いちゃキャバでもディープキスはある?ベロチュー辛くない?

風俗ほどエッチなサービスはないものの、服の上からのお触りのあるいちゃキャバの仕事は、ベロチューなどのディープキスをする心配が要らないお仕事になります。

いちゃキャバの仕事内容

セクシー風俗といえば、男性ならば大抵エッチなサービスをしてくれるお店と認識しているものです。
ただし、エッチなサービスといっても種類は多く、ソフトなサービスもあれば、ハードなサービスもあります。
男性によって、風俗に求められるサービスの種類は異なるものです。
いちゃキャバの仕事はどちらかといえば、ソフトなサービスに分類されるのですが、その仕事内容を見ると、エッチなサービスというよりもむしろキャバクラ寄りなところがあります。
というのも、いちゃキャバとはその名前の通り、お客様とイチャイチャするキャバクラなのですが、エッチなサービスについていえばそこまで過剰なことはしません。

基本的にいちゃキャバで出来るエッチな行為といえば、女性へのお触り程度、それも上半身への接触に限られます。
手マンなどに代表される下半身へのお触りや、ベロチューなどのディープキスは禁止されることが多く、やって良いのはそれこそ学生同士がするようなライトなキス程度になります。
もっとも、どこまで濃厚なキスが出来るかはお店とお客、そしていちゃキャバのお嬢様の匙加減によるところが多いです。
女性側が許可さえすればそのままディープキスが出来ることもありますし、お店によってはベロチューを黙認しているケースもあります。
ただ、女性側としては、無理してベロチューをする必要はなく、あくまで仕事内容としてはイチャイチャする程度の範囲に留まります。

さらに、仕事中は服を脱ぐ必要はないです。
そのため、お触り関しても、服の上から胸を触るということになりますので、直に触られる心配はないです。
ただ、服の隙間からのお触りに関しては女性の裁量次第になりますので、女性が許してくれる範囲内であれば直にお触りできることもあるでしょう。

いちゃキャバで行われるキスの程度

キスいちゃキャバはセクキャバと違い、エッチよりもイチャイチャが重視されるためか、ディープキスなどの過剰なサービスを求められることもありません。
また、手マンやフェラといった直接的な抜きのサービスもないです。
そのため、それほど濃厚なキスをすることもありませんので、ディープキスが苦手という人や、あまり男性に口を舐められたくないという女性には、いちゃキャバでの仕事が向いているでしょう。

キスというのは一見すると手マンやフェラなどと比べると簡単そうに見えるかもしれませんが、女性の中には知らない男性とキスすることに対して強いストレスや抵抗を覚える人もいます。

例えば普段より歯磨きをしていないような、口の臭いがキツイ男性が相手ですと特にストレスが溜まりやすく、辛い想いをするものです。
一回や二回といった少ない数であればディープキスのストレスも我慢することが出来るでしょうが、これが何度も、それも長時間にわたって濃厚なベロチューをするとなると、女性の中には嫌悪感から精神に支障を来たし、鬱になってしまうこともあります。
いちゃキャバに限らず、風俗の仕事というのは報酬が高いことで有名です。
しかし、鬱になるなど心身を患ってしまうと、折角稼いだお金を療養のために使ってしまい、手元に残らないといった事態を招くかもしれません。

ディープキスをする必要のないいちゃキャバは、そんなエッチなサービスが苦手な女性でも始めやすいお仕事になります。
口の臭いというは厄介で、本人はちゃんと歯磨きをしているつもりだったとしても、時間が経過すると臭いが増してしまうものです。
会話をするだけなら問題ないのですが、ディープキスをするとなると臭いは鼻につきます。

臭いのキツイ男性がベロチューをすると、唾液などが口周りに染み付き、しばらく臭いが取れないといったこともあります。
女性の中にはベロチューが苦手で、キスをすると辛い感情が表情に出てしまうこともあります。
その際に、もしも男性が目を開いていると辛そうにしている女性の顔を見られてしまいます。
男性の中にはキスしている最中に辛い表情をされると、気分を害したり、怒りのあまり暴力を振るう人もいるかもしれません。

ディープキスはどうしても苦手という女性がベロチューを仕事ですると、男女共々嫌な想いをするものです。
そうならないように、ディープキスが苦手だというのであれば、あまり濃厚なキスをする必要がないお店を選んだ方が女性は勿論、男性のためにもなるでしょう。

いちゃキャバの仕事時の服装

コスプレ時にキャバ嬢のように接待をし、時にお触りもあるいちゃキャバですが、仕事をする際にはどのような格好が求められるのでしょう?
いちゃキャバの特徴といえば、服の上からのお触りです。
つまり、お客さんに裸を見せる必要はありません。
そのため、働く際には服を着ていて良いのですが、お店によっては露出度の多いセクシーな格好や、さらにはコスプレをさせられることもあります。
特にミニスカートなどの足の露出の多い服を着せるお店の場合、Tバックを履かされることもあります。

いちゃキャバは確かに脱ぐ必要はないのですが、その一方でセクシーな服装を着用させられることが多いのです。
どのような服を着ることになるかはお店によって異なります。
そのため、もしも求人に応募する際には、事前にお店のホームページをチェックするなどして、ファッションをチェックしておいた方が良いでしょう。

いちゃキャバの収入

いちゃキャバで働くことになった場合、得られる収入は時給3000円から8000円ほどになるとされています。
お店によって時給に格差がありますので、稼ぎたいのであれば出来るだけ高時給のお店を探しましょう。
もしも時給以上の報酬を稼ごうと思ったら、出来るだけ指名を多く取るか、さらにはドリンクやアルコールを沢山注文してもらうといった努力が必要になります。
いちゃキャバのお店は基本的にエッチなサービスはあまり行われないものなのですが、お店によっては手マンやフェラといったサービスがあるケースも存在します。

こればかりはお店の方針になりますので、エッチなサービスの有無については事前にお店の求人情報など問い合わせて確認する必要があります。
ただし、手マンなどのエッチなサービスがあるお店になると、サービスに応じて収入も上がる傾向があります。
お触りのみならず、ディープキスや、多少エッチなサービスならやっても平気というのであれば、抜き有りのお店は高収入が期待できる職場になるでしょう。

セクキャバとの違い

男性を接待しながら、時に身体を触らせてくれるいちゃキャバは、一見するとセクキャバに似ているかもしれません。
ただ、身体への直接的な責めが出来るなど、セクキャバの方がいちゃキャバよりもサービスの内容が過激で、エッチになります。
特にライトなキスが主流ないちゃキャバと違い、セクキャバはディープキスがあります。
キスぐらいなら平気だと思った女性でも、いざやってみると歯磨きをしていない口の臭いがストレスになって辞めてしまうということもあります。
あまりにも辛いと、キスをしている最中は目を開いてもいられず、硬直してしまうこともあります。

当然、そのような態度を取っていたら接客など出来るわけもありませんし、セクキャバの仕事は務まらないでしょう。
そのようなキスに苦手意識がある女性にとって、いちゃキャバは働きやすい職場となるでしょう。

いちゃキャバで働く女性のタイプ

いちゃキャバで働く女性というのは、何故か容姿が綺麗な女の子が多いです。
これはお触りぐらいで良いという仕事の簡易さから、沢山の女性が求人に応募しているからなのかもしれません。
応募の数が多ければ、それだけお店側も取捨選択しやすく、綺麗な女性ばかりを採用しやすくなります。
男性とお酒を飲みながら接客し、時に服の上から身体を触らせ、さらにはライトなキスをするいちゃキャバの仕事は、エッチなサービスが少なく、そして高収入も期待できる仕事になります。

あまりキスは得意ではないという女性はもちろん、まだ風俗で働いたことがない女性でも始めやすい仕事と言えるでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました