セクキャバ嬢はソープやヘルスでは働くのは嫌だと思っている

ソープやヘルスよりもソフトなサービスを行う事から、セクキャバで働くことを決めてデビューされる方も多くいらっしゃると思います。
キャバクラよりも稼げる方が大半ですし、風俗業界に片足入っているイメージもありますが、あくまでも水商売という位置ではあります。
そしてそのセクキャバで働くようになると、いくら高収入が実現できて懐に余裕があるような印象があったとしても、ソープやヘルスでは働きたくないと考える女性が多いとのこと。
今回はそういったセクキャバ嬢の本音についてご紹介したいと思います。

ソープやヘルスよりもセクキャバが優れている点

Okまずセクキャバ嬢がソープやヘルスに移りたくないと考える理由として、性的サービスを行う範囲が広くなることが挙げられると思います。
セクキャバにおいても少なからずお客さんに触られたり肉体的な接触は行われますが、ソープやヘルスに関して言えばセクキャバの比ではありません。
特にソープになると本番行為は当たり前ですし、ヘルスでも本強客は存在します。
また、セクキャバで働いてる間は良くも悪くも触られるだけです。
自分から男性のペニスに触れて性的なサービスを行ったり奉仕する必要はありません。
セクキャバで慣れてしまうとヘルスやオナクラであったとしても敷居が高く、求められるサービスのハードルが高く感じられるようになってしまうようです。

続いて、肉体的な負担の度合いです。
キャバクラで働くよりもセクキャバの方が肉体的な負担は増します。
そしてセクキャバよりもヘルスの方が負担は増え、ヘルスよりもソープの方が負担は大きいと言えるでしょう。
セクキャバは多くの男性客に胸を触られる形になり、乳首を特に弄られることになりますが、考え方によっては胸しか触られないとも言えます。
ヘルスでもソープでもアソコを触られることは基本プレイに含まれますし、ソープでは挿入までされます。
性的なサービスを行っているというよりは肌を露出して接客していると考えられるセクキャバ嬢であった場合、セクキャバで働いているとその一線を越えたくないという意思を持つようになることもあります。

セクキャバがあくまで水商売という立ち位置であることから、キャバクラの上位互換だと考えて風俗には足を踏み入れない女性が多いのが現状です。
そして最後に、セクキャバを離れたくないと考える女性の中には稼ぎ方のスタイルを重視している方もいらっしゃいます。
風俗はお客さんが来店したら一対一で対応します。
それは性的サービスを行う上で基本的なスタイルと言えるでしょう。
しかしキャバクラでもそうですが、セクキャバでも指名かぶりという形を取ることが出来ます。
つまり自分のお客さんが同時に何人も来店してきたとしても、開けた場所で接客するお店がほとんどですので、短時間でキャバクラの様に順番に接客することが可能なのです。

お酒待っている間はお客さんはお酒を飲んでいても良いですし、他の女の子に相手をしてもらっていても良いでしょう。
このスタイルを取れるのが風俗と違うセクキャバの強みとも言えます。
肉体的に負担が大きくなるという声を耳にすることが多くありますが、最も稼いでいるセクキャバ嬢の方は多くの指名を獲得し、短時間に何人もの男性客を相手にすることによって高収入を実現しています。
給料面でもかなり稼ぐことが出来て、ソフトなサービスしか行わないという状況を作り上げることが出来た場合、ソープやヘルスに移るメリットを感じられなくなるのは当然と言えるのかもしれません。

本当にソープやヘルスに移るメリットは無いの?

ここまででセクキャバにおけるメリットを中心にご紹介いたしましたが、もちろんセクキャバよりもソープやヘルスの方が優れている面も存在致します。
例えばシフト面。
シフトに関しては人気を博した場合は別として、キャバクラと同様に固定シフトを取られることが多いです。
自由出勤を認められるほど人気が獲得出来れば別ですが、シフト面での融通が利くことは夜職をする上で重要視される一つの項目です。
風俗嬢として働くことを決めた場合は自由出勤のお店が多くございますので、プライベートを大事にしながら稼いだお金を消費したいと考えた際にはセクキャバよりもソープやヘルスの方が向いていると言えるでしょう。

特にデリヘルで働いた場合は、出勤時間まで融通が利くお店も多くございますので、セクキャバから移った際にはその自由度の高さに驚くことになるかもしれません。
更にセクキャバにおいて性病に掛かるリスクが圧倒的に低く感じられると思います。
性行為を行うわけではありませんので、キスとお触りだけで性病が発症するはずがないと考える方が多いのではないでしょうか。
しかし実際はセクキャバにおける性病のリスクは意外と高いです。
ソープを例に例えますが、性的サービスを行う前にイソジンでうがいをするお店が大半を占めると思います。

これは性病予防のための習性と言えますが、実際これだけで性病予防になるとは言い切れません。
しかし、風俗嬢の方は性行為を行った後に身体を洗うことが出来ますし、ソープですので一緒にお風呂に入ることが基本プレイの中に含まれているのが普通です。
つまり何人もの男性客を相手にしても、ある程度の清潔感を自分もお客さんも保つことが出来るのです。
しかしセクキャバはそうはいきません。
おっぱいを弄られても次のお客さんを相手にする前にウェットティッシュで拭くだけで済ませたり、不衛生な歯も磨いていないお客さんとキスをしなければいけません。
もちろんその場で歯を磨いてもらうなんてことはデリヘルでもソープでもない限り出来ませんので、その不衛生な状態から口内に菌が移り発症してしまうケースがあります。

お金稼げる金額がソープやデリヘルの方が高く、性病のリスクが少なからず同じくらいの印象があるのなら、その点だけで判断するならばセクキャバよりもソープやヘルスの方が良いと言えるでしょう。

まとめ

セクキャバ嬢がソープやヘルスに移りたくないと考える理由に関してご紹介いたしましたが、実際に働く前と働いてみた後では女性が受ける印象に違いがあるのではないかと思います。
そして、その実際に働くようになってから感じる印象はとても大事です。
自分がやってみてどう感じたかという実体験に関しては、今後の身の振り方における最大の指針になると思います。
少なからずセクキャバ嬢のまま働き続けたいと考える女性がいらっしゃること、その理由に関してご理解いただきまして、その後に自分が働いてみて一致するかどうか照らし合わせて頂けたら良いのではないでしょうか。
個人差がありますので一概に言い切ることは出来ませんが、多くの方の体験談は自分が体験した情報に次いで信憑性がございます。

元セクキャバ嬢の方や元風俗嬢の方のコラムやブログを見るのは参考になる部分も多いのではないでしょうか。
現役で働いていらっしゃる方のブログはあまり信用できません。
匿名で書いている記事に限り信憑性は高いですが、多くのお客さんに来てもらうために営業スタイルを取っていることも多いです。
様々な角度から情報を仕入れ、その上で自身に合った勤務体系や仕事内容を選ぶことが最も稼げる方法への近道になると思いますので、念頭に置きながら勤務先を選ぶようにしてください。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

セクキャバ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました