風俗店を辞めさせてくれないトラブルは飛んじゃえば解決だよ!

一般的な雇用関係ですと、退職する一ヵ月前に上司や責任者に退職したい旨を伝えて、引き止められようが何であろうが退職することは可能だと思います。
しかし、風俗業界や水商売ならではの罰則や罰金があることから辞めたくても辞められないトラブルというのは生まれることがあります。
完全なデメリットとしか言いようがありませんが、それらを踏まえた上で風俗業界に足を踏み入れるかどうかは考えた方が良いでしょう。
具体的なトラブルの要因に関して以下、ご紹介したいと思います。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

罰金や罰則、誓約書へのサインという事実

契約書通常のアルバイトだとまず有り得ませんが、遅刻数回や当日欠勤で罰金数万円、連絡なしの当日欠勤で数十万円、無断退職や職場内恋愛でも罰金数十万円・・・。
冷静に考えてみればこれは絶対的におかしい事だとお分かりいただけると思います。
もちろん、入店する前からそんな事を考える方はいらっしゃらないと思いますし、目先の報酬に目がくらんで誓約書にサインする方がほとんどでしょう。
しかし、この誓約書にサインしたという事実が原因で退職することが出来ない風俗嬢の方が多いようです。
実際のところ、雇用契約を結ぶ際に多くのお店では実家の住所や連絡先まで教えなくてはいけないと思います。

むしろ断る理由がありません。
「風俗で働いていることを家族に知られたくないから」と言ったとしても「無断で辞めたりしない限り連絡することは無いよ」と言われてしまった場合には書かなくてはいけなくなると思います。
それでも書きたくないと拒否してしまうと、無断で辞めるつもりなのかと判断されてしまうので採用を見送られることになるでしょう。
また、通常のアルバイトや勤務先でも親の名前や住所は記入する企業がほとんどですので、風俗業界だからと言って記入を避けられる理由は無いでしょう。
しかし、その雇用契約の内容や誓約書の内容に、違法性を含んだ記載があった場合は必ずしも守る必要はありません。
仮に無断欠勤をしてしまったことにより、誓約書に従って罰金50万円を課せられたとします。

払いたくないから退職を願い出ると思いますが、罰金を払うまでは辞めさせられないと説得されたり脅迫されたりすることでしょう。
その場合は表題にある様に飛んでしまうのが一番早いです。
もちろん家族に連絡が行ってしまう可能性はありますが、初めに書いた連絡先や住所の内容が正しいかどうかを判断する方法を持ち合わせていないお店がほとんどです。
風俗という業界を信用できない場合は必ずしも正しい内容を教える必要はありませんし、仮に正しい情報を記入したとしてもメールで一報送れば話は済むと思います。
「法外な罰金を支払いたくありませんので辞めさせていただきます。
実家に電話をしたり自宅に押し掛けてきた場合は警察等視野に入れしかるべき対処をさせていただきます」

お金常識的な対応とは言い切れないかもしれませんが、そもそも法外な罰金を請求されていることからお店側も常識があるとは言えないでしょう。
請求書や実家、昼職がある方はその存在が足かせになって、トラブルが発生した場合でも退職できない方が多くいらっしゃると思いますが、もし飛んでしまっても予想だにしない様なトラブルに発展することはありませんので、毅然とした姿勢を貫くようにしましょう。
しかし、勤務していたお店の近くや繁華街には近づくことが出来なくなってしまうと思いますので、少しストレスに感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
デメリットとしては罰金50万円と比べたら訳ないと感じられますが、もし別の風俗店での勤務を視野に入れている場合は、飛んだ勤務先との繫がりが無いか心配になるかもしれません。

全ての風俗店は辞めたい場合飛べば問題ない?

さて、トラブルが起きてしまい退職できなくなった場合は、上記の対処法を取れば恐らく大体の問題が解決すると思います。
突発的に辞めることになりますが、違法性のある要求を我慢して飲んで損をする必要はありませんので、しっかりと拒否する姿勢を取るようにしましょう。
しかし、全ての風俗店で辞める際に飛んだりメールで連絡を入れていきなり辞めるという方法を取るのは絶対に止めて下さい。
中にはちゃんとお世話になったと感じられるお店もあると思います。
通常風俗店の給料は日払いがほとんどですが、日払いの雇用関係の場合は辞める二週間前には担当者に伝えないと辞めることは出来ません。

カレンダーそして一般的な常識で考えた場合は、自分の抜ける穴を新人を採用することで埋めなければいけませんので、一カ月ほどの猶予を必要とするお店がほとんどです。
退職する一ヵ月前にはきちんと退職したい旨を伝え、最後までしっかりと勤務した上で退職するのが常識的と言えるでしょう。
退職したいという話をした途端に、フリーのお客さんを回してくれなくなるお店もあるようですが、それでも自身が働いた上でお世話になったと思えるお店でしたら多少は我慢するようにしてください。
自分の常連さんやリピーターの方には最低限挨拶をすることも出来ると思いますし、お店に残って引き続き働き続ける風俗嬢がリピーターを獲得できるように配慮してあげるのも、去る者が残る者にしてあげられることと言えるのではないでしょうか。
風俗嬢を卒業した方の中には、しっかりと退職したい旨を一ヵ月前に店長に伝え、その一か月後に退職をし、後日挨拶に菓子折りを持って訪れた風俗嬢の方もいらっしゃったそうです。

お互いの関係性が良いものであるならば、通常のアルバイトや職場と何ら変わりありませんので、合法営業でスタッフの方たちも真っ当な仕事をしているのにも関わらず、自分の都合で飛んでしまうことの無いように筋を通すようにしましょう。

まとめ

脅迫や恐喝、何かしらの弱みをネタに風俗嬢を引き止める様なお店は違法営業を行っている可能性が非常に高いです。
そもそも法外な罰金に関して記載があること自体が警察に目を付けられる要因になります。
合法営業を行っているお店でも記載がある場合がありますが、仮に飛んでしまったとしても罰金や罰則をネタに自宅に押し掛けたり家族に連絡をしたりすることはあまりありません。
警察に目を付けられた上で営業停止を宣告されてしまうリスクがありますので、必要以上に誓約書の内容に怯えないようにしましょう。
そういったトラブルがあったことによって違法店であると決めつけることは出来ませんが、働き始めると分かりますが風俗業界や水商売はトラブルが日常茶飯事です。

当たり前の様に起こり得ますので、自分の身にトラブルが降りかかってきたとしてもしっかりと対応できるように知識は備えておいて損はありません。
非常識な方法や非合法の手法を持って風俗嬢を引き止めるようなお店であった場合は、早期にそのお店から離れることをオススメします。
そしてもし、通常のアルバイトと同様に自身の売り上げや真面目な勤務態度が理由で引き止められるようでしたら、真っ当なお店だと考えて辞めたい理由や事情などを真摯に伝えるようにしましょう。
まともなお店であった場合は分かってくれることがほとんどですので、風俗店というイメージに囚われ過ぎないように、お世話になったお店にはしっかりと最後まで勤め上げることが大切です。
一切のトラブルも起こすことなく、最初から最後まできっちりと働くことが出来るようにお店の営業スタイルや自身の勤務態度など、様々な点に目を向けつつ働くようにしてください。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました