しているため、地方と比較して、仕事に困るようなリスクは、圧倒的に低くなります(ということは、収入の心配をするリスクが軽減できます)。

視野も広がる

目さらに大都市圏の場合、地方都市のように閉鎖的なコミュニティが形成されている可能性は非常に低く、風俗業界のなかでも、たとえばたくさんのチェーン店が併存していたり、ソープやデリヘル、ピンサロといった画一的な分類以外にも、たくさんのジャンルが存在していたりします。
このため、都市圏で働く風俗嬢は、地方で働く風俗嬢よりも、非常に広い視野も持つことがでいます。

社会人としての余裕にもつながるかもしれません(実際のところ、こういった理由で、関東圏の風俗業界には、地方出身者の割合が多くなっている、とのデータもあります)。
こういった意味では、戦後の高度成長期に見られたような「出稼ぎの原点、そもそもの目的、あるべき姿」は、昼職の世界ではいまや「グローバル」にまですそ野を広げて、出稼ぎの対象がどちらかというと海外に広く開放されている事と比較すると、風俗業界の出稼ぎの「現在の姿」に、引き継がれているのかもしれません。

まとめ

風俗業界においては、今も寒冷地方などから大都市圏へ流入するような出稼ぎは厳然として存在し、それを促進しているような都市圏の風俗のお店やチェーンから、地方にスカウトが派遣されるようなケースも多々見受けられているのですが、実際のところ出稼ぎは、スカウトが最初に語るところや、ネットなどに書かれているような補助や保証を得るための「前提条件」がある場合が多く、その中には風俗業では結構厳しい条件=ノルマとなる「連勤」が含まれているようなことが多いようです。
一見気軽に思える「出稼ぎ」ですが、それ相応の覚悟を持って臨まないと、あとあと飛ぶことになったり、悪くすると監禁や強制労働まがいのことになったりするリスクも含んでいる、と考えておいた方が良いでしょう。

とはいえいわゆる「昼職」と比較すると、文字通り「体を張った職業」であるがゆえにリターンも大きく、厳しいノルマ=連勤に代表される「前提条件」をクリアするメリットも非常に大きい、といえます。
いずれにせよ最後は「肉体的な健康と、強靭なメンタル」が必要になってくるところは、風俗業の出稼ぎに限ったことではないのかもしれません。
このあたりをよくよく考慮したうえで、出稼ぎをおこなうか否か熟考し、相応の覚悟ができて、腹がくくれるようでしたら、出稼ぎの決断と実アクションをおこなうのが良いのではないか、と思われます。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました