出稼ぎ先の風俗店が女性店長のところは止めておいた方が良い?

出稼ぎでガッツリ稼ごうと思っていたら、店長が女性だった!女性が店長の場合、色々と面倒なことが多いようです。
女性店長のメリットとデメリット、風俗嬢とお店側によくあるトラブル、お店を辞めたいのに辞めさせてくれない場合の対策などを紹介します。

 出稼ぎ先の風俗店が女性店長…メリットは?

セクハラをされる心配がない

未だに、自分の軽口がセクハラだと思っていない男性店長がいてウンザリするのですが、女性店長の場合はセクハラに悩む心配はありません。
また新人が受ける研修も実技研修などではなく、DVDを鑑賞する、というシステムを採用している所が多いので、安心感があります。

細やかな気遣いができる

男性が店長の場合、出稼ぎ嬢のための寮に必要な日用品の配慮が、どうしても欠けてしまう部分があります。
もちろん商品名を言えばすぐに補充してもらえるのですが、女性店長の場合、細やかな気遣いができる人が多いので、寮でも始めから快適に暮らすことができます。
また女性同士という面でも、デリケートな悩みを相談しやすい、体調不良など些細な変化に気づきやすいなど、女性特有の目で働く女性を見ています。

的確なアドバイスをもらえる

出稼ぎ先の風俗店が女性店長のところは止めておいた方が良い?仕事をしていると、お客さんの悩みや仕事でのことなど、どうしても悩みが出てきます。
女性店長は現役の時に風俗嬢として仕事をしていた経験を持つ人が多く、悩む風俗嬢へ的確なアドバイスをすることができます。
男性には言いにくい悩みも、女性同士でしたら言える、ということもありますので、こういった面では女性店長も心強いものがありますね。

やっぱり女性は感情的?女性店長のデメリット

自分中心の女王様

次に女性店長のデメリットを紹介します。
女性店長の場合、「自分が中心ではないと我慢できない」というタイプの人が多いようです。
仕事中はお客さんに気を遣い、待機をしていれば店長をヨイショして…。
嬢は気の休まる時がありませんね。
自分中心の女王様気質の店長だった場合は、嫌われないようにしておかないと、お客さんを回してもらえなくなる、という切実な話もあります。

同性の評価は厳しい!

女性店長は、もともと風俗嬢として活躍していた人が、店長になることが多いようです。
そのため、つい現役で働いている嬢への評価が厳しいものになって、キツい小言を言ってしまうことがあります。
嬢は萎縮して労働意欲がなくなり、売り上げが下がったことでさらに店長はうるさく…と悪循環に陥っていることも珍しくありません。
また「私の時代は○○で…」と、つらかった自分の話をして「今の子は良いよね〜」といった嫌味を言ったり。
こういったことがあるから、女性店長は敬遠されてしまうのかもしれませんね。

ものごとを感情で決断する

理論で判断する男性に対して、女性は感情で判断すると言われますね。
この嬢は好きだからフリーを優先して入れよう、あの嬢は嫌いだから…という判断をするのも、女性店長ならでは。
またプライベートで気に入らないことがあったら、次の日在籍している嬢に八つ当たりする、という店長もいます。
こういったタイプの女性は、できれば人をまとめる立場に付かないで欲しい、と思うのですが、難しいですね。

 風俗嬢と男性スタッフ・店長のトラブル

お金のトラブル

お金風俗嬢がトラブルを起こしやすい相手は、断トツでお客さんとですが、お店とトラブルになることも珍しくありません。
次に、風俗嬢とお店の男性スタッフや店長との間でよくあるトラブルについて紹介します。
お金のトラブルは、その最たるものかもしれませんね。
出稼ぎの場合ですと、交通費や宿泊費はお店が持つはずだったのに、いくらか天引きされていた。
保証があるから、と出稼ぎに来たのに、実際は保証なんかつけてくれなかったなど…。
これらのトラブルを回避する方法は、事前の面接できちんと話し合いをして、確認をしていくことです。
面接中にメモを取っておくと、後々「言った」「言わない」という不毛な言い争いも回避できます。
誰しもお金を稼ぐために風俗の仕事をしているのですから、最後まで気持ち良く働きたいですよね。
事前の質問・確認はしつこい位しっかりと行いましょう。

色恋沙汰はどこのお店も同じ?

風俗では嬢と店長、男性スタッフが色恋関係になるということが日常茶飯事とも言えますね。
大体男性の方は嬢をお店につなぎ止める手段として色恋営業を仕掛けているパターンが多いようです。
恋愛トラブルが元で、お店を辞めたり他の嬢との関係が険悪になることも多いので、系列会社によっては男性スタッフと嬢の恋愛を禁止している所もあります。

風俗嬢の虚言癖にウンザリ!

こちらは「お店が迷惑を被った」というパターンです。
どこか病んだところの多い風俗嬢ですが、中にはある事ないこと、デタラメを言いふらす「虚言癖」の女性もいるそうです。
年齢や経歴を“盛って”言うことはありますが、「彼の借金を背負うため風俗で働いている」、「子どもの養育費が必要なので…」など、事実とは全く違うことを平気で言う女性も中にはいます。
嘘を言って得るものは、むなしくなるような虚栄心だけなのですが、それでも嘘が止まらない。
お店も男性客も、当たらず障らずの距離を取っていることが多いようです。

 お店を辞めさせてくれない…バックレするしかない?

なかなか辞めさせてくれないお店の理由は?

「退職したい」とお店に言っても、「今忙しいから、もう少しだけ頑張って」とはぐらかして、結局なかったことにされてしまう…。
「辞めたいのに辞められない」とジレンマを抱える女性も多いようです。
お店としては「売り上げが落ちるから、できる限り長く働いて欲しい」と考えています。
それだけお店にとって必要な人だ、という見方もできますが、気持ちが揺らいでしまっては、なし崩しに仕事を続けなければいけなくなります。

「辞めたい」と思ったら

「辞めたい」と思ったら、その意志を貫くようにして下さい。
「もうちょっと働いて下さい」とお願いして、しぶしぶでも働く女性は、いくらかお店に未練が残っているということを見抜かれています。
本当に辞める決意を固めている嬢は、どれだけ言っても決意が揺らぐことがありません。
辞める、と決めたのであれば、「〇日で退職します」とハッキリ言って、止められないような理由を述べるようにしましょう。
「結婚します」「家族に風俗で働いていることがバレた」「目標金額を達成した」などが、お店から引き留められない理由付けです。
また、どうしても辞めさせてもらえない場合は、強引ですが「バックレ」するという方法もひとつの手段です。
バックレはあくまで奥の手として考えておいて下さい。

辞めた後はホームページをチェック

パソコン無事にお店を退店できた後は、お店のホームページをチェックすることを忘れないようにして下さい。
特に売れっ子風俗嬢の場合、「写真を載せていると来客数が増えるから」という理由で、退店した女性の写真を掲載したままにしている所もあります。
もちろん、うっかり削除を忘れていた、ということもありますので、もし退店しても写真を載せたままにしていたら、お店に連絡をして削除をお願いしておきましょう。

最後の手段は弁護士!

辞めたいと言っても辞めさせてくれない、「違約金を払え」とお言われて困っている…そういう場合は、こちらも最後の手段として、弁護士に相談することをおすすめします。
気になる相談料は1時間で5,000円〜1万円が相場ですので、負担は少ないのではないでしょうか。
風俗関係に詳しい弁護士もいますので、退店のトラブルが治まらない場合は、プロに相談することも検討しておきましょう。

 まとめ

女性店長のメリットとデメリット、風俗嬢とお店でよくあるトラブル、お店を辞めさせてもらえない場合の対策などを紹介しました。
女性店長に限らず、風俗嬢とお店側は何かと問題が起こりがち。
面接の段階でお店の雰囲気や上司の人となりをチェックして、働きやすい環境で仕事をするようにしましょうね。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました