ライブチャットは録画された映像が流出する危険があるので要注意

ライブチャットとは、インターネットを利用してリアルタイムで視聴者とお話をすることでお金を稼ぐことができるツールのことをいいます。
ただ単純に、会話だけを楽しむものもあれば、服を脱ぎトップレスの姿を見せたり、そうした行為を配信するアダルト向きのライブチャットも存在しています。
しかし、そうしたアダルトのものを中心に、視聴者が録画をしてアダルトサイトなどへ流出させるといったトラブルが後を絶ちません。
今回は、流出の危険性を踏まえた注意点をご紹介させていただきます。

なぜ、動画の流出が起きてしまうのでしょうか?

録画調べによると、流出の経緯は主に2つになります。
1つは、個人的なお金儲けや、私欲を満たすためになります。
動画配信サイトなどでそうした動画を掲載することで、動画提供にかかる金銭を受け取るお仕事や、動画閲覧数を稼ぐことで収入を得る働き方も存在します。
ライブチャットを配信しているのは、主に一般的な素人女性で、風俗嬢やキャバクラ嬢などのプロが持っていない素人感にそそられる、という男性は非常に多くいます。
そうした方に向け、動画情報を提供することで、それが1つのお金稼ぎの方法にもなり得るのです。

もう1つは、個人的な嫉妬・恨みです。
これは、視聴者側、そして配信者側の両方から起こり得るもので、1つ目の個人的なお金儲けなどに比べても、非常に悪徳な原因となっております。
視聴者側は、『相手にされなかった』『要望に応えてくれなかった』『自分以外の視聴者ばかりと仲良くしていた』などの嫉妬が原因で、流出という嫌がらせをしようとしています。
また配信者は、同じチャットを利用している中で、『私の視聴者を奪った』『あいつが来てから視聴者が減った』『あいつの方が人気があるのは気に食わない』という個人的な恨みから、こうした嫌がらせをしようとしています。

ライブチャットで稼ぎたいのであれば、女性から恨み・嫉妬を買うという問題に直面してしまうことも多くなってくるかもしれません。
しかし、視聴者からの嫉妬・恨みはある程度こちらでもコントロールできることなので、せっかくインしてくれている視聴者に対しては、贔屓することなく全員に平等な態度で接することを心がけましょう。

本来であれば、流出は日本では違法です!

実はこうしたライブチャットの映像は、録画をして個人利用をする分には何の問題はないのです。
しかし、それをアダルトサイトや特定の動画配信サイトに本人以外が掲載することは、海外ではわかりませんが、少なくとも日本では法律で禁止されております。
それらが確認された場合は10年以下の懲役・もしくは1,000万円以下の損害賠償を支払うことになっています。

流出を止める方法はないのでしょうか?

残念ながら、流出を完全に止める方法というものは、存在しておりません。
なぜなら、視聴者、同じ配信者など恨みや嫉妬を持ち合わせている当事者が決める行動は、自分でコントロールすることができないからです。
国内にはメジャーなものだけでも20以上のライブチャットサイトが存在しており、それぞれ運営側も動画のチャプタにロゴを入れるなど、流出元がすぐにわかるように対策を取っているサイトも多くなって来ましたが、こうしたロゴを取り除くツールを使える視聴者・配信者であれば、いとも簡単に取り除けてしまいます。

自分が配信した動画を見つけた時、通報することは可能です。
しかし、配信を元から未然に防ぐということは、簡単なことではないのです。

動画が流出した時のことを考えて、取って起きたい対策4選!

動画実際に、流出を未然に防ぐことは難しいのですが、流出した動画が自分だということをバレないようにする対策は、もちろん取ることができますし、ライブチャットを利用するのであれば、必須項目になります。
ここでは、もしも動画が流出し、あなただと特定されないための対策を紹介します。

プロフィール写真に、はっきり自分だとわかるものを使用しない。

ライブチャットを利用する際には、プロフィール写真(アイコン写真)を設定する必要があります。
そのプロフィール写真がはっきりとあなたとわかるものであればあるほど、視聴者がインしてくれる可能性はあがりますが、それによって流出した際に身元がバレる可能性はグンと上がってしまいます。
視聴率を取って稼ぎたいという気持ちが強くなりすぎると、『どうせバレない』と流出を他人事に感じてしまい、そのあたりの判断を誤ってしまう可能性が高くなりますので、危険です。
プロフィール写真は、光で強く飛ばす、マスクをつけて身元がわからないようにするなど、すぐに自分だと特定されないような工夫をされることをおすすめします。

マスクで顔を隠し、身元がバレることを防ぐ。

これは、ライブチャットを利用している配信者にとって、必須の対策だと断言できます。
実際に視聴者からはあなたの顔は見えていますが、あなたからは視聴者の顔は見えません。
そうした状況の中で、もしかするとあなたの知り合いが視聴しにきて、面白がって流出をしてしまう、なんていうリスクもありますし、もし流出してしまった時に顔を全て公開していると、インターネットを通じて身元がバレてしまい、後から本人かどうかを確かめられた時に、はぐらかすことが難しくなります。

マスクをすることで、顔全体が見えなくなることで視聴者が減ってしまうというデメリットもあるのですが、身元がバレることを考えると、蔑ろにはできません。
もしライブチャットをする場合は、マスクで顔を隠すことは必須だと認識しておきましょう。

いつもと化粧を変え、ウィッグなどを使用して見た目を変える。

動画女性は、化粧で顔を変えることができるというメリットを持っています。
普段通りのメイク・普段通りの髪型だと、動画が流出したときに、配信者があなただと特定されやすくなってしまいます。
ライブチャットを利用する際は、いつもの自分仕様ではなく、ライブチャット用の自分仕様を作っておくことが、動画が流出した際のせめてもの救いを作ることは間違いありません。

メイクを変えることは、今手持ちの化粧道具でできたとしても、ウィッグを準備するのはそれほど気軽なものではありません。
それもあり、ついつい遠回しにしがちですが、身元がバレてしまった時に後悔しないよう、しっかりと準備しておくことをおすすめします。

身元がわかる情報は言わない・教えない・映さない!

これは、非常に大切な注意点です。
視聴者は、話のネタにもなると思い、配信者の情報をいろんな角度から引き出そうとしますが、これは大変危険なことになります。
配信者は、住んでいるエリアの情報などを簡単に話してしまうこともあり、またいつもインしてくれている視聴者に、連絡先などの個人情報を話してしまうことも少なくはありません。
また、部屋に個人情報がわかるもの(例えば地域情報誌・免許書・地域の名称などが記載されているもの)が映らないように、配慮することが大切です。

『話のネタになるから』『いつもインしてくれているから』といって、軽い気持ちで実際に会うということは以ての外です。
個人情報が含まれている動画は、流出した際に、配信者があなただとすぐにバレてしまいます。
それらを防ぐために、あなたの身元がわかる個人情報は、言わない・教えない・映さないようにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ライブチャットは、視聴者からはあなたの顔や様子が見えていたとしても、あなたからは視聴者の顔や様子が見えることはありません。
それが故に、あなたのことを知っている人が、どこで見ているのかもわからないのです。

顔を隠したり、個人情報を隠すことによって、視聴者のファンがつきにくくなったり、離れていってしまうこともあるとは思います。
しかし、流出した時のことを考えると、それほどのリスクを背負ってまで、ライブチャットを利用する上でこうした部分に注意をしておかないと、後で取り返しのつかないことになってしまう可能性もございます。

簡単に稼げてしまうからこそ、つい油断になりがちなライブチャット。
利用する際は、しっかりと流出したときのことを考え、対策を練ることを忘れずに、健全に利用しましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

チャットレディ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました