風俗の面接はどんな質問をされますか?嘘はつかない方がいい?

初めて風俗の面接を受ける時は誰でも緊張をするものです。
しかし、どんな質問をされるかがある程度分かっていれば、心の準備をすることができます。
また、ついつい採用されるために、小さな嘘をつきたくなってしまうものですが、実際にはどうなのでしょうか?

風俗の面接に緊張をするのは当たり前

どんな仕事であれ、面接をするのはとても緊張します。
ましてや風俗ならばなおさらです。
緊張するのは当たり前のことです。
それは面接をする側も分かっています。
とはいえ、ガチガチだとあなたの魅力が分からず、お店に利益をもたらすとは判断してもらいにくくなります。
必ず聞かれることについては応えを用意しておくようにしましょう。

最近の面接はスカウトマンを使わない

スーツ 男性昔は風俗の面接といえば、良くも悪くもスカウトマンがセッティングをしてくれました。
女の子のフォローもして、お店に売り込むようなこともしれくれました。
しかし、現在ではスカウトマンを使うことはほとんどありません。
稼ぎたい女の子自らが風俗求人サイトに登録をして気になるお店に応募したり、スカウトを待ったりします。
自分をアピールできるのは自分だけです。

絶対に聞かれる質問とは

まず、絶対に聞かれる質問というものがあります。
最低限、この項目に対しては答えを擁しておきましょう。

名前、年齢

名前や年齢は必ず聞かれます。
身分証明書の提出も求められるので、ごまかしても意味がありません。
サバを読んだり、源氏名を使ったりするのはお店に対してではなく、お客に対してです。

どれくらい勤務できるのか

週末だけなのか、レギュラー勤務なのか、夜だけなのか、あまり出勤できないのに、できると言って採用されても、あとで居心地が悪くなるだけです。

なぜ、働くのか

なぜ、働くのかはストレートにお金と言ってしまってかまいません。
目標額が明確にある女の子の方が頑張って働いてくれそうだという印象を与えるでしょう。

嘘はつかない

少しでも良い印象を与えるために嘘を吐きたくなることもあるかもしれませんが、これは返って逆効果です。
1つ嘘がバレると、この女の子は他にも嘘をついているのではないかと疑われて不採用になります。

写メは加工しない

写真実際に会って面接をするまえに、写メで応募できるお店が多いです。
そのときに、加工したり、不自然な程に斜め上から撮ったり、身体を捩じったりするような写メは不採用に繋がりやすいです。
そのようなテクニックはお店ではなく、お客さんに対して行うものです。
お店のスタッフは加工した写真など見慣れています。
万が一、加工した写真で面接にこぎつけたとしても、落とされてしまっては時間がもったいないです。
写メはお店と女の子の無駄な手間を省くための手段です。

タトゥーは申告しましょう

風俗などで、タトゥーがある場合は事前に申告をしましょう。
タトゥー禁止のお店であっても場所や大きさによってはシールなどで隠せることをアピールすれば不採用にはなりにくいです。
採用されてからタトゥーがバレるとトラブルになったり、干されたりすることがあります。

面接で見られるのはお店に利益をもたらすかどうか

風俗の面接で見られるのはこの人物はお店に利益をもたらすかどうか、厄介なトラブルを運んでこないかです。
これはキャバクラでもソープランドでも、他の業種でも一緒です。

とにかく清潔感

風俗は急究極の接客業です。
安くないお金を払ってでも会いたいと思わせる魅力が必要ですが、なによりも大前提として清潔感を求められます。
厚化粧やブランド物の服やアクセサリーは必要ありません。
しかし、髪も服も化粧も指先も清潔感があることが大切です。
男性の好みはさまざまです。
若くスタイルが良く美人な女の子だけが風俗で働けるわけではありません。
しかし、お金を出してまで、不潔な女の子と話したり、触ったりしたいという男の人はいません。

服装は働く姿勢も見られている

風俗の面接は企業の面接のようにリクルートスーツを着ていく必要はありません。
だからこそ、迷ってしまいます。
普段着で気軽にお越しくださいと書いてあることがありますが、本当に普段着で行くのは考え物です。
ジーパンにTシャツ、スニーカーでも採用するお店もあります。
しかし、不採用になるお店もあります。
迷ったら、女子アナを参考にしたコーディネートがおすすめです。
女子アナスタイルは万人受けをします。
人気を出す為には個性を出すことも必要ですが、その前に誰からも好感をもたれることが大切だと知っているということをアピールすることができます。
風俗のお店が求めているのは唯一無二のアイドルではありません。

パンツスタイルよりもスカートの方が印象は良いですが、風俗などでボディチェックがある場合は、ワンピースなど上下が繋がっているものは全部を抜かなければならなかったり、みっともない恰好になってしまったりすることがあるので注意が必要です。

余裕があったら髪を捲いて

服装だけでなく、余裕があるのならば、髪を捲いたり、美容院でセットしてもらったりしてから面接に向かいましょう。
普通のヘルスやキャバクラならばそこまでする必要もないですが、高級なキャバクラやソープランドならばそれくらいの準備と気合が必要です。

時間は絶対に守りましょう

写真面接の基本中の基本です。
面接の時間を守らない人はそのほかのことについてもだらしない人間だと判断されてしまいます。
面接の遅刻はスタッフにそのまま無断欠勤や遅刻などを連想させてしまいます。

言葉、所作は上品に

言葉使いや所作は女性らしい上品さを意識しましょう。
タメグチや粗暴な所作は色気が無く、お客さんから人気が出無さそうという印象を与えてしまいます。
タメグチは気安さや明るさなどには繋がりません。
丁寧語や敬語を使って受け答えをしましょう。
膝は必ず揃えます。
緊張しても手で顔や髪などを触らないようにしましょう。

こちらかも質問をしましょう

面接とはお店のスタッフから一方的質問をされたり、品定めをされたりする時間ではありません。女の子自身も質問をし、お店を品定めする場でもあります。

質問はメモしておく

メモ面接で緊張すると、その場で質問が出てこないことがあるので、あらかじめ気になることをメモしておくのがおすすめです。
しかし、最初から質問をするのはよくありません。
風俗で働くにあたっていろいろ気になることもあるかもしれませんが、まずはスタッフ側の話を聞いたり、質問に答えたりしましょう。
一通り終わったらあなた側が質問をすると印象が良いです。
とくに、報酬や保証、引かれ物、前借などは気になるところですが、最初からその話題をすると図々しい、メンドクサイ、がめついなどという印象を与えてしまいかねません。

お店側も嘘を吐いていないか

あなたがお店に対して嘘を吐くと信用を失ってしまいますが、お店側が嘘を吐いている場合もあります。
講習が無いと言っていたのに、講習をしようとしたり、報酬が求人の時よりも低かったりなどする場合があります。
小さな嘘を吐くお店は他にもいろんなことを隠したり、嘘をついたりします。
そのようなお店は女の子を大切にしているとは言えません。

風俗の面接は条件を確認し、信頼を作る場

風俗の面接は誰でも緊張するものです。
しかし、女の子が一方的に品定めされる場ではありません。
お店と女の子、お互いの求める利益が一致し、信頼関係を作ることができるかを見極める場だと考えましょう。
そのためには嘘を吐くのは不利益にしかなりません。
嘘によって採用されたとしても後々苦労するだけです。
また、お店のスタッフはお客さんではないからと、だらしない服や髪や言葉使いをするのも良くありません。
お店のスタッフに私はこのようなオシャレをして、このような言葉遣いで接客しますということをイメージさせるようにしましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました