キャバの体入でその日の日払いがもらえないお店が増えている

面接したその日に仕事を体験して日払い時給何千円といった募集文句はよく使われています。
他の職種ではあまりない、風俗ならではのメリットです。
興味を持って面接に行ってみようかと考える、一番のきっかけとなった人も多いのではないでしょうか。
以前はこうした体験入店のあと、今後もそこで正式に働くことになる本入店をするかどうかにかかわらず、お給料はしっかりと全額手渡されていました。
それがここ最近は体験のみで終了となった場合は時給を減額したり、半分のみ支払って、本入した後に残りの体入分も支給する方式をとっているお店が増えてきています。

これは、それっておかしくない?と思われてしまっても仕方がない行為です。
ただ、そうした方法が増えてきた事情を考えると一概にお店が悪いとは言い切れない部分が出てきます。

日払いをする店が減った原因

お店は働いてくれる女性を増やしたいので、体入にも高額な時給を設定しています。
普通にアルバイトをしていると1日で1万円稼ぐのも大変なことですよね。
体験期間中は、ヘアセットや衣装なども用意してもらえて先輩キャストからサポートを受けながら仕事をすることができるなど、かなりの優遇をしてもらえます。

メディアでも取り上げられるようになり、キャバ嬢のイメージは風俗の中でもとても良いものになってきています。
けれどお酒の作り方や接客マナー、指名客の確保やキャスト間でのルールなど、キャバ嬢は表面的な華やかさだけでない細やかな気配りが必要な職業です。
もちろん、これだけのことを体験初日からいきなり全部こなすことができるとはお店も考えていません。
いいお店ほど初心者に対して丁寧な説明や困ったときのヘルプは充実しています。
ですがそれを逆手にとったその場しのぎでどうにかなる気楽な稼ぎ手段として、本入するつもりは初めからないのに次から次へと体入をしてまわる体入荒らしと呼ばれる女性が出てきました。

お金入るつもりもない女性に面接やサポートといった人員を割くのはお店にとって不利益です。
店内のサービスが手薄になるというのもあるのですが、そもそもキャバクラはお酒と会話を楽しむ場を提供するのが基本的なサービスとなるため、デリヘルやソープといった性風俗とは大きく異なるのです。
体入ということは誰と話すのにしても初対面ということとなり、どうしても会話の内容は似たようなものになりがちで深みや楽しさには欠けます。
長く勤めている女性がヘルプに回った新入りの多いお酒の席で会話が楽しめるでしょうか。
そんなことは当然ありません。

接待として訪れる利用客も多いので、キャバクラにおいて会話の品質はとても重要です。
何度も足を運んでくれるリピート客を増やすにあたって、会話や接客スキルが高い女性は一番大切なものと言えます。
1日しか続かなかったという女性が増えるというのは従業員への待遇が悪いのではないかなど、利用客からの印象悪化となる可能性もあります。
イメージというものが大切な風俗業界において、これは避けたいものです。

本入しないのであれば全額はもらえないというのは、荒らし行為が増えてしまったことに対する苦肉の策とも言えるでしょう。
こうした対策をすると体験入店自体を避ける女性が増えてしまい、良い人材を遠ざけることにもつながりかねません。
ですが面接だけで本当に働きたいかを判断するのは難しいことです。
日払い方式が減ってきているのは、お店の品質を維持するためのやむを得ない手段とも言えるでしょう。

日払いをするお店もある

Okそうした事情を理解していても、どうしても理由があってその日のうちにお金が欲しいこともあるでしょう。
減ってきてはいますが、全てのお店が日払いを止めてしまったというわけではありません。
求人広告で、日払い可能と書いてあるところは多いです。
ただ、これも「本入をするのであれば」という条件が含まれていることがあります。
ネットの口コミや評判から調べてみるのも簡単で良いのですが、意見にバラつきのあることも多いです。
やはり、気になるお店には目星をつけて面接に行ってみるのが一番です。

そして面接の際には、お給料に関してあらかじめ確認しておきましょう。
求人広告で掲載されていた時給と体入の時給が違うということもあります。
後のトラブルを避けるためにもこうした基本の確認をすることはとても大切なことと言えるので、お金などの待遇は確認をする癖をつけておきましょう。
ペナルティや衣装にかかる必要経費など、細かいところはお店によって違いがあります。

日払いの有無だけでなく、待遇に関する話をはぐらかすのは悪質店である可能性が高いです。
基本的に女性がいてこそ成り立っているのが風俗店なので、その扱いが誠実でないのなら働いても不満が出てきてしまいます。
事情があってどうしても体験したその日に全額支給してほしいというときは、理由を伝えることで柔軟な対応をしてくれることもあります。
このように実際に行ってみなければ分からないことは多いので、ネットの評判だけに頼らず面接で相談してみるというのも大事だということですね。

お金がもらえないという訳ではない

お金体入で働いたお給料を全額日払いとしてもらえるお店が減ったのは事実です。
ただ、それは悪質なお店が増えたからという理由ではありません。
マニュアルの整っているところであれば、働く前にお給料のシステムは教えてくれます。
本入すれば初任給の際に残りの分を加算してもらえたり、本入を決めれば全額日払いされたりとお店によって違いますが支払い自体が無くなった訳ではないのです。
単に日払いしてもらえないから悪質だと決めてかかるのは間違っていると言えるでしょう。

営業妨害である荒らし対策として、体入の際は発生した時給全額をもらえないかもしれません。
ですが、働き続けてくれる女性に対しては給料未払いといったことはありません。
働いた分から前借りをさせてもらえたり事情にあわせて一定期間だけ日払いをさせてくれたり、真面目に働いてくれる女性に対してはきちんとそれぞれに対して考慮してくれます。
一般的な月給制の会社やアルバイトで前借りはまずありえないので、初めから相談もできませんよね。
そうした面において風俗業界は理解があるので、いざという時のことを考えると安心感が違います。

まとめ

荒らし行為を行う一部の女性が原因のために、風俗で働くきっかけとなる日払いという大きなメリットが無くなってきています。
ですが、お店の質が低下した訳ではありませんのでキャバクラで働くのを諦めてしまうのはもったいないことです。
まずは面接へ向かって、お店の雰囲気を感じられる体験入店をすることでボーイやキャスト、そして利用客とも接してみてください。

即日で現金が受け取れるのは大きな魅力ではあるのですが、荒らしでないのなら働いてみたくなるお店を選ぶことが続けやすさや楽しさになってきます。
やみくもに体験ばかりを繰り返してブラックリストに載ってしまい自分が荒らしと思われないように気を付けましょう。
そんなつもりはなかったのに、本当に働きたいところを見付けたときに断られる羽目になってしまっては元も子もありません。

本入したあとのお給料は週払いや月払いなどの違いはあります。
ですが、まとまった金額の給与明細書を見ると頑張った成果が強く実感できて気持ちがいいものです。
その桁の違いは日払いでは感じられないものなので、頑張ることが自然と楽しくなってきますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました