ソープでお客さんと対面したら手を繋いで部屋に行く理由は?

待合室の外でお客さんと対面し、部屋へ行くときは必ず手を繋いで行きましょう。
これには2つのメリットがあります。
まずは「恋人のようなムード作り」のためです。
もうひとつは「お客さんの爪の確認」のためとなります。

一つ目の理由はお客さんへの接客サービスの話しで、うまく次の指名に繋げることを念頭においています。
感じの良い接客でお客さんからの好印象を得ます。
二つ目の爪のチェックはソープ嬢自身のためにやるべきです。
怠ると最悪の場合は稼げるお金が減ってしまうかもしれません。
これらの理由を本文では説明していきます。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

恋人ムードの演出のため

恋愛ムード作りのためにお客さんと手を繋ぐことはよく目にします。
他の嬢がやっていることを怠れば、あまりいい印象は与えられません。
当然ですが次の指名にも繋がっていかないでしょう。
ソープ店ではお客さんに来てもらわないことにはお金が稼げません。
ソープ店で働く限りは、接客テクニックの習得は必要になってくるのです。

ソープ嬢はそれぞれにいろいろな接客術をもっていますが、やり手のソープ嬢は廊下の移動時間という短い時間も見逃しません。
本当の恋人ではもちろんありませんが、完全にお仕事としての接客を望むお客さんはあまり多くはありません。
今のトレンドはフレンドリー寄りであることを忘れないようにしましょう。

来店したお客さんがソープに望むことが、
本当の恋人にはしてもらえるはずがない性体験をしたい、恋人同士の逢瀬のような疑似的な恋愛を体験したい。
という、マニュアル通りの接客では両立の難しい欲求を満たしたいと考えている人も多くいます。
性的サービスを提供しながらスキンシップも、と考えると面倒かもしれませんが、多くをする必要はありません。
まさに手を繋ぐ程度のことから始めてもいいのです。

物理的に手を繋げるくらいにお互いの距離が近いという演出が、心情的にも距離感を軽減し、まるで恋愛ムードを作り出していくのです。

対面してから部屋までの移動というわずかな時間で、お客さんに恋愛ムードを味わってもらい好印象が得られるのなら、積極的に手を繋ぐべきでしょう。
もちろん手を繋ぐだけでなく、会話もしてスキンシップをとってあげてください。
そもそもデメリットがほとんどない行為です。
次の二つ目の理由もあるので、できる限り手は繋いでください。

お客さんの爪の確認のため

二つ目の理由です。
実はこちらは嬢自身の体に関わってくるので注意が必要です。
ソープ店で働く以上、お客さんの爪の長さや状態はチェックを怠るべきではありません。

ソープ店ではお互いにデリケートな部位に素手で触れることがあります。
そのとき爪が長いと、怪我の元になってしまいます。
お客さんの爪が長い状態で指入れをされてしまったら、痛みを覚えることも珍しくありません。
もし怪我でもしたら、次以降のお仕事はキャンセルしなければなりません。

怪我を避けるためにもお客さんと対面したら、さりげなく手を繋ぎ爪の長さをチェックしましょう。
どれだけ一見して清潔そうで、ニオイも問題がなくエチケットを守っていそうなお客さんも、残念ながら爪の手入れを怠る人はいます。
実際は大抵のソープの待合室には、爪きりが置いてあります。
注意喚起の張り紙もしてあることが多いですし、スタッフの爪の確認がある場所も存在します。
お店側で爪の処理を促してくれるわけです。

それでも爪が長いお客さんに当たることはあります。
そもそも待合室で切ってくれないお客さんも多いです。
ニオイや見た目は指摘されると気になるのですが、爪の危険性はなかなか伝わらないようです。
そのようなお客さんと当たったらどうするかを、次の項目では見ていきます。

爪の長いお客さんへの対処1

爪爪が長いお客さんに接客する場合は、負担にならないようにさりげなくソープ嬢がリードするべきでしょう。
受身でいたら指入れされて痛くなった、あるいは怪我をしたとか、痛かったけど言い出せなかったということがないように別の方向に誘導します。
その場の空気やムードを壊さずにお客さんを誘導しようと思ったら、「舐められるほうが好きなの」と、おねだりっぽくするのがいいかもしれません。スキンシップが事前に取れていれば、あまり不自然ではありません。
ただし、お客さんに爪を切ってもらうことが対処法としてはベストです。
事前のチェックで気づいた場合は次の方法を試しましょう。

爪の長いお客さんへの対処2

危なそうならお客さんの爪を切ります。
爪切りは手元に用意しておきましょう。
このとき重要なのは、お客さんへの伝え方です。
お仕事モードで伝えると、これまで作った雰囲気が水の泡です。
雰囲気を壊さないようにさりげなく、必要な場合はきちんと理由を告げて切ってもらいます。
あるいは、ソープ嬢自身に切らせてもらいましょう。
ソープ嬢が切るときはヤスリも自然にかけられるので、より安全かもしれません。

理由を伝える場合は、自身が敏感である、あるいは肌が弱いとワンクッション置いた上で、爪が傷や炎症の原因になるかもと伝えるといいです。
渋るようでしたらおねだりっぽく行くのも手です。

例えば、
「お仕事が忙しいと、爪のお手入れ忘れがちですよね。でも、せっかくかっこいいのにもったいないですよ。よかったら切らせていただいてもいいですか」
このようなことをそれぞれの言い方で伝えてみましょう。
上の言い方はだいぶ硬いです。
雰囲気に合わせて砕けた口調にしてください。

どれだけ対等のような接し方をしていても、サービスを提供する側であることを忘れてはいけません。
さりげなくて不快にしない伝え方をマスターし、評判を下げることなく自身の身体を守りましょう。

スキンシップを忘れずに接客と自衛を

盾対面して手を繋いで、部屋へ行く……。
ただこれだけの間に接客のテクニックと自衛のテクニックの両方を行うことができます。
これらをスムーズに行う秘訣はスキンシップにあります。
やや繰り返しになりますが、まとめていきます。

ソープ店ではお客さんに来てもらわないとお金が稼げません。
次の指名を得るための接客テクニックが、まるで恋人のようなムードの接客でお客さんとスキンシップをとることでした。
そのため対面して、まず手を繋ぐことは理想的です。
距離の近さの演出をしましょう。
体にさりげなく触れている時間が恋人気分に繋がります。

特にお客さんが清潔感あって、ニオイも対策しているマナーの良い人ならスムーズに接客に入れるかもしれません。
しかし、先にも述べたとおり、そんなお客さんも爪の手入れを忘れていることはあります。
そのことを理解して爪の確認をしましょう。

爪が長いと指入れなどでデリケートな部分を傷つけかねません。
ソープには稼ぎに来ているはずです。
傷ついたせいでしばらく出勤できなくなったら本末転倒になります。
ここは譲れない場所のでしょう。
遠慮して受身になってばかりではいけません。
爪を切って欲しいと言いだせなければ、プレイをリードして負担にならないようにします。

このときお客さんを不快にしないように注意が必要です。
もし爪が長いなと思っても、要求と言う形で言葉にしてはいけません。
お願いやおねだりと言う形にしておくのがベストでしょう。
お客さんを不快にして、評判を落としてはもったいないです。
もちろん指摘すれば指入れなどを遠慮するお客さんはいますが、安全のために切っておきたいものです。

さりげなく自分のお願いを聞いてもらう接客テクニックが必要です。
ここだけでなくいろいろなタイミングで使えるので、練習しましょう。
基本はお仕事モードではなく、お客さんとのスキンシップの中で伝えることです。
笑顔でおねだりされたら聞きたくなってしまうものです。

爪切りは待合室においてあることが多いです。
スタッフによるお客さんの爪の確認が行われるところも存在します。
逆に対策を取っていないお店はソープ嬢のことを大切にしているのか疑問があります。
長期間働くつもりならこういうところもチェック項目に入れてみてください。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました