風俗で無口無言のお客さんにはどう接客してる?苦手なんです。

風俗店に無口なお客さん、いわゆるコミュ障気味な風俗客が来た場合は、皆さんどうしているでしょうか。
結構難しい話題ですよね。
喋らないといっても色々なパターンがあります。
どういうコミュニケーションを苦手としているのかを見極めないと、うまく接客ができないかもしれません。
この記事では、無口・無言のお客さんへの接客テクニックを書いていきます。
コミュニケーションは接客術の基本にして奥義です。
これを磨くことが稼げる風俗嬢になる近道でしょう。
無口・無言・目を合わせないお客さんも安定して接客できるようにしましょう。
ただし、どうしても駄目な風俗客、いわゆる地雷客もいます。
彼らに対しては、深く関わりたくない風俗嬢が多いでしょう。
本文中では彼らに対する対処にも触れます。

コミュ障気味の風俗客のパターン

吹き出し風俗客は千差万別です。
その中には会話が豊富な人もいれば、会話がまるでない無口な人もいます。
無口な人に接客するとき、何もしないと無言の時間を気まずく過ごすことになります。
風俗客が無口な場合は次の2パターンが考えられます。

  1. 風俗に慣れていないパターン
  2. 性的サービスだけが目当てのパターン

パターン1はお客さん側を風俗に慣らしていけば、風俗嬢にとって良客に変わってくれるかもしれません。
面倒がらずに接客を工夫しましょう。
喋らないのではなく、うまく喋れないのです。
パターン2は割り切っているので、問題はない風俗客が多いでしょう。
しかし、感じ悪い地雷客と呼ばれるヨロシクナイ客も混ざっています。
しっかりと見分けて対処しましょう。
それぞれの風俗客への接客の仕方をみていきます。

慣れていない無口無言の風俗客は良客候補に

風俗に慣れていないから「何をしゃべればいいかわからない、喋ろうにも言葉がでてこない」、そんな心中で無口になるお客さんがいます。
なかには、内気で基本的にコミュニケーションが苦手という人もいますが、どちらであれ会話やコミュニケーションへの慣れが足りないお客さんです。
大きな特徴は悪意がないことです。
風俗嬢やお店に害をもたらさず、ただ一点、接客しやすければ、いいお客さんになるタイプです。
このタイプを逃すのはもったいないです。
慣れ親しんでもらって、あるいは心を開いてもらって良客に変わってもらいましょう。

会話お客さんが慣れていないと感じたら、風俗嬢側が会話などの主導権を持ちましょう。
会話を展開させないと、無言の気まずい雰囲気に飲まれることになります。
先手を取るテクニックは挨拶からです。
このタイプのお客さんは挨拶するにも言葉に詰まるということがあります。
まずは笑顔で風俗嬢側から挨拶をして、落ち着いた雰囲気を作ってあげましょう。
挨拶を返されなかったり、言葉に詰まったりしたとしても気にしないようにしてください。
追い詰めるような雰囲気にはならないようにしましょう。
このとき「挨拶をしてくれるけど、その間も目を合わせない」など、このタイプのお客さんはいくつかのシグナルを出します。
挨拶するときに「あ、この人は慣れてないな」と感じたら、会話をリードするつもりでいきましょう。
お客さんとの会話では無難な会話は避けましょう。
今日の天気や最近の流行で盛り上がれるなら、コミュ障ではありません。
特に、語らせるような会話は最初の間はNGです。
最初は「うん」や「いや、違う」程度で成立する話題をふりたいところです。

テクニックとしては、そのお客さんの所有品や雰囲気などから興味のありそうな話題を探しましょう。
最初の間は独り相撲のようになってしまうのも仕方がありません。
どうしても会話の引き出しを探している間は、相手からの反応が薄くなってしまいます。
しかし当たりを引いてしまえば話は別です。
目的は、
「私もこれ知っていますよ。お話したいな」
というニュアンスをお客さんへ伝えることです。
「お客さんと共通の話題がありますよ」と示すことが大事になります。
お客さんが共感や興味を共有してくれれば、会話が進むようになります。

反応がある話題が見つからなければ、小道具に頼るのもありかもしれません。
カードゲームを用意している風俗嬢もいます。
共通の話題(=ここではゲーム)を作っていくやり方です。
ちょっとの時間でできるものを、会話の手始めとして勧めるのもいいかもしれません。
ただし、切り出し方が難しいので、保険として考えてください。

お客さん側から話し始めてくれたら、聞き手に回りましょう。
笑顔で相槌をきちんといれ、「共通の興味や共感できる部分があります」とアピールしていきます。
慣れてしまえばペースはともかく、お客さんは気持ちよく話してくれるようになります。
自分の話に興味を持ってくれるというのは、嬉しいものです。
ただし、どれだけお客さんのお話を引き出せたとしても、本来の目的である性的サービスの時間を削るのはNGです。
我に返ったときに、お客さんからサボったと思われないようにしましょう。

お客さんが会話に負担を覚えず、性的サービスにも満足して帰ったら、今度は指名が入る可能性もあります。
言い方は悪いですが、このタイプのお客さんはよほど慣れないと違う風俗嬢を指名する冒険はしにくいです。
あとは、風俗に慣れていってもらって頻繁に通ってもらう良客にしていきましょう。
性的サービスと、気負いしないで楽しい会話がおまけでできるなら、何度でもお客さんは来たくなります。
このタイプはあくまでも悪意があって無言だったわけではないので、コミュニケーションさえ克服すれば良客となる可能性が高いです。

地雷なお客さんには地雷接客もあり!?

敢えて喋らないお客さんは二通りいます。
性的サービスだけを目的としたお客さんと、最初から嫌がらせ目的のお客さんです。
前者は風俗慣れている風俗客です。
正直なところ、感じは悪いもののお互いに「そういうもの」として接客できるため、いいお客さんだったりします。
「ああ、接客のトークに飽きているのだな」と思ったら、それなりの対応をしましょう。
頻繁に指名をしてくれるお客さんにはなりにくいですが、特別文句も言ってこない、お互いにとって「都合のイイ」関係になります。

吹き出し問題は「嫌がらせかっ!」というくらい感じ悪い無言の風俗客です。
会話ならともかく、何か(サービスやモノ)をお勧めしても無言なのは行き過ぎです。
最初から嫌がらせに来ている可能性もあります。
もちろんお金を得ている以上は最低限の対応をしなければなりません。
今後指名してくることもないと思いますが、本当に合わないと思ったら、リピートの可能性が見込めない接客、つまり地雷接客を少し混ぜてみましょう。
といっても事務的すぎる対応をするといったレベルです。
会話を一切してくれず、悪意らしき物が見え隠れする相手に必要以上に力を入れて接客する意味はありません。
事務的に接客することや地雷接客が苦手なら、いっそのこと素知らぬ顔で他の風俗店をお勧めするのもいいかもしれません。
だいたいは「もう来るな」と言っているとわかるはずです。

繰り返しますが、お金を払っている客であることは忘れないようにしましょう。
その上で自分に難が降りかからないように、地雷気味の接客で自衛するのもありかもしれません。

無口・無言のお客への対応のレベル

無口な風俗嬢への対応にもいくつか種類があります。
これまでも書いてきましたが、最後にまとめておきます。
慣れていなくてコミュ障気味のお客さんは今後の良客候補です。
接客もコミュ障向けテクニックを使い、リピーターになってもらいましょう。
最初は大変かもしれませんが、大きな見返りがあります。

性的サービスだけが目当てで会話に期待していないお客さんはほどほどに対応します。
フリーならいいお客さんです。
陰険・無口なお客さんもお金を払っています。
最低限は接客しましょう。
ただし、どうしても無理なら、接客中にリピーターにしない工夫が必要です。
地雷接客と呼ばれる接客も一部使ってみましょう。
どんなに無口なお客さんでもお金を払ってサービスを受けに来ているので、一定以上の接客は必要です。
その上で今後も良客になりそうなお客さんには、より高度なテクニックで接客していくことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました