デリヘルで「自走」って聞くけどどんな意味?メリットは?

自走ってなに? 自走と専用送迎の違いとは?

自走とは、デリヘル嬢が自身の車で仕事場へ向かうことです。
一般的なデリヘルには専用送迎車があって、専属ドライバーが依頼主の元へお届けします。
なので、デリヘル嬢本人が自分の車を運転して向かうことを、自走と呼ぶのですね。
昨今、注目されている自走制度ですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

一般的なデリヘル送迎は、店専用タクシーのようなものです。
依頼が入ると迎えに来てくれて、仕事が終わると迎えにきてくれます。
複数人のデリヘル嬢を送迎しているので、依頼がブッキングすると、他の嬢を送るまで待たされることもあります。
ただし、車内で自由は許されているので、タバコを吸ったり、携帯ゲームをしたり、本を読んだり、好きに過ごすことができます。
他のデリヘル嬢と会話を楽しむことも可能です。
一方、自走。
送迎車のデメリットが目につく方ならば自走がおススメです。

  • 他のデリヘル嬢と長時間一緒なのが辛い
  • 他の女性を送迎しているあいだ、待たされる時間がもったいない
  • 終わったらすぐ帰りたい!送迎を待つのがイヤ!
  • 途中のコンビニよりたい!
  • めんどうだから車内待機していたい
  • 自宅から直接現場に向かいたい!

……などなど。

送迎制度に不満があるかたは自走するのがおススメです。
なんたって自分の車なのですから、好きに扱うことができます。
ドライバーや、他のデリヘル嬢の都合に振り回されたくない!というかたに自走は向いています。
また回転率がよくなるので、フリー客に恵まれやすいというメリットもあります。

デリヘルで「自走」って聞くけどどんな意味?メリットは?また最近では自走できるデリヘル嬢は優遇される傾向にあります。
人件費削減・時間短縮の面で、自走デリヘル嬢は重宝され、そうではないデリヘル嬢よりも採用率が高いそうです。
ただし、マイナス面もあります。
自走はドライバーも自分。
なので、プレイ後で疲れた状態で運転に挑む必要があります。
体力的にも、精神的にも辛いというかたは多いようです。
体力に自信のないかたは送迎を選んだほうがよいでしょう。
次への体力温存になりますし、なにより無用な事故を防ぐことができます。

また情報収集や、ランニングコストの面でも問題があるようです。
自走すると、自然と他人と接触のない時間が大半になりますよね。
デリヘル嬢同士の情報交換ができないので、報酬面で不備があったり、不遇されていても気づけないそうです。
また使用するのが自分の車というのも問題になります。
車にはランニングコストがかかります。
距離を走らせるだけ消耗するし、ガソリン代だってかかりますよね。
普通は自走手当が出るのですが、待遇が悪い店の中には、自走手当を出さずに、報酬の中に含めてしまうケースがあるようです。そんな場合は、自走するだけ損ですから送迎車を利用したいものですね!

自走は自己管理が大切!

お金自走にはドライバーがいません。
デリヘル嬢を管理してくれる人がいなくなる為、金銭管理も自分で行う必要があります。
プレイ終了後、客から支払い金を受け取った後、店の取り分をのちほど支払わねばなりません。
お店に戻って直接支払ってもいいし、手数料が平気ならばATMでもOK。
このとき最も注意せねばならないのは、盗難です。
お客さんに盗まれたり、車上荒らしにあったり。
あらゆるケースで売上金の盗難は相次いでいます。
その場合でも、店の取り分は支払わねばなりません。
売り上げ金がなくなったならポケットマネーから支払う必要があります。

また自走手当について確認する必要があります。
自走デリヘル嬢は店にとってありがたい存在なので、採用自体は優遇されやすいです。
しかし、自走料が基本報酬に含まれてしまう場合があります。
一般的な自走代は1件1000円。
しかし、件数が重なると莫大な額になります。
自分の車を消耗してガソリン代も負担して仕事するのと、送迎車で自己負担なしでのんびり送り迎えされるのと……どちらが得か、一目瞭然ですよね? 自走手当がないなら、送迎車へ。
もしくは、自走代も出してくれないケチな店には見切りをつけて、別の店にターゲットを変えるのがおススメです。

また自走を頼まれた場合、距離に関しても注意が必要です。
自走距離は5分~15分内で到着する場所が一般的。
ただし、田舎だと思わぬ遠方へ自走を頼まれるケースがあるようです。
安請け合いをされても苦労するのは自分ですので、自走代をしっかり交渉するか、長距離の場合は断ってもらいましょう。

自走は面接で有利! どんな店を選んだらいいの?

自走デリヘル嬢は、自走しないデリヘル嬢よりも採用面で有利です。
なぜかと言うと、営業エリアの広い店は、エリアのどこから依頼が飛び込むかわかりません。
エリアの端ギリギリの、全く正反対の場所から同時に依頼されるケースもよくあります。
そんなとき、とくにドライバーの手が足りないときなどは、1件こなすのに膨大な移動時間を消費してしまいます。
でもデリヘル嬢が自走してくれたなら! 無駄な時間をシャットアウトして、効率的に依頼をこなすことが可能ですよね!
そういうわけで、自走デリヘル嬢はとても重宝される存在です。
せっかく面接面で有利なら、より優遇してくれる店に採用されたいですよね。
デリヘル嬢の待遇には、どのような条件があるのでしょうか?

田舎よりも都会!小さな店より大きな店!
より高待遇を求めるなら、絶対に外せない求職メソッドです。
デリヘル店なら、ぜひグループ店を選んでくださいね!
グループ店は小規模の店と違い、強大な横繋がりがあります。
また関わっている従業員が桁違いのため、サポート力に天と地の差が出てしまうようです。

  • 指名ボーナス・各種手当アリ
  • 体験入店保障アリ
  • 無料送迎アリ
  • 自宅待機要相談

この辺りは、サポートがないと逆に悪質店の可能性がある条件ですね。

  • 社会保障・保養保険完備
  • 無料宿泊施設完備※素泊まり可能
  • 完全分煙、個別待機室完備
  • 自宅待機要相談
  • 面接交通費全額支給
  • 体験入店保障3万円
  • アリバイ対策可能

この時点で、えっ条件良いじゃん!と思う人はいるかもしれませんね。
煙草を吸いたい女性、煙が苦手な女性には完全分煙は嬉しい条件です。
また、そもそも人と一緒に居るのが苦手!という方には個別待機室がリラックスできる居場所になるでしょう。
なにより、面接交通費全額支給は大きいですよね!求人に対する本気が見えます。

そして、なによりスゴイのが……。

提携託児所アリ

子ども 女性子供のいない方にはあまり関係ないかもしれませんが、保育園などの抽選に漏れたお母さん方の中には、託児所に預けながら働ける!という理由だけで風俗入りを決めるほど重要な施設です。
ただし、求人に託児所連携アリ!と記載があっても、実際は託児所を紹介するだけなど、無責任な店もあるので注意してください。
働くのが決まってから、やっぱり預けれない!では大事故ですから。
面接か事前電話でよく質問しておきましょう。

まとめ

自走デリヘル嬢とは、自分の車を運転して仕事場まで行くデリヘル嬢のこと。
メリット・デメリットは個人によりけり、自由に行動したい人にはおススメ。

自走手当は1000円。
ただし、注意点がいくつかあります。
自走手当をつけない店があること。
金銭管理を自分でする必要があること。
疲れていても、自分で運転するしかないこと。
なお自走デリヘル嬢は面接で有利です! それなりの店に寄りかかる必要はありません。
せっかくなら条件のいい店を選びましょう!

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました