性介護や障害者専門デリヘルなどの仕事は組織によって内容が違う

心身に問題があり、満足な性行為が出来ない障害者のためのセックスボランティアの仕事は多様です。
勤める組織によっては、一般的なデリヘルなどの風俗のお店とはその仕事内容が大きく異なります。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

セックスボランティアというお仕事

セクシー高齢化が進むなど、ますます介護の仕事が必要になりつつある現代の日本において、障害者の性介護の問題は非常に敏感な問題です。
障害者であろうとも、性的欲求はあって当然ですし、それを満たす権利はあります。
しかし、いくらそのような権利があるといっても、風俗に行きたいと自ら公言することは憚られますし、なによりも世間体も良くはないでしょう。
しかし、セックスボランティアという言葉が世間に浸透しつつある昨今、障害者が性的欲求を満たすことに対してタブー視する風潮は薄れつつあります。
なによりも、障害者でも利用できる風俗店が増えていることこそ、世の中のセックスボランティアに対する認識が広まっている良い証でしょう。

障害者の性的なニーズを満たす風俗店が増えることで、たとえ障害者になったとしても健常者のような満足度の高い性生活を送れるようになります。
ただ、セックスボランティアというと、まるで障害者のためにセックスをしてくれるというイメージが定着しやすいかもしれませんが、その実態は多少異なります。
もちろん、障害者の性的欲求を満たすために、性行為やそれに近い行為をするのは確かなのですが、組織によってその仕事内容は異なります。

なによりも、風俗の仕事と違い、性介護はあくまでボランティアという側面が強いです。
もちろん、いくらボランティアといえど有料ですので、サービスを利用するにあたって少なくないお金がかかります。

ただ、あくまで障害者の性的なニーズを満たすことが優先されるため、一般的なデリヘルなどと比べると料金は安くなる傾向があります。
そのため、他のデリヘルなどと比べると、性介護に従事しているケアスタッフの給料はどうしても低くなりやすいです。
組織によってはそれこそ風俗店並みに高額なところもありますが、そのようなお店の場合、サービス内容も普通の風俗店と同様のことが多く、介護をするというより性サービスを提供しているといった側面が強くなります。

性介護の仕事内容

性介護の仕事内容は、あくまで障害者の射精を導くことを主体においているため、一般的な風俗店にあるような過激なオプションまでやってくれることはあまりありません。
もしもそういった過激なプレイがしたいといったニーズは、やはり専門の風俗店に求められるでしょう。
では、性介護のケアスタッフは普段、どのような仕事をしているのでしょう?
ケアスタッフが障害者の性的なニーズを満たすにあたり、その仕事のやり方についてはマニュアルが用意されていることが多く、スタッフはその通りに実践します。
障害者の中には、勃起不全といった性行為をするための器官に問題を抱えている人もいます。
そのため、ケアスタッフには相手を緊張させないような、親身なやり取りをすることが求められます。

仕事を始めるにあたり、ケアスタッフはゴム手袋を装着し、性器を傷つけないようにローションを使用するなど、万全の対策をとります。
やがて性器へのマッサージが終わり、勃起しましたら、いよいよ射精を促す段階に入ります。
障害者の中にはただマッサージをするだけでは満足に勃起させることができない人もいますので、女性ケアスタッフの中には胸元が見えやすい格好をしたり、香水をつけて鼻孔から興奮してもらえるようにするなど、様々な努力が求められます。
性介護はあくまで射精を促すための仕事になりますので、射精が終了すればひとまず仕事は完了になります。
他にも性器を洗うといった介護の仕事もありますが、必要以上にエッチなサービスを求められることはないです。

性介護の仕事の従事しているケアスタッフの中には、もともとは介護の資格を持っている介護士であったなど、風俗の世界とは無縁な仕事に就いていた女性もいます。
障害者のための介護団体は複数ありますが、性介護までやってくれる団体となると、それほど数は多くないでしょう。
それだけに、障害者の性的ニーズまでも満たしてくれる団体はとても貴重な存在です。

障害者専門のデリヘルの仕事内容

ホテル 部屋風俗というよりもあくまで介護の一面が強い性介護の現場では、射精を促すことがメインの仕事となります。
障害者の中には自分ひとりの力だけでは射精が満足に出来ない人もおり、社会にとってとても大切な仕事になります。
ただ、障害者といっても性行為に関しては障害を抱えていない男性もいます。
障害者専門のデリヘルのサービスを行っている組織は、そのような健常者が利用するような風俗サービスを受けたい人のための組織と言えるでしょう。
そのため、仕事内容も他の風俗店と遜色のないサービスを提供していることがあります。
もしも性介護の組織だと思って入店したら、予想以上に過激なサービスを求めらる可能性があるので、求人に応募する際にはしっかり仕事内容を確認した方が良いです。

ただ、障害者専門と言うくらいなのですから、障害者のことを考えたサービスを提供していることも確かでしょう。
障害者専門のデリヘルを利用する場合、60分コースや90分コースといった、一般的なデリヘルと似た料金体系でサービスを受けることになります。
ただし、料金自体は60分10000円など、割と安めに設定されていることが多いです。
さらに、お店によってはオプションも付けてくれるので、性介護がメインの組織と比べても、仕事内容はよりエッチになります。
障害者専門のデリヘルが他のデリヘルと違う点は、手コキのみといった射精を促すためのプレイがあるところでしょう。
障害者の中にはあまり激しいプレイには耐えられない人もいますので、手コキだけのプレイや、さらにはデートをするだけといったサービスが存在します。

ソフトなサービスを用意する一方で、お店によってはAFなど健常者でもハードなプレイを用意するお店もあります。
障害者専門のデリヘルの仕事内容は、障害者の心身を気遣うような優しいサービスから、本格的なハードなプレイまで揃っているのが大きな特徴でしょう。

性介護のケアスタッフの給料

お金セックスボランティアと言いますが、あくまで仕事として性介護に従事しているため、お給料はきちんと出ます。
では、一体どれくらいの収入があるのでしょう?
いくらニーズがあるとっても、障害者を対象としているセックスボランティアでは、普通の風俗ほど稼げることはないでしょう。
性介護のケアスタッフの収入は、だいたい時給3000円前後ほどになります。
飲食店や接客業と比べれば高額のお給料になりますが、風俗嬢ほど稼げる金額ではありません。

ただ、歩合制の側面が強い風俗嬢と違い、性介護のケアスタッフは時給でお給料が貰えるので、お客さんが取れなくなったら収入が低くなるといった心配はないでしょう。
なにより、性介護のスタッフの求人では20代以上という条件こそあれ、若い人しか募集しないということはありませんので、年齢が理由で採用を断れるといったことはあまりないでしょう。

ただし、障害者専門のデリヘル店では、一般的なデリヘル店同様に歩合制なことが多く、報酬も働いた分だけ上がるといった一般的な風俗嬢のような働き方になります。
あくまで介護をしているという側面の強い性介護のケアスタッフと、障害者専門のデリヘルとでは、仕事内容に違いがあります。
性介護の仕事がしたいのか、介護に興味はあるけれどそれよりも稼ぎたいのかによって、働くべき組織は異なってきます。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました