チャットレディーの仕事に関して色々と疑問があります。

チャットレディ
magicaltar0 / Pixabay

チャットレディーは基本的に一人の仕事です。
サイト運営会社やプロダクションのサポートはあるかもしれませんが、自分の稼ぎはすべて自分で稼がなくてはいけません。
普通のアルバイトのように同僚や上司もいないので、ちょっとした疑問を解決するにも戸惑ってしまうこともあるでしょう。
それらは不安となって胸の中で大きくなってしまいます、なのでどんな些細な疑問でもため込まないでおくことが大切です。
わかってしまえば「どうしてそんなことで悩んでいたんだろう」と笑えるようなものでも、一つずつ確認していきましょう。

チャットレディーってどんな仕事なの?怪しくない?

まだ始める前だったら「なんか怖い」というイメージを持つかもしれません。
確かにチャットレディーは、ジャンルでいえばキャバクラや風俗に近いものがあります。
ログインしてきた男性と会話することで、分単位で報酬が貰えるお仕事です。
基本的に相手は「女性と話したい」という欲求をもっていますから、性的な話題もしなくてはいけないこともあるでしょう。
そうなると「チャットレディーやってます」と公言できない職種といえます。

なのでアンダーグラウンドな団体や暴力団とつながりがあると誤解してしまう人もいるかもしれません。
でも、これらの疑問は始めることで解消されると思います。
実際やってみたら、キャバクラや風俗のような過激な性的サービスをすることなくお金が入ります。
そしてレディチャットを運営している会社は、ちゃんとした合法的なものばかりです。
給料が支払われなかったり、個人情報が漏れたりすることはありません。
安心して働ける仕事と言えるでしょう。

若くて美人じゃないと稼げないんじゃない?

お金ネットを通して男性と会話する仕事ですので、ある程度のコツは必要です。
ただ何となく初めて、いきなり稼げるほど甘くはありません。
ですがグラビアアイドルのようなルックスや若さが必要かというとそうでもないのです。
むしろ落ち着いた雰囲気の熟女や、そこらへんにいそうな女性のほうが求められるといえます。

つまり高校生でなければ誰でもチャレンジできるのです、ただチャットレディにも稼ぐ人とそうでない人がいます。
稼ぐには「素人」っぽさがあるのがポイントです、それでいて「この女性と話したい」と思えるようにならなくてはいけません。
化粧やカメラ映り、しぐさや待機時間の過ごし方など稼ぐにはコツがいるでしょう。
それらは自分で考えてやるよりも、運営に相談したりプロダクションに入る方が効率的に学べます。
特にプロダクションは、自分たちの売り上げが女性の稼ぎにかかっていますので熱心にサポートしてくれます。
多少のマージンは取られますが、その分売り上げが上がるのは確実です。

プロダクションが用意しているチャットルームなども使えますので、コツを掴むまでは彼らを利用したほうが賢いといえます。

どうすれば始められるの?パソコンに詳しくないとダメ?

サイトによっては、高画質のWEBカメラを準備しなくてはいけません。
そのセッティングは難しいものではないですが、パソコンに慣れない人にとっては厳しい関門になるでしょう。
そんな人はプロダクションを通せば、すべてセッティングされている部屋で始められるのでお勧めです。
自宅でやる場合でも、運営会社が親身に相談に乗ってくれるので問題はないと思われます。
どのサイトも基本的に登録は無料、月額費用も掛かりません。

違約金なども発生するところはありませんので、ノーリスクで始められる仕事と言えます。
「ノルマがあるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それもありません。

どれくらい稼げるの?ノルマはあるの?

お金チャットレディの平均日収は一日5000円と言われています。
もちろん全然稼げない人もいれば、エリートサラリーマンより稼ぐ人もいます。
ノルマがないので時間があるときにだけログインし、お小遣いを稼ぐ主婦も多くいます。
稼ぐ人に共通しているのは、すぐれたルックスでも抜群のプロポーションでもありません。
丹念にコツコツとできる人が高い報酬をゲットしています。

まず、彼女たちはログインしている時間やメールをしている時間が長いのです。
待機中ずーっと集中しているわけではありませんが、だらけているわけではありません。
それは難しいことではありません、誰でもできることです。
誰でもできることをきっちりとやっているから人気が出るのです。
実は、意外とこれが難しかったりします。
チャットレディーの仕事を続けていると、いつか壁に当たるときがあります。

長い時間ログインしても、沢山メールしても男性からの接続がない状態が続くのです。
そんな時に腐ってしまったり、適当に流して仕事してしまったりする人はあまり稼ぎが良くなりません。
どんなときにも淡々と、ある程度のクオリティを保っている人が長くそして良い収入を得ています。
そして個人でやってもプロダクションに入っても仕事にノルマというのはありません。
ですので気分がのらないときは、仕事をやらなくてもいいのです。
ペナルティもないので休むことになんの咎めもありません。

その分の収入減を受け入れれば、誰にも迷惑をかけずに好きなだけ休める仕事と言えます。
ただ、その休みが必要以上に長い人は注意が必要です。
気持ちが一度切れてしまうと、復帰するのにエネルギーが必要になります。
それはとても面倒くさいです、普通の仕事をしているほうがマシといえるでしょう。
なので、ある程度自分で規律をまもることができる人が向いているといえます。

身バレや個人情報は大丈夫?

ライブチャットをやっていることは、周りには知られたくないことだと思います。
でも仕事で顔出ししてれば、誰か知りあいに見られてしまう可能性はゼロではありません。
それがどうしても嫌なときは、顔出しNGとしてログインしなくてはいけないでしょう。
そうなるとガッツリ稼ぐには難しくなります、顔出し無しだとどうしてもお客さんが付きにくいのです。
身バレを100%回避するか、稼ぎをとるか難しいところでしょう。

ごくわずかの可能性ですが、絶対に身バレしたくない人がいる場合はライブチャットはやりにくいかもしれません。
逆に自分の顔を知ってる人がログインしない限り、身バレはないといえるでしょう。
前述しましたがサイトの運営会社から個人情報が洩れることはありません、もし漏れたら会社として致命的なダメージを受けるからです。
もし個人情報がバレることがあるとすれば、それは自分自身がしゃべってしまったときです。
「会える?」とか「どこに住んでるの?」という男性の質問をかわすことに失敗したときに、住所や本名が漏れる可能性があるのです。
例えばしつこく住所を聞いてくる男性にうんざりして「ラインアカウントならいいか」とあきらめてしまったときなど。

そこから住所や本名がバレてしまったら、それは運営会社の責任の範囲外です。
なので絶対自分の個人情報をしゃべらないように注意しましょう。

アダルトな要望には応えないとダメ?

質問男性は女性を求めてライブチャットにやってきます。
自然とアダルトな要求をしてくるでしょう。
それはノンアダルトを提示しているところでも同じです。
ではその要望に応えていれば稼げるのか?ということになりますが、そうでもありません。
稼ぎたいからといって、簡単にアダルトな欲求を満足させてはいけないのです。
満足してしまった男性は、もうお金を払ってログインすることはないでしょう。

なので「焦らす」ことがポイントになります。
男性が、「もうちょっとで脱ぐかも」という気にさせればこちらの勝ちといえます。
アダルトな要求ばかりされていると、うんざりしてあっさり脱いでしまいそうになりますがそこが耐えどころです。
そこの駆け引きを上手にすることにより、報酬額が断然違ってくるのです。

まとめ

ライブチャットで稼ぐことは、通常の仕事と違い孤独な戦いです。
雇用関係がないので、どうしても独りぼっちになってしまうことがあります。
そんな時は運営のサポートや、プロダクションに頼りましょう。
ふとした疑問や悩み、それらは大きな不安となって襲い掛かって来るからです。
そんな時に相談できる相手を作っておくことが、長くチャットレディーとして稼ぎ続けるポイントなのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

チャットレディ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました