求人広告で幅広い年代で募集をしているフロアレディってなに?

お客様にお酒を注ぎ、楽しくお喋りをするなどの接客を生業とするフロアレディの仕事では、幅広い年代の女性が採用されます。
接待上手のフロアレディともなると、収入も上がりやすく、高額の報酬を稼げるといったメリットがあります。

フロアレディの仕事内容

酒仕事が終わり、軽く一杯お酒を飲みたいという時、お店でお酒を飲む男性は多くいるでしょう。
そんなお客様のために接待をする、それがフロアレディの仕事になります。
どのような接客サービスを行っているかはそれこそお店次第になります。
あくまでカウンターでお酒を作ってあげるだけといったお店もあれば、男性の隣に座って空になったグラスにお酒を注ぎ、話し相手となってお客様をもてなすというお店もあります。
どのような接客をするかはそれこそお店によってそれぞれ異なりますので、これからフロアレディとして働こうというのであれば、募集内容などをよく読み、実際にお店に問い合わせてみるなど、事前に仕事内容について詳細に確認しておいた方が良いかもしれません。

フロアレディの仕事内容は基本的には男性を接待することだけになりますので、風俗の仕事のようなエッチな行為をさせられることはまずありません。
しかし、高級キャバクラやガールズバーになると、接客するにあたって煌びやかなドレスに着替えたり、露出度の多い制服に着替えさせられることもあります。
フロアレディの仕事上、接客をする相手は酔っていることが大半です。
そのため、男性のお客様の中には酔った勢いでセクハラまがいのことをする人もいるかもしれません。
よほど酷い場合であればお店が守ってくれるかもしれませんが、軽いセクハラ程度であれば笑って許してあげるくらいの度量は必要になるかもしれません。

そのため、フロアレディの仕事は容姿が良いに越したことはありませんが、さらには話し上手、もしくは聞き上手であることが求められます。
お客様に失礼な態度を取らないように、礼儀正しく振る舞い、お客様から悦んでもらえるように接客できる女性ほど、フロアレディに向いています。

フロアレディとして働くメリット

夜の仕事のイメージが強いフロアレディですが、その仕事内容は基本的には接客がメインとなります。
風俗の仕事のようにエッチなサービスを求められることがありませんので、接待さえ出来れば働けるでしょう。
そのため、フロアレディの募集内容には、18歳未満の労働を禁止している点を除けば、幅広い年代を募集しているといった特徴があります。
もちろん、風俗の募集内容においても、30代、40代といった幅広い年代を募集することはあります。
しかし、風俗の仕事は歩合制の側面が強く、たとえ働くことが出来ても年齢を理由にお客が取れないといったことがあります。
いくら働くことが出来ても、客が取れず、稼げなくては意味がありません。

その点、フロアレディの仕事はお店によっては歩合制のところもありますが、基本的に時給制のところが多いため、お店に勤務していれば安定した収入を得ることができるでしょう。
このような幅広い年代の女性が、安定した収入を得ることができる点こそ、フロアレディの仕事のメリットと言えるでしょう。
特にエッチなことをせずとも働ける安全な職場というのも、女性にとって魅力的なメリットになります。
一部のセクハラ行為などさえ我慢すれば、基本的には男性を接待してもてなすだけになりますので、接客のやり方や、聞き上手になるためのスキルを学べるといったメリットも、フロアディの仕事にはあります。

さらに、基本的に仕事をする時間帯は夜になるため、昼は本業の仕事がある、もしくは家事や育児をしないといけないといった女性であってもフレキシブルに働くことができます。
なによりも、高級キャバクラといった一部のお店で働けると、稼げる収入も大幅にアップします。

フロアレディの収入

お金夜の仕事のイメージがあるフロアレディの仕事ですが、ではその収入はいかほどになるのでしょう?フロアレディが稼げる収入は、勤務するお店によってそれぞれ異なります。
例えば、一部のエリートな男性しか入店できないような高級キャバクラになりますと、時給5000円など、破格な募集内容を用意していることもあります。
このような高収入を期待できるお店で男性から沢山指名を得るといった、人気のキャバクラ嬢になりますと、年収1000万円を超えることもあります。
ただし、それはあくまで一部の高級店に限った話になります。
フロアレディが働くお店の中には、どんな男性でも気軽に入店できるような大衆店もあり、そのようなお店になると時給1500円など、コンビニや普通の飲食店と比べればまだ高い部類ぐらいといえる時給になります。
ただ、大衆店といってもそこで人気を勝ち取り、指名などを受けるようになれば、その分だけ報酬も上がりますので、フロアレディの実力次第では大衆店でも月収30万円、40万円を狙えることはあるでしょう。

フロアレディの仕事内容はどこのお店であっても男性への接客がメインの業務になりますので、接待の方法や、上手に男性をもてなすコツなどを掴んだら、より時給の良いお店に移るというのも、収入を増やすための秘訣となるでしょう。
特に大衆店と高級店とでは、得られる収入に雲泥の差があります。
高級店が求める採用の基準をクリアできるようなフロアレディに成長することで、収入もそれに比例して上がることでしょう。
高級店の中にはアラサーやアラフォーが働ける熟女向きのお店もあるため、若い女の子でないと稼げないといったことはありません。
幅広い年代の女性たちが働き、そして大金を稼げるチャンスが、フロアレディの仕事にはあるのです。

キャバクラとガールズバーの特徴

フロアレディが働けるお店といえば、キャバクラとガールズバーなどが有名です。
どちらも接客ができる女性を募集内容として掲げているものですが、その違いは何なのでしょうか?
ガールズバーという一見すると若い女の子しか働けないようにも思えますが、お店の中には熟女系のガールズバーといったコンセプトを掲げる店もあるため、必ずしも若い女性だけが働くお店というわけではありません。
キャバクラとガールズバーに違いがあるとすれば、その仕事内容でしょう。
キャバクラがお客様の隣に座って接客をするの対し、ガールズバーは形式としてはバーということになるので、フロアレディはカウンター越しにお客様の接客をすることになります。

ただ、ガールズバーのお店によっては、男性の隣に座って接客することもあるでしょうから、必ずしもカウンターでお喋りをするだけということもないでしょう。
ガールズバーとキャバクラは募集内容や仕事内容が被ることが多く、一見するとほとんど同じのように見えます。
ただし、営業形態は全く別の仕事です。
キャバクラが「風俗営業の接待飲食等営業」なのに対し、ガールズバーは「深夜酒類提供飲食店」として営業許可を得ていることが多いです。
ガールズバーがキャバクラと違い、深夜でも営業が出来るのは、この「深夜酒類提供飲食店」の営業許可を取っているからです。
そのため、深夜0時以降も働きたいというのであれば、キャバクラよりもガールズバーの方が向いているかもしれません。

高級キャバクラで働ける女性

Ok幅広い年代の女性が働けるフロアレディの仕事ですが、お店によっては募集内容に制限を加えているところもあります。
それどころか、厳しい面接を課すことで、採用人数を絞ることもあります。
特に高級キャバクラではその傾向が強く、女性であれば誰でも採用されるというわけではありません。
では、容姿が優れていれば良いのかといえば、それも違います。
容姿が優れているだけでなく、さらには男性をもてなす接待のスキルが高いなど、高級キャバクラで採用されるフロアレディには高い素養が求められます。
男性に悦んで貰えるような、高い接客能力のあるフロアレディとなると、世の中それほど数は多くありません。
それだけに、そのような高い能力のある女性ほど重宝されやすく、お店側としても好待遇で採用することでしょう。

高級キャバクラの募集内容を見ると、時給5000円どころか1万円といった破格の条件が提示されていることがあります。
それだけに採用の基準は厳しく、仕事内容においても高い接客スキルを要求されるでしょう。
幅広い年代の女性が働けるだけでなく、接客のスキルを上達させ、高級店で働けるようになることで収入を大幅に上げられるなど、フロアレディの仕事にはやり甲斐があるのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました