AV女優という仕事の出演料の仕組みを教えて!給料はいつもらえる?

AV女優は人気がでて有名になれば仕事も安定的になってギャラが入ってきます。
1回あたりの出演料は単体・企画単体・企画によって大きく差はありますが、それでも高い金額になります。
ただ、それも数年前までの話しでAV業界全体が右肩下がりの産業と言われ、国内では頭打ちになっています。
実際のところはどれぐらいの収入があるのでしょうか?
よく比較される業界では風俗になりますが、風俗も条令などで厳しくなっている部分もあり、昔ほど稼ぎがないとも言われています。
AV女優の出演料の仕組み・実際の給料はどうなのかご紹介します。

AV女優の出演料はどうなっているのか

ビデオAV女優にはランクがあります。
風俗嬢にもありますね。
高級ソープ嬢・一般ソープ嬢・大衆ソープ嬢のようにランクによって収入にかなり差があるようにAV業界にもあるのです。
AV女優のランクは、単体・企画単体・企画とわけられるようになります。
単体は出演する作品の主演女優になることになります。
AVメーカーと数年間専属契約を行い、年間の撮影の本数にも制限があります。
ギャラはAV女優のなかでは一番高くなります。
企画単体は、AVメーカーとの専属契約はありません。
AVメーカーが作品のなかで一番コンセプトにあった女優を選ぶことになります。
そのAV女優が主演になるのです。
ギャラは高いのですが単発になります。

企画はAVメーカーとの専属契約はありません。
作品に出演するAV女優のひとりになります。
3つのなかでは一番低いギャランティになります。
単体AV女優は、ギャランティは月1回の撮影で月間数百万円のような契約になります。
企画単体・企画のAV女優は、男優との絡みの内容と難易度(特殊な行為など)と回数によってギャランティが決まるようになります。
企画単体のAV女優で、作品1回の絡みで10万から30万のギャランティになります。
絡みはプロフィールに記載したプロダクションとの話し合いで取り決めた内容で、NGプレイがある作品には出演オファーはありません。
企画のAV女優で、作品1回の絡みで3万から10万のギャランティになります。

AV女優のランクにより格差はあるのですが、全体的にここ数年で関東・関西ともに30%から40% ギャラは下降している状況になります。
単体のAV女優で1回あたり150万だったのが100万には下がっています。

AV出演以外のモデルなんかのギャラはいくらか

お金1回あたりのギャラが下がっている分、撮影だけをメインにするのではなく、プロダクションが紹介してくれるその他の仕事もこなすようになります。
写真集のモデル・撮影会モデル・パーツモデル・アダルトグッズモニター・エッチ系ライブチャットのチェットレディ・キャバ嬢・ソープ嬢・ヘルス嬢などがあります。
※パーツモデルは、一般的に手・足・髪・背中・口・お尻など一部だけの撮影になります。

AV女優も人気がでて有名になれば、CM・TV出演・ファンイベントなどのオファーもあります。
AV女優のランクによって撮影以外の仕事のギャラはまちまちで、1回あたり1万から数十万になる場合もあります。
AV女優も風俗業界と同じで、賞味期限・人気期間というものかあり、それを超えて仕事を続ける場合は、NGが多いとオファーがすくなくなります。
だから、単体女優だから将来が継続して安定しているのではなく、ランクも下がることがあるのです。

これは、AV業界・風俗業界だけではなく、美貌で成立する仕事に該当するもの、グラビアモデル・ファッショモデル・芸能人などに共通していることで、その年齢にあったコンセプトにシフトしていきながら仕事をしていかないといけないのです。
AV女優で稼げなくなった女性は、風俗業界の仕事をしつつ生活している女性も多くいて、最終的には風俗転身と言う方もいます。
数年前に活躍していた単体AV女優の年収がSNS嬢で公開され話題になりましたが、その女性の3年間の合計収入は1800万円だったようです。
前述のギャランティとは大きく離れている金額で、年間600万円で月間50万とうことになります。単体でこれぐらいのギャラとなると正直なところ将来性がないと感じますね。

また、企画単体で仕事をしていたAV女優の最高月収も80万とかなり低い設定になっていたので、ネットで流れているプロダクションの一般的なモデルギャランティというのは、もしかしたらプロダクションの取り分であって、AV女優の手元に残る金額はもっと低いのかもしれません。

出演料のうち事務所はいくらとるの?

プロダクションによってAV女優に支払われるギャラは違いがあります。
AVメーカーと契約した金額の30%から40%がAV女優の収入になるようです。
良心的な事務所で50%になり、悪徳プロダクションやスカウトがはいったら10%が取り分になったりするようです。
これで、前述の謎が解けました。
プロダクションなどや他のAV女優に関して専用サイトで掲載されているAV女優のギャランティというのは、プロダクション側がAVメーカーとして契約した出演料であって、AV女優の手元に入ってくるものではないことになります。
単体AV女優で100万が出演料であれば、50%で50万になります。
だから3年間の合計収入1800万というのは事実になるのでしょう。

プロダクション側も会社を運営していく上では、必要な事務所賃貸・諸経費・営業マンの人件費などを考えれば妥当な割合になるともしれません。
一般企業でも、利益の3分の1が収入だと考える部分があるので、100万で50万は良い方なのかもしれません。
ただ、はだかなり撮影のなかで本番行為を何度もしてその収入というのは、割合としては妥当であっても、している内容と収入のバランスはとても悪いものに感じます。
風俗と比較してみると一目瞭然になります。

風俗の給料と比べてはどうなのか?

お金風俗のタイプごとの平均年収は以下になります。
ソープランドは、3600万から4800万
SMクラブは、1800万
ヘルスは、1200万から1500万(イメクラも同じじらい)
セクキャバは、700万から800万
ピンサロは、600万前後(キャバクラと同じぐらい)
性感エステ・オナクラは、400万前後
単体AV女優で活躍していた女性の収入と比較するとピンサロ嬢と同じぐらいの稼ぎになります。
どっちがいいのでしょうかね。
稼ぎだけを見れば、風俗嬢の上のクラスの方がよほどといいことになります。
ただし、風俗嬢は不特定多数の素人を相手にするので性病感染のリスクがあります。

まとめ

AV女優にはランクがあります。
風俗嬢にもありますね。
高級ソープ嬢・一般ソープ嬢・大衆ソープ嬢のようにランクによって収入にかなり差があるようにAV業界にもあるのです。
AV女優のランクは、単体・企画単体・企画とわけられるようになります。
単体AV女優は、ギャランティは月1回の撮影で月間数百万円のような契約になります。
企画単体・企画のAV女優は、男優との絡みの内容と難易度(特殊な行為など)回数によってギャランティが決まるようになります。
企画単体のAV女優で、作品1回の絡みで10万から30万のギャランティになります。
AV女優のランクにより格差はあるのですが、全体的にここ数年で関東・関西ともに30%から40% ギャラは下降している状況のようです。

プロダクションが紹介してくれるその他の仕事もこなすようになり、写真集のモデル・撮影会モデル・パーツモデル・アダルトグッズモニター・エッチ系ライブチャットのチェットレディ・キャパ嬢・ソープ嬢・ヘルス嬢などがあります。
数年前に活躍していた単体AV女優の年収がSNS嬢で公開され話題になりましたが、その女性の3年間の合計収入は1800万円だったようです。
プロダクションによってAV女優に支払われるギャラはかわってくるのですが、AVメーカーと契約した金額の30%から40%がAV女優の収入になるようです。
良心的に事務所で50%になり、悪徳プロダクションやスカウトがはいったら10%が取り分になったりするようです。

単体AV女優で活躍していた女性の収入と比較するとピンサロ嬢と同じぐらいの稼ぎになります。
ご参考にしてください。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

AV女優
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました