セクキャバって過剰サービスを要求されること多くない?面倒臭いよね?

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

キャバクラとセクキャバの違い

キャバクラとセクキャバって何が違うのでしょうか?
ずばり「お触りがあるか、ないか」が一番大きな違いではないでしょうか?
キャバクラはドレスやスーツを着用して、お客様にお酒を提供しながら会話を楽しむ場所です。
一方、セクキャバは、「ダウンタイム」や「ハッスルタイム」などと呼ばれる時間があり、その時間は店内の照明が暗くなったり、音響が大きくなったりします。
1時間に1~2回行われるお店が多いようですが、その時間はお客さんの上にまたがり、胸などを触られることになります。
キャバクラでも悪質なお客様は触ってくる人も中にはいますが、ボーイさんが止めてくれたり、最悪の場合出禁になったりと対応してくれるお店は多いでしょう。
それに比べてセクキャバはお触りさせるのがお仕事のため、キスしたり胸を揉まれるというのが主流のお店です。

ソープでもなく、キャバクラでもない、グレーゾーンのため、どこまでのサービスが許容範囲に当たるのか、線引きがとても難しい業界でもあります。
ただ、キャバクラでは高度な接客や会話術が求められるので、ランパブ(ランジェリーパブ)やセクキャバは、営業や会話が苦手な女性には「ラクに稼げる」と思われることも少なくありません。
ただし、体力勝負なお店でもあるので、精神的、体力的にタフであることは重要なポイントになりそうですね。

お客様に過剰なサービスを要求される?

質問キャバクラ、ソープランドでも「そこまでやる必要あるの?」と思うような過剰なサービスを要求してくるお客様はセクキャバにも存在します。
ただ、グレーゾーンであるため、キャバクラやソープよりも過剰なサービスを求められることが多いのが、セクキャバ。
実際にはかなりの割合で過剰なサービスを要求されるようです。
では、具体的にどのようなサービスを要求されるのでしょうか?
前述の通り、セクキャバは一定の時間だけお客様とキスをしたり胸を揉まれる時間があります。
ただ、それだけでは満足できず、「パンツの中に手を入れる」「抜いて欲しい」、「本番もしたい」など、ありえない要求をする、いわゆる「クソ客」が少なからず存在するのです。

「断られると怒られるのではないか」「もう来てくれないのではないか」など不安に感じるかもしれませんが、そういったお客様にはさりげなく、もしくはハッキリと断りましょう。
こういったお客様が毎回のように来店すると、断ることも面倒になり、ストレスになりますよね。
スーパーやデパートでもそういうお客様が少なからずいるように、「お金を払ってるんだから偉いのは客だ」「お金を払っているんだから何をしても良い」と、思い違いをしている面倒な客は存在するものです。

そして、思い違いが間違った場所で欲求を発散しようという心理につながってしまうのです。
ただ、お客様もキャストのことはよく見ているため、どこまでが許容範囲か探っていますし、過剰なサービスを要求したら怒られそうな子には言わないものです。
過剰な要求をされる場合、気が弱そう、声が小さい、媚びた接客をしている、など女性側に原因があるケースも否めません。
面倒くさいお客様になめられないように、声を大きく、姿勢を正し、媚びない接客をするというのも対処法の一つになりそうですね。

過剰サービスを要求する客・応じてしまうキャストの理由

では、なぜ一部のお客様は過剰なサービスを要求し、それに応じてしまうキャストがいるのでしょう。
その一つに景気の悪さがあると言えます。
昔のセクキャバやキャバクラなどは毎日のようにフリーのお客さんでお店が満席になるような、今では考えられない景気の良さでした。
しかし、現在はフリーで新規のお客様がたくさん訪れるお店のほうが少ないくらいではないでしょうか。
多くのお店は指名の子を目当てに来店したり、店長やキャストが必死に営業したり…
そういった営業方法でどうにかお店が成り立っているケースも増えています。
そうすると、必然的にお金を払ってくれるお客様とお店(キャスト)の間に上下関係ができてしまいます。

当然のごとく、キャストの立場が下になってしまいます。
そのため、本当連絡先なんて教えなくても良いのに連絡先を交換してしまう、同伴に付き合わなければならないなど、出勤している以外の時間も「お客様に次も来てもらうため」に必死にならなければいけない図式ができあがってしまうのです。
「奉仕しないと来てくれなくなるかもしれない」という焦りがお客様もわかっているはずです。
お客様は余程お気に入りのキャストがいない限りは特定のお店に行く必要はないので、より低単価でよりサービスが良いところに流れていくものです。

キャバクラ・セクキャバ・ソープ、どこが働きやすい?

質問キャバクラは「ライト風俗」、ソープは「風俗」、セクキャバは「グレーゾーン」と分類されることが多いですが、一番働きやすいのはどこでしょうか?
それぞれにメリット、デメリットがあるので自分の適性や許容範囲を理解しておくことが一番重要です。
最初は一番ライトなキャバクラから入る人が最も多いと思います。
原則、お触りは禁止、触られそうになったら手をつなぐなど、ある程度自分で対処できますし、それが難しい場合は黒服に止めてもらえるので、一番体を触られるリスクが少ない業界です。
ただし、ノルマやバックなどがあるお店も多いため、お客様との連絡先の交換は必須、出勤時間外のメールやLINEのやりとり、同伴やアフターなども求められます。

また、お客様は会話を楽しみに来ている方も多いので、トーク力は必須です。
政治やトレンドなど、常にアンテナを張って誰にでも合わせられるような話題を持ち合わせていないと、お客様から指名をもらえることは皆無です。
指名替えなんてされてしまったらキャスト同士のトラブルにもなりますし、お店に居にくい環境になってしまいます。
そしてソープランドは完全に体を張ったお仕事になります。
スタイルの良さ、顔が整っているなど、外見も重要ですが、セックスのテク、お客様を喜ばせる気遣いなどがないと指名がないまま待機させられてしまうので、勇気を振り絞って風俗業界に飛び込んでもまったく稼げない、という状況になりかねません。

お金ただ、普通にお客様に需要があるキャストであれば、キャバクラやセクキャバとは比にならないくらいの収入を得られることになります。
お金の為と割り切ったり、セックスが好きだから、という明確な目的がないと続けるのは大変なことですね。
また、ソープも密室の空間なので、お客様に過剰な要求をされたり、特殊な性癖を持つお客様にもあわせなければいけないので体力的にも精神的にもかなり労力を使う仕事ではないでしょうか。
そして、その中間とされるのがセクキャバです。
お触りはあるけれど本番まではやらない。
けれどそのグレーゾーンを利用して過剰な要求をしてくるお客様が最も多いとされています。

その要求がストレスになってしまう、どこまで受け入れて良いかわからない、という場合は心身共にまいってしまう可能性が高いので、キャバクラかソープ、どちらかを選ぶしかないかもしれません。
実際に、セクキャバで求められるサービスが過剰すぎるためにすれがストレスになり、「だったらソープのほうがラク」と風俗嬢になる女性も少なくないようです。

自分の適性と許容範囲を知ること

世間のイメージとして、キャバクラのようなライトな風俗も含め、風俗業は「男がお金で女を買っている」という勘違いが浸透しているように思います。
その中でも働いていきたい、働くしかない場合は、自分が何に向いているのか適性を見極めることが重要ではないでしょうか。
人と話すことが好き、お触りは絶対にイヤ、という方であればキャバクラがあっているでしょうし、体を張ってでもとにかく稼ぎたい、という思いがあるならソープではないでしょうか。
そして、会話も営業も苦手だけれど、本番までしたくない、というのがセクキャバにあたるのだと思います。

セクキャバは何度も記載しているとおり、グレーゾーンと呼ばれる業界ですので、過剰なサービスを受け入れられない場合、自分で対処する方法を身につけることが一番重要だと思います。
風俗全般は簡単な仕事ではないので、自分自身を見つめてどのサービスなら頑張っていけるのかしっかり考えることが大切ですね。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

セクキャバ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました