チャットレディと風俗嬢ならどっちが稼げる?働くなら?

風俗嬢の経験を持っている人は、60人に1人居ると言われています。
この不景気な世の中で、経済的に困窮して風俗の道を選ぶ女性は少なくありません。
今回は、ネット版の風俗と呼ばれるチャットレディ、実際の風俗店舗で働く風俗嬢ではどっちが稼げるのか?を比較していきます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

チャットレディの仕事とは?

チャットレディと風俗嬢ならどっちが稼げる?働くなら?チャットレディという仕事は、在宅・通勤型の二種類あります。
仕事内容は、ネットを利用します。
パソコンかスマホでサイトにログインして男性と電話で会話することのみです。
パソコンで行う場合は、WEBカメラを利用してチャットをします。
その際、顔出しする・しないは選択できます。
スマホや携帯電話の場合はテレビ電話、音声通話となります。
ちなみに、メールのみのメールレディという仕事もあります。
男性とメールで会話するだけのお仕事です。

チャットレディには、アダルトとノンアダルトが存在します。
ノンアダルトの場合は普通の日常会話や、趣味の話などをして楽しみます。
一方、アダルトチャットになると、女性がセクシーな恰好をして会話をしたり、アダルト要素の強いチャットになります。

時給に関してはノンアダルトで1000円~3000円ほど、アダルトは4000円~6000円となります。
チャットは一対一以外に、パーティチャットという設定もできるので、稼ぎもその分多くなります。
特にアダルトチャットの場合は、閲覧者が多ければ多いほど、男性が多額の課金をするということになりますので女性の稼ぎも自ずと増える仕組みです。

チャットレディのメリット・デメリット

まず、チャットレディのメリットは、お客さんに触れることがないので直接のサービスを一切しない点、それから自宅に居ながら自分の好きな時間、空いた時間にチャットができるので精神的に楽です。
チャットサイトの人気ランキング上位にくるほどの売れっ子チャットレディになると、一度に何十人という男性が同時にログインすることもあります。
その場合は、より稼げるというメリットがあります。
スタイルが良い、容姿に自信がある、他の人にはなかなかできないような激しいパフォーマンスができるという女性ならチャットレディが稼げる可能性が高いでしょう。
ただしサイトによっては禁止している行為があり、あまりに過激なパフォーマンスや、違反などをするとチャットができなくなることもありますので注意が必要です。

チャットレディのデメリットは、顔出ししないよりも顔出しする方が稼ぎが増えるけれど、その分、身バレもしやすくなります。
お店側がプロデュースしてくれる風俗嬢とは違って、チャットレディの場合は照明や服装などすべて自分でしなくてはいけないので思った以上に労力がいることがあります。
チャットレディの場合は、男性があなたをログイン(指名)してくれない限りはお金が発生しない仕組みです。
チャットレディのサイトによっては新人さんへの特別待遇として時給保証してくれるキャンペーンを実施しているところもありますが、時給保証はずっと継続されるものではありません。
あくまでも歩合制になりますし、男性とチャットをしない限り報酬は発生しません。
待機する時間が長いとその分、仕事が辛くなってくるという可能性も否定できません。
人気が出ないチャットレディは待機地獄になって、時間の無駄…全然稼げない…なんてことになってしまう例もあります。

風俗嬢の仕事は?

風俗には、いくつか種類があります。
その種類によって報酬も違ってきますが、指名を多く取ることが報酬アップの重要なカギになってくるでしょう。
まず、ヘルスです。
ヘルスは店舗型になっている本番行為を一切禁止しているところです。
仕事内容は、ただ会話をしながらいちゃいちゃする、コスプレ、フェラチオ、素股、全身リップ、手コキ、口内発射のサービスを行います。

チャット次にソープ。
ソープランドという略語です。
風俗の店舗の中でも最も過激なサービスをしています。
なんと、本番ありのところがほとんどです。
お風呂に入って、風俗嬢が体を洗いますが、その際に性的なサービス、本番行為を行うのです。
法律上で本番は違法行為となり、禁止させられるところなのですが特殊浴場という名で営業しているため、本番行為ができるようになっているのです。
しかし、本番行為はあくまでも風俗嬢の意思となっていて、お店側も暗黙の了解といった感じで営業しているところが多いようです。

お次はデリヘルです。
デリヘルは、お客さんがお店に電話をかけて、自宅またはホテルに風俗嬢を呼ぶという形の店舗です。
行う行為はヘルスと同じです。
本番行為はなしです。
ピンサロはピンクサロンの略で、風俗嬢が口内射精したりなど、射精専用のお店です。
風俗エステという風俗の仕事もあります。
オイルマッサージをしてマッサージしながら、エッチなサービスを行います。
オイルマッサージからの手コキで終了というケースが多いようです。
SMクラブもあります。
SMプレイをします。
ムチやロウソク、聖水、浣腸など過激なサービスを行います。

風俗嬢のメリット・デメリット

風俗嬢のメリットは、1時間あたりの収入が高いということ。
それから出勤日数や出勤時間はチャットレディと同じく自由です。
そして、勤務場所についても自由度が高いです。
デリヘルに関しては自宅待機もできます。
そして長期休暇や休暇後の復帰もしやすいという点もメリットでしょう。
ちなみに風俗店では働いた当日にバック(いわゆるボーナスのようなもの)が支給されることが多いです。
他の職と違って、職歴、学歴など関係なく採用される率も高いこともメリットとして挙げられますね。

逆にデメリットとなるのは、性感染症にかかる可能性が高いということ、ハードなサービスを強要されること、レイプに近いことをされるなどそういったことも多いため、精神疾患に陥りやすくなるという点でしょうか。
そして、出勤時に身バレする、勤務中に身バレするという可能性も否定できません。

結局のところどっちが稼げるの?!働くならどちら…?

お金二つのお仕事についてご紹介しましたが、結局どっちが稼げるのかということが気になりますよね。
風俗店舗の方が稼げそうに思えますが、風俗の求人で載っている日給を稼げる確率は低いです。
一日に平均して1万5千程度ということです。
実際に対面してサービスをしなくてはいけませんが、風俗店の場合は、指名が多ければ多いほど稼いでいる女性が多いです。
容姿は関係なく誰でも均一に稼げるというのがリアル風俗の良い点なのですね。

結局のところは、自分の性格に合っている方を選ぶということが何より大事です。
ネットを使って画面越しにサービスするか、実際に男性と触れ合ってサービスをするか、どちらが気分的に楽かということになってきます。
画面越しにサービスをするのは苦手という方もいるでしょう。
チャットレディの場合は出勤しなくても良いですが、待機はあります。
しかし家に居れるという点で、対面でサービスするのが嫌という方には合っているでしょう。

まとめ

いかがでしたか?チャットレディと風俗嬢、どちらが稼げるのかを紹介してみました。
最終的にどっちにするのかを決めるのは自分自身ですが、どちらの仕事も自分の頑張り次第で時給もアップし、月収もどんどん上がっていく仕組みになっています。
風俗店で働きながらチャットレディを副業にしているというような女性も多いです。
自分のライフスタイル、性格に合わせて選ぶと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました