吉原のソープで外国人客を入店NGにしているお店はありますか?

吉原のソープランドで働いてガッツリ収入を得たい!!
そう思っている女性の方も多いのではないでしょうか。
確かにソープランドはほかの風俗店よりも、サービス内容が充実している分、客単価も高く、
勤務すれば手っ取り早く高収入を期待することも可能です。
しかしソープランドで働く女性から、あるクレームが多発しています。
それは「外国人客が多い」「プレイ内容や料金に関するトラブルが多い」というクレームです。
最近、外国で日本ブームが起きていて、海外から日本に旅行に来る人の数は毎年最高人数を記録しています。
中国でのバブルもその追い風となっています。
外国へ行ってナイトライフをエンジョイする。
その考え方は各国共通。
日本の風俗店の在り方は外国ではあまりない形態が多く、その珍しさから注目されているのです。
しかし、文化のすれ違いからトラブルも多い…。
ほとんどの女性は「正直外国人相手は…」というのが本音です。
今回は吉原のソープランドで外国人客をNGにしている店に焦点を当ててお話します。

実際にNGにしている店はどれくらい?

質問実際に外国人客をNGにしている店舗は多くあります。
具体的な数はその店の実態を調査しなければわかりませんが、
以下のサイトから外国人を受け入れている店舗がわかります。
TokyoNights: http://tokyonights.jp/
Erolin Guide Japan : http://erolin.net/
吉原泡泡浴指南 : http://www.soap-japan.com/
これらのサイトに掲載されている店舗は外国人を受け入れているということです。
もちろんこれらに掲載されていないサイトでも外国人を受け入れている店舗は吉原に存在します。
その特徴としては、主に大衆店や、中級店では外国人客をNGとしている店舗が多く見受けられます。
おそらくそのあたりの価格帯の風俗店を利用する外国人客はトラブルを持ち込むことが多いという経験での判断なのでしょう。
逆に高級店では積極的に受け入れている傾向があります。
特に吉原での超老舗店金瓶梅では、独自のサイトを運営し、積極的に受け入れています。
この背景には、これほどの金銭的余裕のある客層ではトラブルとなることが少ないことや、客単価が高い分、一人でも受け入れが多いと収益面でかなりのプラスになることなどが考えられます。
店舗によっては、受け入れはしているものの「日本人客の同伴者のみ受け入れOK」としている店舗もあるようです。

このように実際に受け入れをNGとしている店舗、OKとしている店舗は存在しているということがわかります。

実際にあった!こんなトラブル。

では、外国人を風俗に受け入れた場合、どのようなトラブルが発生するのでしょうか。
吉原のソープランドで最も多いトラブルは、金銭支払いでのトラブルです。
吉原では独特の支払い体系を採用しており、入浴料として支払う金額と、女性に支払う金額が分けられており、それらを合計した総額を支払うというシステムとなっています。
店舗には入浴料のみが記載されている場合がほとんどです。
あまり情報を調べてこない外国人客の中には、入浴料だけが支払う値段だと勘違いするケースが多く、トラブルになることが多いようです。

ほかには、ハメを外しすぎ、女性に無理なプレイを強要したり、暴力的な行為に及ぶこともあります。
言葉の壁があり、満足なプレイができなかったというクレームもあるようです。

外国人は日本人以上に思ったことを口に出します。
ですので、些細な行き違いが大きなトラブルとなることも多いため、薄利多売を考える大衆店や格安店で受け入れを拒否しているのです。

外国人OKの店舗もあるみたい…なにかメリットは?

Okこれは単純明快。
外国人を受け入れるメリットは単純に利益となりやすいからです。
まず、外国人は観光で日本を訪れている方がほとんどであるため、お財布の紐が生活時より緩くなっていることが多いようです。
つまり一時のハメ外しとして、風俗店を利用する方が多くいます。
来日外国人の人数が多くなるに比例して、吉原に来る外国人も増えるということです。
さらに、外国人の場合、高級店では、日本人の正規料金+10000円ほど多く料金設定をしています。つまり外国人の場合客単価が日本人より高く、たくさんくればそれほど利益に直結するというわけです。

さらに女性キャストの立場に立てば、接客のメリットとして、プレイに積極性を欠いてもあまり後の収入には影響しないことがあげられます。
日本人のお客さんの場合は積極的に良いプレイを心がければ、その後リピート客として定着し、継続的な収入源となることがあります。
しかし外国人客の場合は、リピートするということはほぼありえません。
旅行ついでのお遊びですから、所詮その場限りなのです。
ですので若干手を抜いたところで大きな影響がないというメリットがあります。

さらに店舗にもよりますが、NNや即即を売りにしている超高級店の中には
外国人客に限って、ゴムありや即即をしなくても良いとしている店舗もあります。
これは性感染症の予防などが目的ですが、女性からすれば嬉しいですよね。

これらのように外国人客を相手にするメリットはある程度見受けられますが、
ほとんどは高級店でしか得られないメリットということがわかります。

外国人の接客!ここを気を付けよう。

やはり最も気を付けたいのが性感染症の感染です、
外国人は日本人のもっていないウィルスや菌を有している場合もあり、
重篤な性感染症に罹患する可能性もあるのです。
特に最近では梅毒の流行が心配されており、
中国人や韓国人は梅毒を有している男性が日本より多くいます。
安易にゴムなしプレイなどに応じると、そのような重篤な性感染症にかかってしまう可能性もあるため、日本人を接客するとき以上に、プレイ時の感染の予防を意識したほうがよいでしょう。

お金さらに先ほどの記した通り、プレイ料金や内容に対するトラブルがとても多いです。
基本料金に関してはプレイ前に支払っている場合がほとんどですので、
そのトラブルが女性にくることはないですが、オプション料金やプレイ内容の勘違いによるトラブルに巻き込まれることは十分にあり得ます。
オプションでOKしていないものを強要されたり、料金が必要なことをしっていなかったりなどその種類は様々です。
プレイ時間に関するトラブルも耳にしたことがあります。

これらのトラブルを避けるためには事前説明がとても大切です。
外国人を受け入れている店舗では、外国人用のマニュアルを配布している場合がほとんどですので、そちらを持参して起き、簡単に内容を説明できるようになっていることが望ましいでしょう。

まとめ

外国人客をNGにしている店舗が吉原のソープにも存在していること、そしてなぜNGにしているのかということがわかりましたでしょうか。
やはり外国人客を受け入れることは一長一短、それぞれのメリット・デメリットがありますよね。

どちらが良いというのは一概に言えませんが、どうしても接客はしたくないとお思いの方は事前に避けることも可能です。
外国人客を受け入れているのか、指名の際に拒否できるのか、などは店舗によってルールが異なります。
マニュアルの有無なども店舗によってことなるので、少しでも気になる場合は店舗に直接電話をかけ、問い合わせてみるとよいでしょう。
あまり警戒心なしに働いてしまうとトラブルとなってしまったときに大きな傷がのこってしまう場合もありますので、勤務を希望しているときはしっかりと考え、店舗選びの際にはしっかりと問い合わせるべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました