女性の風俗スカウトマンには注意!その手口とデメリットとは?

風俗の世界にはお店を紹介するスカウトマンという仕事をしている人たちがいます。
スカウトマンは基本的に男性なのですが、中には女性もいて時には男性スカウトマンよりも悪質だと言われています。
この記事では、風俗のスカウトマンの危険性と、女性のスカウトマンの手口などについてを紹介します。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

風俗のスカウトマンってどういうお仕事?

質問風俗のスカウトマンとは、街中などで声をかけて女性に風俗店を紹介するお仕事です。
繁華街は歩いていればキャッチのような男性に声をかけられたことがあるという女性も多いと思いますが、その中でも「夜の仕事興味ある?」「お金もっと稼ぎたくない?」なのと聞いてくるのはだいたい風俗のスカウトマンです。
風俗のスカウトマンは、女性を風俗店に紹介することによってお店からバックをもらっています。
スカウトマンがもらう金額は、紹介した女性がお店で稼いだ金額の5%から20%です。
例えばお店に紹介した女性が月に100万円を稼いだとしたら、それだけでスカウトマンには月20万円程度給料が入るのです。

だからスカウトマンは必死に言葉巧みに女性を風俗店に勧誘します。
スカウトマンにとって重要なことは、勧誘した女性がいいお店で働けるのか、危なくないお仕事なのかというようなこよではなく、自分がいくら稼げるのかということです。
だからスカウトマンが紹介するお店は、とにかくハードで稼げるけど辛いお店が多いのです。
スカウトマンは夜の世界で働いている男性であったり、ホスト崩れが多いです。
それは女性慣れをしていて顔がかっこいいほど女性を騙しやすいからです。
はっきりと言ってスカウトマンからお店を紹介してもらってもデメリットしかありません。
スカウトマンは女性に対して親身になったようなふりをして話をしてきますが、考えていることはできるだけスカウトマンにバッグがたくさん入るように行かに女性を働かせるかということだけです。

今時風俗のお店を探すのであればインターネット上にホームページが山ほどあります。
また風俗嬢向けの求人サイトもありますのでわざわざスカウトマンに紹介してもらう必要は全くありません。
風俗のお仕事は普通の仕事に比べてお給料をたくさんもらえる仕事ですが、その分危険なことに巻き込まれる可能性があるお仕事なので、自分が働く場所はしっかりと自分で調べて探すようにしましょう。
自分でお店を探すのがどうしてもめんどくさいと言う女性であっても、最近では風俗嬢向けのスカウト型サイトというものもあります。
スカウト型サイトでは、女性が自分のプロフィールや希望を登録しておけばそれにマッチするお店から勝手にメールが来るというシステムです。
スカウド型サイトを使えば自分で探せて間もなく、しかも自分の希望にマッチしているお店から勧誘が来るのでお店を探すのがとても楽になります。

女性スカウトマンの手口

上で書いた通り風俗のスカウトマンの大半は男性です。
しかし最近では女性のスカウトマンも存在します。
女性スカウトマンのメリットは、やはり女性の気持ちがある程度分かるという点です。
また男性に対しては風俗で働きたいと悩んでいてもなかなか打ち明けることはできませんが、女性同士でしかも夜の世界にいるような人であれば相談しやすいのです。
しかし相談しやすいからといって女性のスカウトマンが、良い人間というわけではありません。
むしろ女性であるにも関わらず積極的に女性を騙してお金を稼ごうとしているということなので、男性よりも悪質な場合があります。
また、男性スカウトマンであれば怪しいと感じた時に拒絶することができても、同性で仲良くなってしまうとどうしても距離を置くのが難しく、関係を切れないことも多いのです。

割合女性のスカウトマンは男性のスカウトマンと違って街中で声をかけてくることはほとんどありません。
そして最初からあからさまに風俗の勧誘であることを言ってくる女性のスカウトマンはほとんどいません。
同性であることを利用して、最初は仲良くなってから結局風俗店を紹介するというパターンが多いのです。
女性のスカウトマンの手口には以下のようなものがあります。

バーやクラブで声をかける

バーやクラブであれば女性同士が声をかけたり仲良くなっても不自然ではありません。
またそういう場合にいる女性であれば、比較的夜のお店に対して抵抗が無いとも考えられますので、まずは「綺麗ですね」などと声をかけて友達として仲良くなってから「私、稼げるお店知ってるよ」などと言って風俗店を紹介します。

twitterなどインターネットを利用して近づく

最近増えているのはSNS・ツイッター経由で声をかけてくる手法です。
すでに風俗をやっている女の子であればツイッターのアカウントを持っていてお客さんの愚痴を言っていたりするという方も多いと思います。
そういうアカウントに対して、自分も風俗嬢であるふりをして「つらいよね」などとリプ送ってくるのです。
そういう事から徐々に仲良くなっていき、インターネット上でしかも同じ仕事をしているということで気を許してしまい、仕事についての相談などもするようになるのです。

一緒に面接や体験入店しようと誘う

同性スカウトマン特有の手口として、上で書いたような方法で仲良くなってから「いいお店知ってるから一緒に体入行こうよ」と誘う方法があります。
当日になって「急用ができたから」などという理由でドタキャンし、一人で働かせに行きます。
信頼している友達から誘われたという理由で素直に一緒に行ってしまい、お店からも勧誘されて結局働き始めてしまうという女性は多いのです。
もちろん女性スカウトマンはもともと一緒に体入するつもりなどなく、ただお店に連れていっただけです。
当然お店ともグルなので、あとはお店が何も知らない女の子を騙しこめば完了というわけです。
お店まで一緒に行って体入するふりをするスカウトマンも思いますが、もちろん部屋に分かれてからはスカウトマンは働いていません。

芸能事務所を紹介するなどという

ビデオ風俗の紹介よりもさらに悪質なのが、芸能界にパイプがあるように見せてAVに勧誘するパターンです。
実はAV業界なスカウトには、女性がたくさんいます。
風俗業界よりも足を踏み入れにくい業界ですので、素人の女性と用意周到に仲良くなるという手順を踏むためにも女性スカウトマンが活躍しているのです。
AVの勧誘の場合ストレートにそのことを伝えてもオッケーする女性はほとんどいませんので、だいたい芸能事務所を紹介するなどといってAV業界の人を紹介するのです。
最近ニュースなどでもよく見るようになりましたが芸能事務所だと偽り「仕事をとるため」などと言って女性の裸の写真や動画を撮ってから、それをもとに脅す手口が増えています。

基本的に芸能事務所などはホームページがあり、怪しげな面接などは一切行いません。
どうしても芸能界などと言われると魅力的に感じてしまうこともありますが、少しでも怪しいと感じたらインターネットで情報を調べてみたりするなど警戒するようにしてください。

まとめ

風俗のスカウトマンの危険性と、女性のスカウトマンの手口などについてを紹介しました。
風俗で働きたい時にスカウトマンに頼っても良いことは何一つありません。
また女性のスカウトマンはつい気を許してしまいやすい分より悪質なので、風俗への勧誘などが始まったら勇気を出して関係を切るようにしましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました