援デリには犯罪に巻き込まれたり、危険な目にあう可能性がある

近年、JC・JK(女子中学生・女子高生)が援デリを利用し、危険な犯罪に巻き込まれる事件が多発しています。
援デリでは未成年女性を利用した売春行為を目的とした悪質な手口で女性や男性を誘う込む、悪徳業者が多数存在します。
援デリで実際にあった事件や、業者の手口を紹介していきます。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

業者は出会い系や掲示板に潜んでいる

掲示板業者が未成年女性を誘い込む手口は出会い系や掲示板などで、援助交際を希望している女性にコンタクトを取り、売り上げの数%をもらう変わりに、客の確保とトラブルがあった時の後ろ盾になる事を条件に未成年女性を勧誘します。
未成年女性が個人で援助交際をする場合は、自分で相手を探したり掲示板に書き込みをするなど手間がかかり、実際に援助交際する時に何かあっても守ってくれる存在がいないため危険なものになっています。
援デリを利用すれば、それらの手間や危険性が低くなり、安心して売春できる事から勧誘にのり援デリに加わってしまう未成年女性が多くなっています。

出会い系や掲示板は、サクラが多いので有名ですが、現在ではサクラの数より援デリ業者の方が上回っています。

男性を誘う手口

出会い系や掲示板サイトに男性からの援助交際を希望する書き込みを見つけると、コンタクトを取り、援デリ業者が用意している女性従業員を紹介します。
値段交渉と待ち合わせ場所を決めると、業者が女性を車で送迎し目的地に送ります。
男性とホテルに入り、本番行為を含む性行為をして報酬をもらいます。

実際にあった援デリでの衝撃の事件

2014年に出会い系サイトに「簡単なバイトがある」と書き込み、未成年少女をホテルに連れ込み、睡眠薬入りのお酒を飲ませたり、覚せい剤を吸引させ、正常な判断ができないようにした状態で援デリに勧誘する卑劣な手段を使った援デリ業者がいました。
後日、少女が誘いを断るとホテル代や薬代を請求し、返済目的で援デリを強要させました。

覚せい剤で未成年少女を薬漬けにし、売春行為を繰り返し行わせ、数ヶ月で1600万円以上を売り上げました。
集められた未成年少女の総数は20名以上だったそうです。
主犯人物は男性2人、女性2人の計4人で、女性の方はなんと16歳と19歳の未成年少女でした。
未成年少女の2人が被害少女をまとめたり、24時間監視して逃げられないようにしていました。

19歳の少女は主犯格の男性と出会い系サイトで知り合い、金儲けをするようになりました。
もっと楽に稼げる方法がないか探していた所、援デリを見つけ犯行を思いつきました。
雇った少女は強制労働させられる事もあり、売春をしても無報酬だった事もあるようです。
主犯人物の4人は、覚せい剤取締法違反、売春防止法違反、児童福祉法違反で逮捕、起訴されています。
今尚、出会い系サイトには、こういった業者が潜んでいる可能性があります。

援デリ狩り

罰金援デリを繰り返していた少女が、暴力団関係の男性らに脅され「罰金」という名目で少女らに多額の借金を背負わせ、返済するために売春行為をさせていたとして、暴力団関係者を含む9人が逮捕、起訴されています。
メンバーらの間で「援デリ狩り」と呼び、手口は出会い系サイトで援助交際をしている少女に、客と装ってコンタクトを取り、「組織の許可なく客を取った罰」などと脅し、強制的に50万〜100万円の借金を背負わせました。
1回の売春料金は25,000円で1日に相手にする男性の数に関わらず、一律10,000円の報酬だったそうです。
中には監視カメラの設置されたマンションに監禁された少女もいました。

女子高生が組織する援デリ

地元の友達を誘い、援デリを組織する女子高生グループの援デリもあります。
少女らは「おいしいバイトがある」と甘い言葉で友達や、年下の女子中学生を援デリに誘い込み、逃げようとすれば、「学校や親にバラす」などと脅し、無理やり売春行為をさせていました。
売上のほとんどは女子高生グループの中心人物が取り、売春をした少女の分前はかなり少なかったそうです。
SNSやLINEで連絡を取り合い、計画的に売春をさせ、周囲や警察にバレないよう慎重に営業していました。

しらない間に援デリで働かされる

援デリはネットで堂々と、求人が出せないので勧誘や募集方法が出会い系が基本になります。
スマートフォンの利用者が増え、無料で使える出会い系アプリが登場してから、援デリ業者の数が急激に増えました。
出会い系アプリを使用する未成年女性は風俗関連の知識に乏しい事が多く、犯罪行為と知らないで援デリで働く事があります。
中にはデリヘルの求人に見せかけ、働いてみると援デリだったという事もあります。
出会い系などで風俗の求人がある場合は援デリ業者である可能性があるので注意が必要です。

援デリのリスク

援デリには営業届けを出し、許可を得て営業しているものがあります。
きちんと許可を得て営業している援デリは本番行為がなく、デリヘルと同じ内容になっています。
ですが、ほとんどの援デリは営業許可を得ていない違法なものが多くなっています。
警察のバレると逮捕される可能性や、別の事件やトラブルに巻き込まれる危険性もでてきます。
援デリでは、本番行為が基本なので性病や妊娠のリスクもあります。
ホテルでは男性と2人きりになるので、コンドームを着用せず、無理やり行為に及ばれる事もあります。

援デリ業者には悪質な物が多く、売上の報酬を支払わず働かせる業者もいます。
勧誘する時には、何かあったら守ってくれる条件ですが、実際にトラブルが合った時真っ先にトンズラするのは業者です。
甘い言葉で誘ってくる裏には、少女の弱みに浸け込み脅迫や脅しで、少女を逃げられなくします。
援デリは手軽に稼げると思っている方が多いですが、実際にはそんなに稼ぎの良い仕事ではありません。
以前は援助交際する少女が少なく、希少性から高額の値段でしたが出会い系やスマートフォンの利用者が増えるにつれ、売春をする少女が増えたため、以前のような高額な値段では客がつく事がありません。
1回の売春に以前は5万円支払われる事もありましたが、今では1回の売春相場は1万5千円〜2万5千円です。
その中から業者にも支払わないといけないので、実際の稼ぎはもう少し下がります。

お金援デリ狩りと称し、援助交際をする少女を出会い系などから探し出し、脅して金銭を要求するグループもいて、目を付けられると恐ろしい目に遭います。
援デリは、通常の風俗でありえるリスクとは比べもにならないほど危険です。
性病や顔バレ程度の話ではなく、命の危険に晒される事も十分あります。
援デリで働く事は大変危険なので自分自身もそうですが、周りで援デリをしている友達がいたら引き止めましょう。

まとめ

援デリは違法な営業です。
知識のない少女を甘い言葉で勧誘して売春をさせる悪質な内容です。
援デリ業者の中には覚せい剤を使用して少女の判断力をなくし、薬漬けにして売春を強要させるものもいました。
一度援デリグループに加わると、自分からは辞める事ができなくなり、辞めようとすると周りにバラすと脅され逃げられないようにしてきます。
援デリ業者は甘い言葉で勧誘してきますが、最初の条件を守らない事も多く、少女らが稼いだお金を全て奪う事もあります。
援デリ狩りに遭う可能性や犯罪に巻き込まれる可能性が高いので援デリで働く事は絶対にやめておきましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました