ガールズバーの仕事内容とは?給料は時給?稼げるの?

ノルマがないガールズバーは時給とは別にバックなどでも稼げる、気軽に働けるナイトワークになります。
キャバクラのような営業時間の制約もないため、働こうと思えば深夜から夜明けまで勤務することも可能であり、まさに安定して稼げるアルバイトになります。

ガールズバーの仕事内容

昼間ではなく夜間帯に営業をし、お客様にお酒や食事をもてなし、接客をするナイトワークのアルバイトといえば、キャバクラなどが有名です。
ナイトワークのアルバイトは昼日中に営業しているお店と比べて時給が良く、お店の売り上げに貢献すればそれに応じて収入が増えるといった歩合制の性質があり、働き方次第では非常に高額の収入が期待できます。
ガールズバーはそんなナイトワークのアルバイトの一つです。
バーテンダーといえば男性をイメージする時代は今では過去の話でしょう。
ガールズバーが人気を博している昨今、そのお店の数は多く、店舗によっては非常に魅力的な時給で求人を出していることもあります。

バーテンダーそんなガールズバーの仕事内容なのですが、基本的には普通のバーにおけるバーテンダーと同じになります。
ガールズバーというとキャバクラと混同しがちですが、接客がメインのサービスであるキャバクラに対し、ガールズバーはあくまでお酒を楽しむ場所といった性格が強いです。
ただし、ドレス姿の多いキャバクラに対し、ガールズバーにおいては露出の多いセクシーな服装で働くことが多く、店舗によってはメイドやアニメキャラのコスプレをすることもあります。
キャバクラがお客さんの隣に座って接客をするのに対し、ガールズバーではカウンター越しにお客さんと会話をするといった接客になることが多いです。

仕事内容としては、注文をとり、ドリンクやお酒を作り、調理をし、食事が済めばお会計をするといった、普通のバーでもやっている作業がメインになります。
時には酔ったお客さんにセクハラされるといったトラブルもあるでしょうが、仕事内容としてはバーテンダーやカウンタースタッフとしての性格が強く、求人の際にもカウンターレディとして採用されることになります。
お客さんと無理に接客をする必要はありませんし、なによりもノルマがありません。
給料も時給制になりますので、キャバクラのような収入を増やすために積極的な営業活動をするといった必要もないです。

ガールズバーの給料

お金もしもガールズバーで働いた場合、給料は時給になります。
では、一体どれくらいの時給になるのでしょう。
ガールズバーの時給の相場はだいたい1500円ほどになります。
ただし、高級店などハイクラスなお店になると、それに応じて時給も高くなり、お店によっては3000円以上稼げる場合もあります。
ただ、大衆向けのお店になると1500円程度になりますので、ガールズバーで働くつもりであれば、時給は普通のバーで働くよりも少し高いくらいだと見積もった方が良いでしょう。
ガールズバーはキャバクラのような手厚い接客や接待などの仕事がない分、収入面においてはキャバクラよりも低くなります。
ただし、バックマージンといった時給以外にも収入を得る仕組みがあるため、働き方次第では大きく稼げるアルバイトになります。

バックとはお店に貢献した売り上げに対して貰えるお金のことです。
例えばバックマージンが50パーセントがお店で、1000円分のドリンクのオーダーが入れば、バックとして貰える金額は500円となります。
さらには指名バックと呼ばれるバックマージンもあるため、指名される回数が増えるたびに給料も上がる仕組みになります。
ガールズバーはノルマのないナイトワークになりますが、アルバイトの時給そのものはそれほど高くはないため、本気で稼ぐつもりならばバックを増やす必要があります。
カウンターでお酒を作り、お客さんと会話をしながら、さらには沢山の注文やオーダーが取れるような女性ほど、ガールズバーでの収入は高くなります。

ガールズバーのメリット

ガールズバーの仕事内容は普通のバーのバーテンダーと似たところがありますが、ガールズバーには他にはないメリットがあります。
まず、それほど上手にお酒を作れる技術が必要ないので、初心者であっても気軽に始められます。お酒を飲むのは好きだけど、作ったことがないという女性でも大丈夫です。
求められる接客のスキルについても、キャバクラのようなお酒を丁寧に注いだり、時にはタバコに火をつけてあげるといった質の高いサービスは求められません。
あくまで楽しく会話ができる程度の接客スキルしか求められないので、気軽に始められやすいです。
ガールズバーには他にもノルマがないといったメリットがあります。
ノルマがあるお店だと、お客さんから沢山指名が貰えるように努力しなければならず、なによりもプレッシャーになります。

そういったノルマのあるプレッシャーから解放されることで、働く女性としては楽しみながらお客さんと会話をすることができるでしょう。
ガールズバーで働くと、接客をしながらお客さんと一緒にお酒を飲む機会が多いです。
流石に仕事が出来ないレベルになるほど酔うわけにはいかないので、あくまで嗜む程度になるでしょうが、お酒が好きな女性には魅力的な職場となるでしょう。

ガールズバーのデメリット

特にノルマもなく、気楽に始められるガールズバーのアルバイトですが、そこには様々なデメリットがあります。
まず、営業時間が夜遅く、もしくは早朝までになるので、長時間拘束されやすいです。
もっとも、できるだけ稼ぎたいというのであれば、長時間勤務はむしろメリットになるでしょう。
しかし、早朝まで働くとなるとストレスや疲労が溜まり、美容や健康を損なう恐れがあります。
ちなみに、キャバクラの場合、営業時間がそれほど長くはないため、人によっては終電に間に合うように帰宅できます。
だいたい労働時間が5、6時間程度になりやすいキャバクラと違い、ガールズバーの労働時間は8、9時間ほどになります。
労働時間が長いと終電には間に合わないかもしれませんが、朝まで働くと始発に乗って帰宅できるので、どうせなら長時間が働いた方が都合が良いかもしれません。

たとえ長時間労働になったとしても、仕事内容が簡単であればそれほど苦痛にはなりません。
しかし、ガールズバーではカウンターレディやバーテンダーとして採用されることが多く、いざ現場で働くことになると、長時間立ちっぱなしで働くことが多いです。
これがキャバクラならばお客さんの隣で椅子に座り、会話をすることになるのですが、立ちっぱなしで会話をし続けるとなるとなかなか大変な作業になります。
このように、ガールズバーの仕事は意外と体力勝負なところがあります。
あまり体力に自信がない女性だと、疲労が溜まり、長くは続けられないかもしれません。

ガールズバーの営業時間

時計ナイトワークと呼ばれるように、ガールズバーの営業時間は基本的に夜間帯になります。
では、一体いつ頃に営業時間は終了するのでしょう?
ガールズバーの営業は夕方くらいから始まり、そして終わるのは翌朝になる傾向があります。
お店によっては朝5時まで営業するケースもあります。
ちなみに、キャバクラの営業時間はガールズバーほど長くはありません。
だいたい深夜0時頃に終わります。
その後帰宅するか、さらにはお客さんと別のお店でお酒を飲むかは、キャバ嬢次第となります。
なぜガールズバーとキャバクラとでは営業時間に差があるのかというと、キャバクラが深夜以降の営業を法律で禁止されているのに対し、ガールズバーは0時以降の営業が出来るからです。

キャバクラに限らず、お客さんに接待のサービスをするお店は風営法により、営業時間は0時までと制限されています。
もちろん、なかなかお客さんが帰ってくれないといった場合などはやむなく延長することもあるのでしょうが、あくまでお店の基本的なスタンスとしては午前0時で営業時間は終了となります。
ただし、風営法の対象としているお店は接客がメインのお店であり、飲食を提供するお店はこの限りではありません。
そして、深夜酒類提供飲食店の許可を取っているガールズバーは、深夜以降も営業活動をすることができるのです。
この深夜酒類提供飲食店の許可を取ると、お客様に接待することが出来なくなります。
そのような事情もあってかガールズバーはお客さんの隣で会話をすることはなく、接客はカウンター越しになってしまうのです。

ガールズバーとキャバクラの一番の違いは、この接待行為の有無でしょう。
接待をするお店は深夜までしか営業できませんが、ガールズバーはあくまでお酒や食事を提供するお店なので、夜明けまで働けるのです。
朝まで働き、指名を得て、オーダーを沢山貰うことで、ガールズバーのアルバイトは非常に稼げる仕事となります。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました