風俗には本指名3回の壁がある?人気嬢は何回リピートさせるの?

風俗で働いている、またはこれから働こうと調べている人なら聞いたことがあるのではないでしょうか。
3回までは結構リピートしてもらえるのに4回目のリピートは激減してしまう、所謂「本指名3回の壁」です。
容姿もそこそこのレベルでテクニックも自信があるし、接客したお客さんからは「また来るね」と毎回言ってもらえるのに、3回目の本指名に繋がらないと落ち込む風俗嬢は結構多いようです。

初回以降2回も指名してくれててお客さんも楽しんでくれてるならずっと指名をもらえるだろうと期待するだけに、3回目の指名へ続かないお客さんばかりだとどうすれば良いのか悩みますよね。
本指名3回の壁は何故あるのでしょうか。
それは、お客さんのその風俗嬢に対する「飽き」が大きな原因のようです。

この子はもういいかな。3回目が分岐点?

壁基本は色んな女の子と遊びたいと思うのが男性心理としてあげられます。
そんな中で、3回目まではその風俗嬢の容姿が好みだったりテクニックに満足したから指名をしようというお客さんが多いです。
しかしこの3回目で「この子、もういいや」と思われてしまう風俗嬢が多いようです。
3回目のリピートともなると多少なりとも気心知れた相手となりますよね。
初回のお客さんよりは親しくなっている分、3回目で風俗嬢も素が出始めるのです。
1~2回目までは頑張っていた「演技」がなくなり前回よりも砕けた雰囲気でお客さんに接し始めてしまいます。

また指名してもらえた安心感から「本指名に繋げよう」と必死になることがなくなっているのでプレイも若干緩くなりがちです。
これがお客さんにとっては手抜きをされたと思うようです。
いくら顔見知りで気心知れてきたからと言っても、風俗嬢としての接客を怠ってはいけません。
「素」は見せているフリだけで、本当に見せてはマイナスとなり得てしまいます。
「また来てくれて嬉しい」と言ったところで、同じ相手だから多少手抜いても良いやと考えていることはお客さんにも簡単に見透かされているのだと認識する必要があります。
頑張ってくれないなら他にも風俗嬢は沢山いるからそっちに行けばいいと、指名をやめてしまうのです。

またお客さんも「3回も通ったんだから、何か特別なことしてもらえるだろう」という下心があります。
デリヘルなら本番をやらせてもらえる、ソープならS着のところをNSでやらせてもらえる。
こう言った期待をお客さんも抱くため、前回と何も変わらないプレイをされるといくら丁寧な接客をしてくれたところで「この子はもういいや」と飽きてしまうようです。
3回というのはまさに次指名するかどうかの分かれ目になっているのです。

テクニックでない部分で指名を決めているお客さんもいます。

2回までは「容姿が好み」「テクニックが好き」と言った理由でリピートするお客さんが多いですが、3回以上になるとテクニックなどよりも「居心地が良いかどうか」がリピートするか否かに繋がっていることが多いです。
その風俗嬢との相性ですね。
これが合うと毎回ほぼ同じプレイ内容でもお客さんは十分満足を得られるようですし、「この子に会って癒されたい」と指名を繰り返してもらえるようになります。
逆に言うと相性が良くないとお客さんに判断されてしまうと、3回以上の指名には繋がりにくくなってくると言うことです。

そうなるといくら接客を頑張っても指名は終わってしまうわけで、この部分に至ってはもう仕方ないと割り切ることも大事になってきます。
しかし、実はこの相性の部分は「本指名3回の壁」に結構大きな影響をもたらしていると知っていますか?
仕方ないと思うのも大事と言いましたが、全く努力できない部分でもないのです。

お客さんのことをノートに書き留めておきましょう。

ノートお客さんに居心地が良いと思ってもらうには「この子は俺のこと分かってくれているな」「俺を受け入れてくれるんだな」と感じてもらうことがポイントになってきます。
そのためにはお客さんと会話したこと、お客さんの好みのプレイなどを次の指名のときに見返せるようノートに記しておくのです。
「〇〇の時期には仕事が忙しくなる」や「シャワーでのイチャイチャは嬉しそう」と言った何気ない会話やお客さんのふとした仕草をメモしておきましょう。
次の指名のときにそれらを見返しておけば「前は仕事忙しそうだったけど落ち着いた?」と話題を触れますし、お客さんにとってみれば「この間のことを覚えててくれた」と好感度が上がるわけです。
もちろん全員が全員好感を持ってくれるわけではなく「指名取るのに鼻息荒くて怖い」と言ったマイナス印象を抱くお客さんもいます。

でも数多くいるお客さんの中で自分のことを覚えていてくれていると実感できるのは男性にとって嬉しいものです。
客ノートは取っていて損はありません。
そのお客さんだけの接客を行うことができ、自分は特別だとお客さんが実感してくれる演出ができます。
人気嬢になるほど客ノートを丁寧に取っていて、指名へと繋げているのです。

では人気嬢はどれ程繰り返しリピートを取れているのでしょうか。

実は、その店のナンバーワンの人気嬢であっても3回以上の指名をもらえないことも多いのです。
美貌・テクニック共に高レベルで、ついたお客さんは軒並み指名を返してもらえるような人気嬢でも「本指名3回の壁」は越えられないお客さんがたくさんいます。
人気嬢でもこれは避けて通れない壁のようです。
しかし、年単位でリピートしてくれるお客さんの数も半端ないです。
中には100回を超えて指名し続けてくれるお客さんもいるとか。

どうしてそれほど指名し続けてもらえるのか、やはり客ノートが重要なアイテムとなります。
人気嬢達はお客さんへ快楽だけでなく居心地の良さも提供すべく、お客さん一人一人が好む会話を使い分けそのお客さんだけの特別な空間を演出しています。
そしてプレイも毎回変化を付けて、いつも新鮮な気持ちをお客さんに感じてもらえるよう努力しています。
人気嬢の中には、3回目からは本番やNSをOKしたりと特別なサービスを行うことでリピート客を増やしている人もいますが、必ずそれらをしなければいけないわけではありません。
プレイ内容は同じでも順序に変化を付けたり、ちょっとしたサプライズ(洋服を脱がしたら下着を着けていなかったなど)をするだけでもお客さんには新鮮に映ります。
次はどんなことをしてくれるのだろうと期待をして、指名へと繋げてくれます。

また、繰り返しリピートをしてもらえる人気嬢は、嬢自身もお客さんとの時間を楽しんでいる傾向があります。
自分が来てくれて嬉しい、自分と過ごす時間が楽しいとニコニコ笑顔で接客してもらえれば当然お客さんは嬉しくなりますよね。
人気嬢は金のために仕方なくという雰囲気など微塵も感じさせず、その時間その時間を楽しんでいるという空気をお客さんへきちんと伝えています。
一緒に楽しもうとしている姿勢がリピート数増加へと繋がっているのです。

本指名3回の壁は決して悪いわけではありません。でももっと指名して欲しいなら工夫が必要です。

セクシー 女性しかし上記しましたが、人気嬢であっても3回のリピートで途切れているお客さんは多いです。
どれだけ頑張っても3回で終わってしまうのは致し方ない部分でもあります。
ですから、3回以上の指名がもらえないからと言って自信を無くすことはありません。
むしろ3回もリピートしてもらったのですから、風俗嬢として魅力があると自信を持っていいのです。
3回以上の指名はその子自身にお客さんが魅力を感じたとか、好きになったから通い続けているというテクニック以外の部分も出てきます。
むしろ一方的な好意を持たれて気分が重くなるなら、3回で途切れてしまった方が後腐れないとも言えるかもしれません。

それでも繰り返し指名をもらえることは店からも稼げる嬢として重宝されますし、嬢自身も安定的に収入が入るので指名を続けてもらえるのは嬉しいことですよね。
指名を次に繋げていきたい人は是非、客ノートを作りお客さんの好みを把握するところから始めてみましょう。
そして、最初からテクニックを全部見せるのではなく小出しにして「次来ればもっと気持ち良いことをしてくれるかも」と思わせたり、何回も指名してくれるお客さんにはその人だけの特別サービスを考えてみてはどうでしょうか。
また指名してくれたから今のテクニックで満足してくれているのだろうと考えるのではなく、もっと良いものを期待してくれているのだと考え、もう一度自分のテクニックを磨いてみてください。
更に次の指名へ、また次の指名へと長く繋がってくれるかもしれませんよ。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました