デートコンパニオンのバイトは高収入?安全面は大丈夫?

風俗関係の求人を見ていると、たまに「デートコンパニオン」という業種があります。
ソープランドやデリバリーヘルスといったメジャーな求人に比べ、この業種は何だか仕事内容がはっきりしません。
一体、何をする所なのでしょうか。
高収入は期待できるのでしょうか。
安全面は大丈夫なのでしょうか。
以下に少し、調べてみました。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

「デートコンパニオン」という言葉自体が曖昧。

デートコンパニオンのバイトは高収入?安全面は大丈夫?まず注意して欲しいのは、他業種と違い「デートコンパニオン」という言葉自体がまだ固定的な意味を獲得していないということです。
一般に、風俗求人で出てくる業種はそれなりに固定した意味を持っています。
以下の様な業種が、その例だと言えるでしょう。

  • ソープランド
  • デリバリーヘルス
  • 性感エステ(回春エステ)
  • オナクラ(オナニークラブ)
  • セクキャバ(セクシーキャバクラ)

しかし「デートコンパニオン」は色々なお店でいろいろな使われ方をされているので、仕事内容がはっきりしません。
だからまず、求人に応募する場合などは求人広告の字面だけでなく、口頭で店長クラスに確認を取ることが不可欠になります。

デートクラブとは違う。

意味がはっきりしないデートコンパニオン。
よく混同されるのが「DC」と略されることもある、デートクラブです。
「デートクラブとデートコンパニオンは同じだ」なんて説明が為されることもありますが、厳密には両者は区別して考えた方が良いでしょう。
デートクラブは、運営会社が仲介役をして「富裕層の男性」と「モデルクラスの女性」のデートをセッティングする所です。
ヌキ(男性に射精させる性的サービス)などは全く行われないので、そもそも風俗ではありません。
またデートクラブ運営会社自体は、仲介業でしかないので水商売ですらありません。

それに対しデートコンパニオンは、システム的にはデリバリーヘルスに非常に似ています。
お店(最早「運営会社」ではありません)から女性を男性の所に派遣します。
ただしヌキは提供しません。
女性は時間制、つまり1時間から2時間単位で男性と食事などノーマルなデートをするだけです。
デートクラブは女性派遣型ではないので時間制限はありません。
セッティングをしてもらうのに、男性が運営会社へと料金を払うだけです。
その後はデートをしようがヌキに発展しようが、2人の「自由恋愛」というスタンスが運営会社によって取られることになります。
対照的にデートコンパニオンでは、お店が女の子をしっかり管理しています。
このためデート中、男性と女性が「自由恋愛」に発展するなどということは禁止されています。

エスコートクラブとも違う。

恋愛デートコンパニオンと混同される他の業種として「エスコートクラブ」なるものもあります。
要するに似た業種として、

  • デートクラブ
  • デートコンパニオン
  • エスコートクラブ

の3つがあるのですが、このうち最も意味が薄いのがエスコートクラブだと言えるでしょう。
つまり、それだけ使うひとによって意味がまちまちだということです。
エスコートクラブは業種としての意味は、ほとんど持っていません。
むしろ店名の脚色に使われることが多いです。
そしてそのために一番よく使われるのがデリヘルです。
つまり、エスコートクラブは多くの場合、デリヘルを意味しているのです。

「デートコンパニオン」で意味されていること。

こうして、デートコンパニオンがデートクラブともエスコートクラブとも異なることが分かりました。
仕組みをまとめてみると、こんな感じになるでしょう。

  • デリヘルに酷似した派遣型。
  • でも、ヌキはない。純粋にデートするのが仕事。
  • 1時間からの時間制。

デートクラブと違って男性会員に初回審査みたいなものはありません。
女の子の安全は、デートコンパニオンのお店が保障することになります。
「レンタル彼女」という呼び方をされることが多いのですが、これがデートコンパニオンを特徴づけるのに一番ぴったり合うと言えるでしょう。

デートコンパニオンでのアルバイトを考える。

恋愛さて、業態としてそれなりのイメージがつかめたところでデートコンパニオンのバイトがどのくらい儲かるのかを考えてみましょう。
デートコンパニオンのお仕事では男性客と時間制でデートするのですが、その料金の相場は1時間10,000円から5,000円となっています。
そのうちどのくらいが女の子へのバックとなるのでしょうか。
デートコンパニオン自体が業種的に新種でしかも意味が曖昧と来ているので、これ(バック)を調査するのは非常に難しいです。
しかし、セオリー通りに「折半(50%)」と考えれば問題ないでしょう。
そう考えると、女の子の時給は5,000円から2,500円ということになります。

ピュアなデートコンパニオンでバイトしたとなると、お仕事は本当に男性客とデートするだけで、例えばただ街を2人で歩くだけだったりします。
それだけで1時間2,500円ももらえるなんてことを考えると、非常に楽に思えますよね。
しかも、デートに掛かるお金はみんな相手(男性客)負担です。
ただ稼ぐためのバイトとして考えたとき、これは高収入に結びつくでしょうか。
デートコンパニオン会社の募集要項を見ると「月300,000円~」となっていますが、盛っている感じがします。
いわゆる釣り広告です。
デートコンパニオンの実態は、ピュア路線を打ち出しているお店ほど「売れないアイドルの巣窟」といったイメージです。
そしてデリヘルと比べた時、1時間2,500円というのは、効率があまりにも悪すぎるのではないでしょうか。
たとえ高級デートコンパニオンでパパ相手になったとしても、1時間5,000円が関の山です。
とても高収入は期待できない、というのが実際の所ではないでしょうか。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
「デートコンパニオンのバイトは高収入?安全面は大丈夫?」という疑問に答える形で記事を書かせて頂きました。
答えは「安全面は保障されているけれども、高収入は期待できない。」といった所になります。
デートコンパニオンは業態的にデリヘルに非常に似ています。
お店が安全を保障してくれていて、男性客は時間制でお金を払います。
安全面についてですが、デートコンパニオンではヌキを初め性的サービスは一切禁じられているため「個室で2人きり」というさえ禁止されているお店も少なくありません。
ただその一方で「ランジェリーオプション」なんてのを設定している店もあり安全面にどれだけ配慮しているかは正直、お店次第としか言いようがありません。

他方、収入面ではデリヘルを大きく下回ってしまいます。
これは性的サービスが無いから当然なのですが、1時間2,500円ともなると下手すればそこそこ上手く行っている在宅チャットレディより儲かっていないことになってしまいますね…。
高級デートコンパニオンになったとしても1時間5,000円が関の山ですから、歩合制であることも併せて考えるとデートコンパニオンは「生煮えの風俗」といった印象を拭えません。
つまり、「風俗をする勇気の無い女の子が手を出すのだろうけれども、その中途半端さがそのまま低収入に反映される」といった印象です。
いずれにせよ、デートコンパニオンはお店ごとに仕事内容が変わって来ます。
本記事では安全面と収入面について一般的なものを紹介しましたが、個々のお店の求人に応募する際には、仕事内容と収入規定についてしっかり店長クラスに確認を取っておくことをおすすめします。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました