年金や税金について知っておこう!ちゃんと払ってる風俗嬢は少ない?

風俗嬢やキャバ嬢は年金や税金、健康保険などをしっかりと払っているという人のほうがむしろ少ないくらいかもしれません。
しかし、今請求されていないからこのままでいいやというのは危険です。
年金や税金の仕組みについてしっかりと知っておきましょう。
たまたま今まで何もトラブルがなかっただけにすぎません。
これからはマイナンバー制度に伴い、今までよりも脱税に厳しくなってくる可能性があります。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

手渡しだから関係ないとは言えません

お金 手お給料を手渡しで貰っているから私は税金や確定申告などは関係ないというのは間違いです。
お店側で、お客さんからいくらお金を貰って、女の子の報酬としていくら払ったかという帳簿を付けていれば、税務署はそこからお金の流れを把握します。

最近ではマイナンバー対策として、ソープ嬢のように、直接女の子にお客さんがサービス料を払うシステムを採用しているとところも増えてきましたが、今後もこの方法が通用するとは限りません。
また、時給制で働くキャバ嬢はこの手段は使いにくいです。
マイナンバー対策をしているお店かどうかの判断はお店がマイナンバーを聞いてくるかどうかです。
お店側が女の子のマイナンバーを知らなければ、どうにもなりません。

所得を得ているのならば確定申告が必要です

普通の会社勤めならば保険料や年金などが引かれた額が銀行口座に毎月振り込まれます。
しかし、風俗嬢やキャバ嬢は手渡しでお金をもらいます。
そうするともらったお金は全て自分のもののような気持ちになってしまいますが、そうではありません。
お店側は女の子を従業員としてはみなしていません。
個人事業主として扱っています。
なので、女の子自身が確定申告をして、保険料や住民税などを払わなければなりません。
これをしなければ脱税をしていることになってしまいます。

お店側の税金は税金ではないことが多い

風俗店に勤めていると、月々、税金と言う名目でお金を取られることがあります。
しかし、これは、いわゆる、隠語のようなもので、実際には在籍料のようなものです。
お店側が女の子からお金を預かって税務署へ納税しているわけではありません。
源泉徴収票を受け取ることができない税金の徴収は実際に納税をしているわけではありません。

確定申告は難しくない

確定申告自体はとても未経験だととても難しいことのように思えますが、実際にやってみるとそれほど大変なことではありません。
普段からやることは3つです。

  • 経費になりそうなレシートを取っておく。
    服、下着、お店までの交通費、化粧品、携帯代、写真代など少しでも仕事に関係のありそうなものは全部レシートを取っておくようにしましょう。
  • 収入を記録する
    給与明細も必ず取っておきましょう。
    貰えない場合はしっかりと記録をとるようにしましょう。
  • 帳簿を付ける
    家計簿のようなもので十分です。
    収支を記録しましょう。
    帳簿のソフトも数千円で購入することができます。
    これを使えば、いくら住民税や保険料などを納めればよいのかを一瞬で計算してくれます。
    扱いはとても簡単な上に、電話でのサポートがあるものもあります。

間違えたって大丈夫

Ok日本は脱税にとても厳しいです。
脱税の場合は実際に払わなければならないお金に加えて重い追徴課税が課せられますが、払う意思があって、確定申告を間違えてしまった場合はとくに問題になりません。
差額を納めれば問題ありません。
経費として申告しても実際には認められないものもあるかもしれませんが、その時に、対処すればよいだけです。

税務署や税理士は鬼ではない

分からないことやあるのならば税務署や税理士に聞いてみましょう。
ホームページなどをみると確定申告のやり方だけでなく、相談会や勉強会などが開催されていたり、電話での質問を受け付けてくれたりしています。
風俗嬢であることは伝える必要がはりません。
コンパニオン、フリーランス、ユーチューバーなどと言えば問題ありません。
払う意思のある人に対しては丁寧に答えてくれます。

税理士を雇うほどではない

税金や帳簿ってなんだか難しい、面倒臭いという人は最終手段として、全てを税理士に依頼するという方法がありますが、これはあまりおすすめできません。
50万円くらいかかります。
年収が1000万円以上でもなければ個人で雇うようなものではありません。
単発で相談に乗ってもらうのがおすすめです。
節税の方法などを紹介してくれるでしょう。

扶養に入っている人は隠すより嘘を

扶養に入っている人や昼職がある人は確定申告をしてしまうと風俗で働いていることがバレてしまうのではないかという心配をしている人がとても多いです。
確定申告をすることで家族や昼職の職場に分かってしまうことはあなたに一定以上の収入があるということだけです。
お店の名前やどんな仕事内容なのかまでは分かりません。
とはいえ、若い女性に多額の収入があるというのは不自然です。
お店のダミー会社に給与明細などを用意したり、株でもうけたりしたことにしたりなど嘘を用意しておくようにしましょう。
下手に隠そうとすると、バレた時、トラブルがより大きくなるかもしれません。

今のところ、普通のキャバ嬢ならばおとがめなし

税金税金は払わなければなりませんが、実際には年収1000万円以下のキャバ嬢は確定申告をしたり、税金を納めていなかったりしてもほとんどの場合お咎めなしです。
税務署の人が睨みをきかせてくるのはそれ以上の高収入のキャバ嬢です。
見せしめの意味もあります。
なので、大学生で親の扶養に入っているような場合は今のままでも問題がない可能性が高いです。

こんな場合は注意

税務署にも限界があるので、普通は収入がそれなりならば、放っておかれることが多いですが、分不相応な家や車を買った場合には怪しまれる場合があります。
あと、意外と多いのが密告や自白です。
うっかりSNSで堂々と脱税しているなどと言わないようにしましょう。

年金は加入しておくのがおすすめ

税金は取られるばかりで、あまり還元されていると感じにくいですが、年金には加入しておくことがおすすめです。
年金に職種は関係ありません。
配偶者がいれば、年金を払うことで130万円以上の収入があることが分かりますが、風俗嬢とは結び付けないでしょう。
年金に加入しても、将来もらえるか分からないから払わない、いざとなれば生活保護をもらえばいいという考え方の人もいますが、それは賢い方法とは言い難いです。

将来、支給額は十分とは言えないかもしれませんが、必ずもらえます。
そして、もらえる年金の内訳は半分が払った年金、もう半分は税金です。
つまり、今年金に加入しておけば将来払った分に上乗せしてお金をもらうことができるというとてもお得な制度なのです。
もし、不慮の事故で障害を負ってしまったときも支給されます。
極端に早死にをしないかぎりは元が取れます。
さらに、悪質な滞納の場合は差し押さえがある場合もあります。

税金や年金は払わないほうが怖い

風俗嬢やキャバ嬢はお金を手渡しでもらうので、全て自分のもののような気持ちなってしまいますが、そのお金の中から自分で税金や年金を払わなければならないということを忘れてはいけません。
いままでは問題なかったとしても、マイナンバー制度が始まり、これからは脱税に対しての監視が厳しくなるかもしれません。
闇雲に困ったと思うよりも勉強をしましょう。
税務署や税理士は払う意思、知りたい意思のある人に対してはとても丁寧に対応してくれます。
さらに、年金はしっかりと納付をしておくほうが将来的にとてもお得な制度です。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました