ガールズラウンジってなんですか?仕事内容はどんな感じ?

夜の仕事には多数の業種があります。
そして新しいジャンルもどんどん誕生するのです。
なので「ガールズラウンジ」というスタイルの店について、聞いたことがない人もいるかもしれません。
カジュアルで気さくな店なのか、高級なイメージの路線でやっているのかどっちなのでしょう?

働いているのはプロの水商売の人なのでしょうか、それとも学生やOLがバイトでやっているのでしょうか。
また、客層は普通のサラリーマンが多いのでしょうか、高収入の紳士が多いのでしょうか。
ガールズラウンジ」という言葉だけではわかりにくい、その営業スタイルと仕事内容について解説します。

ガールズバーとキャバクラの中間

バーガールズラウンジの営業スタイルは、ガールズバーとキャバクラの中間ぐらいにあたります。
キャバクラのようにドレスを着用するわけではありませんが、カジュアル過ぎない程度の服装規定があります。
私服が許可されているところもありますが、多くは制服が支給される店です。
仕事内容もキャバクラほど接客技術が求められるわけではありません。
横に座ったりしてお話しするのは同じですが、難しい作法はないのです。

煙草に火をつけたり、お酒をつくったりするぐらいです。
お客さんと楽しくおしゃべりすることが一番大事な仕事と言えるでしょう。
つまり「素人風」なキャバクラと言えます。
女の子とお酒は飲みたいけど、キャバクラはちょっと敷居が高い」というニーズを狙った商売と言えるでしょう。
世の中の男性には水商売のプロに接客してもらうより、そこら辺にいるような女性と話すほうがいいという人が結構います。
接待ではなく仲間内で飲もうという時に、キャバクラはちょっと敷居が高いと感じる人です。

酒が入ると女性が欲しくなるのは男の本性ですが、そこに派手さや豪華さは必要ではありません
むしろ落ち着いた雰囲気で飲みたいという人が多いでしょう。
そんな男性をターゲットにしたのがガールズラウンジです。
キャバで嬢を相手に酒を飲むよりも、気取らずに遊ぶことができます。
ハードルが低いので入りやすく、気疲れすることもありません。
お酒を飲んでいると「プロの接客」が邪魔に感じることがあります、ただ普通の女性がいればいいという時があります。
そんな時はガールズラウンジが欲求をぴったり満たしてくれる場所なんです。

だから働くのも気負う必要はありません、普段のままで面接に行けばいいのです。
接客技術もいりません、常識的なことさえできればいいのです。
「じゃああまり稼げないの?」と考えるでしょう。
でも、ちゃんと稼げます、そこはキャバクラと変わりません。

アフター、同伴、営業メールで稼ぐ!

メールガールズラウンジがキャバクラと違うといっても、稼ぐ方法は同じです。
まずは基本的な接客、お酒を飲んでもらったりして売り上げを上げる方法です。
ただ売り上げノルマやペナルティは少ないですから、キャバクラよりも楽に働けるでしょう。
自由出勤制の店もあるので、稼ぎたいときにガッツリ働くことができます。
「キャバクラで働きたいけど、キツイのは嫌」という人に向いてる仕事と言えます。

がんばれば指名を貰うことができますし、指名が増えれば仕事も楽しくなってくるでしょう。
続けていれば同伴やアフターをしてくれるお客さんもできるはずです、そのような太客を捕まえるのは稼ぐための鉄則と言えます。
そのためにも営業メールなど細かい仕事も重要になります。
できれば2台持ちで、一台を営業用に分けておくのもいいかもしれません。
「なんかめんどくさい」とだらけてはダメです。
こういう細かいつながりが将来の太客へとつながるのです。

ガッツリ稼ぎたいならキチンと営業しましょう。
とくにガールズラウンジでは営業メールは欠かせない仕事と言えます。
なぜならキャバクラとの客層の違いがあるからです。

ガールズラウンジの客層は草食系?

ガールズラウンジのお客さんは、ややおとなしめの男性が多いです。
あまりガツガツしていないので、接客もしやすいといえるでしょう。
会員制をしている店も多いですが、高級店でない限りそれはトラブルを起こす客を排除するためのものです。
お酒を飲みすぎて女性に乱暴な行為をさせないための予防策なのです。
なので客層は紳士で草食系な男性が多いといえます。

ガツガツこないのはやりやすいですが、反面仕事になりにくいという面もあります。
ガールズラウンジはキャバクラよりはマイルドですが、やはり女性を売りにしている仕事です。
男性が店にやって来るのはそこにお酒とラウンジガールがいるからでしょう。
ただ性欲ムンムンの肉食系と違って、ほっといたら二度とこないお客さんが多いです。
なので営業メールを送って、自分のことを常に意識させることが大切なんです。

ダイレクトな反応はないかもしれませんが、いつかまた来てもらうには頻繁にコミュニケーションをとることを心掛けましょう。
とてもめんどくさく心が折れそうになる作業ですが、重要な仕事です。
草食系の男性の心をつなぎ留めておくには、キャバクラよりも丁寧なコミュニケーションを心掛けましょう。
メールやSNS、ブログやラインなどのツールを使わない手はありません。
自分のファンを作ることができたのなら、彼らはとても良いお客さんになってくれます。

ガールズラウンジにもいろいろある

これまで標準的なガールズラウンジの仕事内容について触れてきましたが、次は例外について知ってほしいと思います。
なぜなら「ガールズラウンジ」といっても、店や地域によってかなりのバラつきがあるからです。
おなじ「ラウンジ」を名乗っていても、ガールズバーのような気さくな店もあります。
逆に紹介が無ければ入れない会員制で、VIPばかりが来る高級な店もあるのです。

なので求人や面接には気を付けましょう。
時給や服装のほかに、店の雰囲気や置いてあるお酒を観察しましょう。
おさわりや客層やノルマの存在を確認しないといけません。
また給料は時給制なのか売上制なのか?出勤できないときのペナルティや同伴・アフターの報酬について。
それらをきっちりと確認しましょう。
おそらくその店のスタンス、高級志向なのかチープな店なのかがわかると思います。

ラウンジで働くときに求められるもの

会話店のランクが変われば求められるスキルも変わってきます。
高級店ならキャバ嬢よりも会話スキルが必要です。
それには空気を読む感覚や教養もある程度求められるでしょう。
お酒の銘柄や接客技術も覚えなくてはいけません、一人前に稼ぐには少し時間がかかるはずです。

反対に誰でも気軽に入れるような店だったら、そのような能力は不要です。
普段通りの自分のまま、すぐに仕事に入れるでしょう。
ですがその分、最終的な稼ぎは少なくなる傾向にあります。
誰でもできる仕事はどうしても単価が低くなり、効率が悪くなるからです。
いづれにせよ自分が向いていると思われるタイプの店舗を選び、そしてしっかりと営業することが大切です。

きっと頑張った分だけお客さんが付くはずです。
どの世界でもそうですが、なにも努力しないで成功する人はいません。
成功するには努力が必要であり、ガールズラウンジはその努力が報われやすい仕事であるといえます。

まとめ

ガールズラウンジはキャバクラよりも敷居が低く、働きやすい店です。
ただ、新しいジャンルなだけ、店によってコンセプトが違うことがあります。
とくに高級店だと雰囲気はガラッと変わるので注意しましょう。
求人や面接ではその店の営業スタイルを見極め、自分に合った店か確認する必要があります。
もし自分にあってそうだったら、ぜひ働いてみてください。
きっと楽しくていつの間にか貯金がたまっているでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました