キャバクラとガールズバーどっちで働くか迷ってます!違いを教えて

風俗業界で働くことは少しためらいがあったとしても、夜の世界のお仕事特有のお給料の高さに惹かれ、水商売の世界に足を踏み入れる女性も、以前にも増して多くなって来たように見受けられます。
しかし、水商売といっても様々で、特に人気があるキャバクラとガールズバーについては、いまいち違いもよくわかっていないことから、どちらに応募すればいいのかわからない、という人も少なくはありません。

そこで今回は、キャバクラとガールズバーの違いについて、それぞれを比較しながらご紹介させていただきます。
ぜひ、この記事を参考に、あなた自身はどちらのほうが向いているのか、考えてみてはいかがでしょうか。

お仕事内容には、何か違いがあるの?

質問キャバクラもガールズバーも、お仕事内容自体にこれといって大きな違いはありません。
男性のお客様が来られて、そのお客様のテーブルにつき、お酒の注文やタバコの火をつけてあげるなどのおもてなしをしながら、会話を楽しむという流れになっております。
また、常連のお客様や、仲良くなったお客様とは、開店前に食事に行って一緒に店に出勤する『同伴』や、閉店後に食事に行く『アフター』などがございます。
これらも、キャバクラ・ガールズバーともにございます。

ただし、両者には大きな違いがございます。
それは、キャバクラは1号社交飲食店という立ち位置で、風営法に非常に厳しく取り締まられているのに対し、ガールズバーは深夜酒類提供飲食店という立ち位置なので、深夜までやっている飲み屋のような飲食店と、ほとんど同じ扱いになっているのです。
それにより、2つの大きな違いが生まれます。

1つは、接客スタイルです。
キャバクラは基本的にL字型のソファ席になっており、キャバ嬢はお客様の隣に座って、会話を楽しんだりお酒をお酌したり、タバコの火をつけたりなどのおもてなしを行います。
しかし、ガールズバーでは隣に座って接客をする行為自体が禁止(深夜酒類提供飲食店では、そうした接待行為は禁止)となっているため、基本的にはカウンター越しに、会話やおもてなしを楽しむことになります。
そのため、隣に座っておもてなしをするキャバクラのほうが、お客様との雰囲気作りが簡単になり、距離感や間合いを考えながら恋人ムードを作ることで、リピーターのお客様を捕まえやすくはっているのです。

もう1つは、営業時間です。
キャバクラのような1号社交飲食店は、風営法で深夜1:00以降の営業を禁止とされていますので、店舗自体が0:00~1:00に閉店することが一般的になります。
それに対し、ガールズバーは深夜酒類提供飲食店になりますので、法律では24時間の営業を許可されています。
実際にガールズバーであれば、朝の5:00まで営業しているお店が多いので、深夜にがっつり働きたい!という方については、ガールズバーをおすすめすることになるでしょう。

お給料には、どんな違いがあるの?

お金キャバクラとガールズバー、どちらもお給料は時間給+インセンティブとなっております。
インセンティブは、お客様がお店で使った金額によって支給されるものになっていますが、例えばキャバクラの場合は、同伴・アフターに行っただけで、それらの手当としてインセンティブがつくようなシステムをされているお店も多いとお聞きしております。

時給については、もちろん地域差がありますが、キャバクラで大体3,000円から5,000円ほどとなっております。
それにプラスアルファでインセンティブが付きますので、お給料の割はいい方です。
一方ガールズバーについては、お給料が1,500円から2,000円が平均となっておりますので、キャバクラに比べるとかなり下がってしまいます。
ただし、22:00以降の深夜の時間帯になりますと、労働基準法で時給単価を25%増しでお支払いをする義務がございますので、キャバクラの場合は3,750円から6,250円、ガールズバーの場合は1,875円?2,500円ほどになります。

どうしても、キャバクラのほうが水商売業界でも高いランクになりますし、比較してもお客様の客単価が高いのはキャバクラのほうになりますので、時給の差が出てしまうことは仕方ありません。
もしもガールズバーでしっかりとお給料を稼ぎたいと思われるのであれば、深夜の時間にしっかりと働きたいと、面接時にお伝えすることがいいでしょう。
深夜はどうしても働ける女性が少なくなりますので、店側も助かりますし、あなたのお給料も上がって、お互い良いことしかありません。

服装には、どんな違いがあるの?

服装に関しては、キャバクラとガールズバーで、大きく違いがございます。
まずキャバクラでは、基本的に華やかなドレスを着用して、お客様との接客に備えます。
キャバクラでは、実際にキャバ嬢が着用するドレスを常備しているところもございますが、もしサイズが合わない、着たいドレスがない、お店側が準備をしていないということであれば、ご自身でご用意いただく必要がございます。
また、ご自身で準備をするとなると、毎回同じドレスで接客をするのは、印象的にあまり宜しくないため、いくつかの酒類を購入しておくことが必要になります。

反対にガールズバーでは、お店のコンセプトが高級ラインではない限り、ドレスの着用というのはなく、基本的に普段着のような格好で勤務をされている女性が多くなっております。
キャバクラに比べると、ガールズバーはカジュアルな場になりますので、そうしたカジュアルな親しみやすい服装のほうが、お客様も肩肘張らずにお店に通うことができるのです。

キャストの平均年齢は、どれくらい違うの?

キャストに関してはどちらもピンキリにはなりますが、比較的どちらも若いキャストが多くなっております。
キャバクラについては、20代後半になると、すでに店の中では年齢層が高めになってくるところが多い印象です。
もちろん、30代前半ほどのキャバ嬢がいるキャバクラも存在はしておりますが、それは地方のキャバクラに限りのお話で、都心部のキャバクラであれば30代以上のキャバ嬢はほとんど見かけることもありません。

ガールズバーについては、感覚的にもう少し年齢層が下の方が働かれている印象が強く残っており、平均としては女子大生ほどの年齢、つまり18歳~21歳ほどまでのキャストが1番多い年齢層ではないでしょうか。
キャバクラもガールズバーも、選手生命は非常に短い方だと思われます。
もし、30代になっても水商売がいい!ということであれば、スナックやラウンジ、クラブなどといった、さらにランクが上のお店のほうに、ステップアップしていくことが大切です。

客層は、何か違いがあるの?

男性 シルエット客層については、非常に大きな違いがございます。
まず、キャバクラはどちらかというと、一番多い客層で30代~50代となります。
お仕事に関しても、何かしらの役職がついている、もしくは金銭的に余裕のあるお客様が多い傾向がございます。
やはり、客単価はガールズバーに比べても高く、少しボトルを入れたり、キャバ嬢にもお酒を飲んでもらったり、フルーツ盛り合わせなどをついつい頼んでしまうと、あっという間に会計が数万円~数十万円と膨らんでいってしまいます。
その金額を支払えるのは、ある程度財力を持った方でないと、不可能なのです。

反対にガールズバーについては、客層はキャバクラに比べると非常に若く、20代~30代前半あたりの方が一番多い印象がございます。
飲み放題つき1時間で3,000円という安い客単価が平均的となっておりますので、それなりに財力が少ない、若い男性でも気軽に利用できるというところが、ガールズバーが利用される理由の1つになっております。
キャバクラとガールズバーの、時給の違いやインセンティブ率の違いについては、この客層の違いという部分の影響が大きく見られております。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
一口にキャバクラとガールズバーといっても、システムや客層、お給料まで全然違うので、同じ水商売のお仕事といっても、実は全く違うものだということをご理解いただけたかと思います。
どちらのアルバイトも、違った魅力がございますので、ぜひ今回の記事をご参考に、どちらのほうが自分にとって働きやすそうかを検討していただければと思います。

ちなみに、カッチリしていても良い、そしてある程度容姿に自信があるということであればキャバクラの方を、もっとカジュアルに働ければということであればガールズバーの方をおすすめしております。
水商売の世界は、最初は厳しいことも多々あるかもしれませんが、慣れればかなりの収入を得ることも可能です。
ぜひ、どちらかご自身に合った方のアルバイトで、たくさんお給料を稼いでいただければと思います。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました